(( ECHO KYOTO ; 京都電子音響 ))開催! shirine.jp 20th anniversary X 世界の電子音楽の巨匠 2017.12.3(Sun) @ METRO

—October.6.2017 12:00:35

EK_flyer
今年6月に行われた第1回目の(( ECHO KYOTO ))は、ビョーク、Arca等のビジュアルを手がけるジェシー・カンダによる「クラブを寺院化する」というコンセプトのインスタレーションが行われ大きな成功を収めた。
そして続く第2回目は、テーマを京都電子音響とし、京都METROで12月3日(日)に行われることとなった。
設立20周年を迎えた京都の電子音楽レーベル shirine.jp ゆかりのアーティストと、世界の電子音楽界を長年にわたり牽引してきた巨匠(後日発表)が出演する。京都と世界の電子音楽が会場のMETROから京都盆地にこだまして、脈々と続く京都の電子音楽史にまた新たなページが加わることでしょう。

■公演概要
京都 12月3日(日) 京都 METRO
(( ECHO KYOTO; 京都電子音響 ))
shrine.jp 20th anniversary X 世界の電子音楽の巨匠

LINEUP
Acryl (dagshenma + Madegg)
Hideo Nakasako
HIRAMATSU TOSHIYUKI
kafuka
Ken’ichi Itoi
masahiko takeda
TOYOMU
+
電子音楽の巨匠(後日発表)

チケット、追加出演者など詳細は後日発表。

(( 問 )) 京都 METRO : http://www.metro.ne.jp / TEL 075-752-4765

(( ECHO KYOTO ))
世界有数の文化都市 京都、その豊かな文化土壌において、真のアーティストによる比類なき地域密着文化フェスティヴァルを開催し、日本国内、そして世界へ発信する。
ECHO/ 廻向(えこう):参加アーティストと地域が作り出す卓越した表現がこだまし、広く人々に廻らし向けられる。
https://www.facebook.com/ECHOKYOTOECHO/

shrine.jp(シュラインドットジェイピー)
shrine.jp_logo-01
shrine.jpは、京都在住の電子音楽家 糸魚健一によるエレクトロニック・エクスペリメンタル・レーベルである。1997年に音楽への可能性への探究心を表現する為に発足された。これまでデザインとプロダクトを利用したメディア実験ともとれるリリースを繰り返してきている。
また、ダンスミュージックに特化するサブレーベルMYTHがある。shrine.jpが社、形あるもの、すなわちコンテンツ(内容)を主体し、MYTHは話=コンテクスト(文脈)あるいはコンジャクチャ(推測)を示す。
www.shrine.jp



ベン・フロスト、スティーヴ・アルビニとの共同制作による新作ついに発売!

—October.1.2017 00:00:51

amazon Tower Records HMV iTunes/Apple Music Spotofy
Ben Frost 2 - Credit Salar Kheradpejouh_small

前作『A U R O R A』での大成功の後に発表されたこの曲(「スレッショルド・オヴ・フェイス」)は、前作を踏襲したものではない。それはまるで雪に反射した太陽の光で視界がきかない、そんな境地で制作されたようなサウンドだ。— Piitchfork

前人未到の地へと足を踏み入れた驚異的な1作 — 小林拓音 (ele-king)

ベン・フロストにとっても、またスティーヴ・アルビニにとっても、本作は画期となる作品だろう。本年度を代表する傑作の誕生である。— 小野島大(RealSound)

「実にアルビニらしく闊達なエッジを持つサウンドに仕上がった。インダストリアル・ドローンでありながら曲の輪郭がどこかバキッとしているのである」 — 三田格(解説より)

世界的な大成功を収めた前作『A U R O R A』(2014年)から3年、エレクトロ・ノイズの鬼才 ベン・フロストは、スティーヴ・アルビニとのレコーディングで生み出されたニュー・アルバム『ザ・センター・キャンノット・ホールド』を9月29日にリリースする。ニュー・アルバムは、シカゴにあるスティーヴ・アルビニのスタジオで約10日間に渡ってレコーディングされ、その制作期間中にスタジオ空間で鳴らされたサウンドは、時に制御不可能になり、ベン・フロストとスティーヴ・アルビニに対し熱く激しく張り合うかの如く火花を散らしたのだった。ニュー・アルバムはそのスタジオで起こったドキュメントである。

本日早速ニュー・アルバム収録曲「スレッショルド・オヴ・フェイス」(Threshold of Faith)のミュージック・ビデオが公開された。

プリズムから放たれるスペクトル、その虹色の中の鮮やかな群青色をサウンド化したというニュー・アルバム、アートワークやミュージック・ビデオなどヴィジュアル全般がこの鮮やかな群青色で統一されている。

◼︎アルバム制作概要
2016年夏、ベン・フロストはシカゴに降り立った。それはあのスティーヴ・アルビニとの共同作業に入るためであった。約2週間を超える期間に制作された、今まさに崩壊しそうなくらい膨大に膨らんだ音の塊を、ガランとしたスタジオの中に並べられたアンプ群に流し込んだ途端、スピーカーの方がぶっ飛んだのだった。またスタジオのガラスの向こう側では、アルビニがスタジオで演奏された音源を縦横無尽にぶった切っていった。

轟音と静寂のシューゲイズ /エレクトロ・サウンドの決定打となった前作『A U R O R A』(2014年) は、ピッチフォークでベスト・ニュー・ミュージックを獲得するなど世界的な成功を収め、またブライアン・イーノ、ティム・ヘッカー、ビョーク等とのコラボレーション、映画音楽制作など多岐にわたる活動を続けてきたベン・フロスト。その飽くなき挑戦を続けてきた彼が新たに踏み込んで行った先は、シカゴでのスティーヴ・アルビニとの共同レコーディングだった。

◼︎PRESS
ele-king 【Review】「前作で圧倒的な評価を獲得したインダストリアル/ドローンの鬼才、ベン・フロスト。まさかのスティーヴ・アルビニを迎えて制作されたそのニュー・アルバムは、重く、鋭く、凄まじい。前人未到の地へと足を踏み入れた驚異的な1作」 記事はこちら。

RealSound 「傑作誕生の理由 スティーヴ・アルビニとの共同作業から探る」 記事はこちら。

◼︎商品概要
BenFrost_albumJ写_small
・アーティスト:ベン・フロスト (Ben Frost)
・タイトル:ザ・センター・キャンノット・ホールド (The Centre Cannot Hold)
・発売日:2017年9月29日(金)
・品番:TRCP-217
・JAN: 4571260587144
・ボーナストラック収録
・解説:三田 格

[Tracklist] 1. Threshold of Faith
2. A Sharp Blow In Passing
3. Trauma Theory
4. A Single Hellfire Missile Costs $100,000
5. Eurydice’s Heel
6. Meg Ryan Eyez
7. Ionia
8. Healthcare
9. All That You Love Will Be Eviscerated
10. Entropy In Blue
11. Meg Ryan Eyez (Albini Suspension Mix) *日本盤ボーナストラック

amazon Tower Records HMV iTunes/Apple Music Spotofy

◼︎EP『スレッショルド・オブ・フェイス』(7/28発売、デジタル配信のみ)概要
ben frost_threshold of faith_small
詳細はこちら。

◼︎前作『A U R O R A』(2014年)まとめ。
AURORA_FRONT COVER.indd
詳細はこちら。

◼︎プロフィール
’80 年、豪州メルボルン生まれ。2005 年、アイスランドのレイキャビックに移住。 Bedroom Community 創設者ヴァルゲイル・シグルズソン等と共に音楽活動を行う。2003年、デビュー・アルバム『Steel Wound』リリース。2010 年、ブライアン・イーノからの依頼により、映画『惑星ソラリス』にインスパイアされた作品を制作。また、スワンズの『The Seer』や、アンビエント、ドローン・ミュージック界の重鎮ティム・ヘッカー、ビョークの「Desire Constellation」のリミックス、映画のスコア作品も多く手掛けるなど活動は多岐に渡る。前作『A U R O R A』(2014年)は、ピッチフォークでベスト・ニュー・ミュージックを獲得するなど世界的な成功を収め、同年来日公演を東京と大阪にて実施。2016年夏、新作の制作をスティーヴ・アルビニと共に行い、2017年にその作品群からの最初の作品『スレッショルド・オヴ・フェイス』(EP)を7/28にデジタル配信にて、ニュー・アルバム『ザ・センター・キャンノット・ホールド』を9/29にリリース。

http://www.ethermachines.com/



エド・シーラン来日公演のサポート・アクトに抜擢された大物新人ラウヴ、デビューEPを10/25に発売!

—September.8.2017 12:00:47

Spotify Apple Music/iTunes Amazon Tower Records HMV

露出情報:全国ラジオ、TVでシングルが大量OA中! ☞

Lauv_Press Photo_Press Photo 2 - [Photo Cred JennicaAbrams]_small

「I Like Me Better」は 優しく心の扉を開かせるービルボード

「I Like Me Better」は、ダウンテンポなポップスのど真ん中を見事に捉えているーTIME

R&Bとインディー・ポップが見事にブレンドされた作品ーCLASH

ニュー・シングル「I Like Me Better」がSpotifyにて再生数 2億回を超え世界中で大ヒットを記録、またチャーリーXCXへのゴールド・ディスクとなった楽曲提供など、今年最もブレイクした新人アーティストのひとりであるラウヴ(Lauv)、その彼がいよいよ日本でデビューを飾ることとなった。ラウヴは、エド・シーラン来日公演のサポート・アクトとして出演、来日を記念してニュー・シングル「I Like Me Better」など全5曲が収録されるデビューEP『ローヴ EP:ジャパン・エディション』を10月25日に発売する。

リード・トラック「I Like Me Better」 Spotify Apple Music/iTunes

最新シングル「Easy Love」 Spotify Apple Music/iTunes

エド・シーラン ジャパン・ツアー日程(オープニング・アクト:ラウヴ)
Lauv_ES_Asia Tour
10月25日(水)大阪城ホール
10月31日(火)日本武道館
11月1日(水)日本武道館
http://edsheeran-japantour.com/

ラウヴはエド・シーランのオープニング・アクトに抜擢されたことについて次のように語っている。
「現代における最高のアーティストと一緒にツアーできるなんて、ぼくの人生において初めての大きなチャンスで、なんとも言いようのない興奮が湧き上がっています。 この上なく光栄なスタートだと思っています」

ラウヴは、ニューヨーク出身、現在はLAを拠点に活動する23才のシンガーソングライター/プロデューサー。ニューヨーク大学在学中の2015年にシングル「The Ohter」が大ヒット、今年発売したニュー・シングル「I Like Me Better」は、Spotifyでグローバル ・チャート(全世界のランキング)でTop50に入り、アーティストとしても総再生回数がTop100にランクインしている。またアーティストへの楽曲提供も行っており 、ピッチフォークのベスト・ニュー・トラックにも選ばれたチャーリーXCXの「Boys」(ゴールド・ディスク獲得)や、全米シングル・チャートでトップ10ヒットを記録したチート・コーズの「No Promises (feat.Demi Lavato)」にも楽曲提供をしている。
Lauv_Press Photo_Photo 1 (B&W) [Credit - Jack McCain]_Small
ラウヴはソングライティングに関して次のように語っている。「以前は、自分が一体何者なのかっていう感覚がなかったんだ。自分が何者なのかわからないままに人生を過ごしてしまうようにね。だけど、大学2年生の時、ポール・サイモンのインタビュー記事を読んでいたら、”ソングライティングのアプローチとは、隠している感情をさらけ出す過程である”、ということが述べられていて、それを読んだ時に、何か自分に強い感情が湧き上がってきたんだ。それがきっかけとなって “自分に正直に向き合い曲作りをすることにフォーカスする” というこをと主眼にソングライティングに取り組むようになった」彼はそれ以降、「The Other」(2015年)をはじめとして大きな支持を集めるようになった。

今夏は、北米にて初のヘッドライン・ツアーやビルボード・ホット 100 フェスティヴァルに出演、秋からは、ジャパン・ツアー含む14公演にものぼるエド・シーランのアジア・ツアーにてサポーティング・アクとして出演する予定だ。

◼︎商品概要
Lauv_I_Like_Me_Better_EP_small
・アーティスト:ラウヴ (Lauv)
・タイトル: ラウヴ EP:ジャパン・エディション (Lauv)
・発売日:2017年10月25日(水)
・価格: 1,200円(税抜)
・品番: TRCP-223
・JAN: 4571260587229
・日本独自企画盤
・歌詞対訳付

[Tracklist]

1. I Like Me Better (リード・トラック)
2. Easy Love
3. The Other
4. Reforget
5. Breathe

Spotify Apple Music/iTunes Amazon Tower Records HMV

◼︎バイオグラフィー
ラウヴ(Lauv)は、ニューヨーク出身、現在LAを拠点に活動する23才のシンガーソングライター/プロデューサー。Lauvの由来は、母親がラトビア系であり、彼が獅子座ということから、ラトビア語のライオン「Lauva」の最後のaを抜いてLauvと名付けた。本名:アリ・レフ(Ari Leff)。
ラウヴの名前を知らしめるきっかけとなったのは、彼がニューヨーク大学在籍時に発売したシングル「The Other」で、今や再生回数は1億回を超えている。そして今年発売したニュー・シングル「I Like Me Better」が大ヒットを記録し、今年最も成功した新人アーティストのひとりとなった。またアーティストへの楽曲提供も行っており 、ピッチフォークのベスト・ニュー・トラックにも選ばれたチャーリーXCXの「Boys」(ゴールド・ディスク獲得)や、全米シングル・チャートでトップ10ヒットを記録したチート・コーズの「No Promises (feat.Demi Lavato)」にも楽曲提供をしている。エド・シーランのジャパン・ツアーのオープニング・アクトに抜擢され、日本武道館と大阪城ホールでライヴを行う。

www.lauvsongs.com/
www.twitter.com/lauvsongs
www.facebook.com/lauvsongs/



1 / 7512345...最後 »