エレクトロ・ポップのオリジネーター イレイジャー、新作を5/19に発売! 新作のトレーラー映像を公開!

—February.24.2017 01:00:54

Erasure_A写_small

「完璧なポップス」— MOJO

エレクトロ・ポップのオリジネーター イレイジャーによる通算17枚目のニュー・アルバム『ワールド・ビー・ゴーン』が5月19日に発売される。
眩いばかりのエレクトロ・ポップ・ナンバーが凝縮された新作に関して、ヴォーカルのアンディ・ベルは「全ての曲で“光”というものを表現しているから、アルバムがとてもスピリチャルなものになったんだ」と語っている。
早速、新作のトレーラー映像が公開された。

◼︎商品概要
Erasure_J写_small
・アーティスト:イレイジャー(Erasure)
・タイトル: ワールド・ビー・ゴーン(World be Gone)
・発売日:2017年5月19日(金)
・価格: 2,200円(税抜)
・品番: TRCP-213
・JAN: 4571260586567
・ボーナス・トラック収録
・解説/ 歌詞対訳付

[Tracklist]
1. Love You To the Sky
2. Be Careful What You Wish For!
3. World Be Gone
4. A Bitter Parting
5. Still It’s Not Over
6. Take Me Out of Myself
7. Sweet Summer Loving
8. Oh What a World
9. Lousy Sum of Nothing
10. Just a Little Love
11. 日本盤ボーナス・トラック

[amazon] http://amzn.asia/iASF8M0
[iTunes] http://apple.co/2mkuqN3

◼︎バイオグラフィー
ヴィンス・クラーク(Key)とアンディ・ベル(vo)によるエレクトロ・ポップ・デュオ。1985年結成。
ヴィンス・クラークは、デペッシュ・モードのリーダーとしてデビューし、その後ヤズーを経て’85年結成。以降、次々と全英ヒット曲を送り出し続け、アルバムも、3rdアルバムから5作連続で全英アルバム・チャートのNo.1を獲得している。また、’92年にはEP『アバ・エスク』を大ヒットさせ、世界中にアバ・ブームを巻き起こした。2013年、初のクリスマス・アルバム『スノー・グローブ』を、2014年には前作『ヴァイオレット・フレイム』を発売。2017年、3年ぶりとなる通算17枚目のニュー・アルバム『ワールド・ビー・ゴーン』を発売。



ローラ・マーリング、新作(3/10発売)より「ネクスト・タイム」の新MV公開!

—February.18.2017 00:00:59

Laura Marling_A写2_small

「女性の魅力を豊かに描いた、英国を代表するシンガーソングライターによる作品」ー ****  Qマガジン 

ローラ・マーリングのニュー・アルバム『センパー・フェミナ』(3/10発売)より、彼女 自身がプロデュースした「ネクスト・タイム」のミュージック・ヴィデオが公開された。 このヴィデオは彼女自身によってプロデュースされた

「ネクスト・タイム」(Next Time)ミュージック・ヴィデオ



オーストラリアのサイケロック・バンド POND、 同郷の盟友テーム・インパラのケヴィン・パーカーをプロデューサーに迎え、 バンド史上最もポップで完成度が高いニュー・アルバムを5/3にリリース!

—February.14.2017 12:00:00

POND_A写_photo by Matt Sav_small

オーストラリアのサイケロック・バンド PONDの7枚目となるニュー・アルバム『ザ・ウェザー』が5月3日に発売される。
本作はオーストラリアの西海岸パースの同郷であり、共に地元の音楽シーンを牽引してきた盟友テーム・インパラのケヴィン・パーカーをプロデューサーに迎え制作された。

「色んな要素をまとめあげるというよりも、そういったものを取り除いてよりシンプルにこのアルバムを作ったんだ」— ケヴィン・パーカー(テーム・インパラ)

◼︎リード・トラック「スウィープ・ミー・オフ・マイ・フィート」(“Sweep Me Off My Feet”)

◼︎レコーディング
西オーストラリアはフリーマントルにあるケヴィン・パーカー(テーム・インパラ)のスタジオで行われた。「スタジオは本当にビーチの近くだったんだ」と語るフロント・マンのニック。「だから2016年初頭から三週間は毎日スタジオに入って曲作りをしたり、録音をしたりあらかたやった後、海に泳ぎに行くんだよね。そして海から戻ってまた作業を再開したりしたんだ」。「ストロボライトを額につけ、ベッドに釘付けにするようなサイケデリア」を志向しながらも、彼は他にも大きく影響を受けたものがあるという。マイケル・ジャクソンにビースティ・ボーイズ、それにレッド・ツェッペリン –「ヒップホップにスーパー・ポップそれに70年代のメタルさ」—ニック・オールブルック(Vo, G)

◼︎商品概要
POND_THE WEATHER_PACKSHOT_right

・アーティスト: ポンド(POND)
・タイトル:ザ・ウェザー(The Weather)
・発売日: 5月3日 (水)日本先行発売(海外5/5)
・定価:2,200円(税抜) 
・品番:TRCP-211
・JAN: 4571260586413
・ボーナス・トラック2曲収録
・解説/歌詞対訳付

[Tracklist]
1. 30,000 Megatons
2. Sweep Me Off My Feet
3. Paint Me Silver
4. Colder Than Ice
5. Edge Of The World Pt. 1
6. A/B
7. Zen Automaton
8. All I Want For Xmas (Is A Tascam 388)
9. Edge of the World Pt. 2
10. The Weather
11. 日本盤ボーナス・トラック
12. 日本盤ボーナス・トラック

Producer By Kevin Parker
Engineered By Richard Ingham
Mixed By Kevin Parker
Recorded At Fremantle, Western Australia
Mastered By Greg Calbi of Sterling Sound

[amazon]
[iTunes/ Apple Music] http://apple.co/2lG6bZw
[Spotify]

◼︎バイオグラフィー
2008年、オーストラリアのパースで結成。元テーム・インパラのメンバー、ニック・オールブルックをフロントマンに、ジェイ・ワトソンとジョー・ライアンとともに結成された。2009年にデビュー・アルバムをリリースし、「Royal Trux + Cream の強力トリオ」と評された。およそ2008年から2010年の間に、PONDは3作のデジタル/限定ヴァイナルを立て続けにリリースし、そのキャリアをスタートさせた(『Psychedelic Mango』『Corridors Of Blissterday』『Frond』)が、オーストラリア以外で注目を集めたのは、4thアルバムの『Beard. Wives. Denim』(2012年)。この作品は、NMEの年間ベスト・アルバムで7位にランクインするなど世界的なブレイクを果たした。2017年5月、テーム・インパラのケヴィン・パーカーをプロデューサーに迎え7thアルバムとなる『ザ・ウェザー』をリリース。

http://www.pondband.net/



1 / 6812345...最後 »