LAUV、全世界待望のデビューAL『~ハウ・アイム・フィーリング~』を来年3月に発売! LANYとのコラボ・シングルを発売!

—November.14.2019 01:00:34

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

logo_cmyk-lauv

HOW I'M FEELING - ARTWORK_LOW

新世代の世界的ポップ・スター Lauv(ラウヴ)は、デビュー・アルバム『~ハウ・アイム・フィーリング~』を2020年3月6日に発売することを発表した。
本作は、プラチナ・ヒット連発のインディペンデント・シンガー・ソングライター、プロデューサー、そして現代のポップ・アイコンによる全世界待望の作品である。大ヒット曲 「i’m so tired…」、「fuck, i’m lonely」を含む全収録曲は、全て彼が一曲一曲丁寧に紡ぎあげたものである。この10年で最も成功したインディペンデント・シンガーの一人として、現在までのべ30億回の楽曲再生数を誇り、ローリング・ストーン誌からニューヨーク・タイムズまで高い評価を受けるLauvが、メインストリームを疾走する世界的ポップ・スターとして、その新しい姿をこれからも提示し続ける。

デビュー・アルバムから公開されている全8曲のうち、最新シングルは、LAを拠点とするシンセ・ポップ・バンド LANY(レイニー)とのコラボ・シングル「Mean It」。
smartURL

◼︎アルバム予約購入&ストリーミング・リンク
Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

Lauvはデビュー・アルバム発売に際し次のように述べている。
「このアルバムの制作には随分時間がかかったけど、ついに今日、僕にとって新たな時代の扉が開いたと言える。『〜ハウ・アイム・フィーリング〜』は人の人格、またその中にも様々な観点が内包されていることを描いた作品なんだ。それで今回僕は6つのそれぞれ違った自分のキャラクターを作った。紫は「実際に存在している僕」、青は「夢見がちで可哀想な僕」、緑は「間抜けな僕」、黄色は「ポジティヴな僕」、オレンジは「やんちゃな僕」そして赤は「刺激的な僕」、これらの全てで僕という人間が出来上がっているんだ。これまで発表して来た作品はそれぞれ全て一つの側面だけにフォーカスを当てたものだったんだけど、このデビュー・アルバムで初めて自分自身を司る全てのパーツをまとめることができた」。

デビュー・アルバム『~ハウ・アイム・フィーリング~』は、ボーナス・トラック含む全22曲のうち、全8曲がすでに公開されており、残る14曲は発売日までに公開されていく。現在公開されている曲は次の通りとなっている。

◼︎「Mean It」(with LANY)
このシングルは、LAを拠点とするシンセ・ポップ・バンド LANY(レイニー)とのコラボ・シングルであり、今回のコラボに関してLAUV次のように述べている。「この曲を書き始めたのは、誰か僕に言いたいことがあるんじゃないかなと思って、そういう視点で描いてみたんだ。僕だって完璧じゃないし、真っ先にそれを認めたのは僕なんだけどね。LANYのポールと僕はいつか一緒に仕事できればいいねって以前からずっと話してたんだ。そしてある日僕がこの曲のアイデアをテキストにして彼に送った。そうして僕らみんなでスタジオに入って録音が終わるまでぶっ通しで作業したんだ。僕はいまもLANYのファンで、今回の曲は僕らそれぞれのサウンドが完璧にブレンドされたと思ってる。だから今回一緒に曲を書けたことをすごく光栄に思ってるよ」。
smartURL

◼︎「Sims」
アルバム発売告知と同時に公開された最新シングル。
「この「Sims」のミュージック・ビデオは、間もなく公開出来ると思うんだけど、このアルバムのコンセプトやキャラクターたちを取り入れた初の作品なんだ。以前やって来たことよりもさらに素晴らしいものになったと思う。初めて、”これが僕の全てだよ”って言えるんだ」とLauvは語っている。
smartURL

◼︎「i’m so tired…」
Lauvと同様、新生代のポップ・アイコンのトロイ・シヴァンとのコラボレーション・シングルは世界的大ヒットを記録し、5億回再生を記録している。
このシングルのアコースティック・ヴァージョン「i’m so tired…(Stripped – Live in LA)」が、日本盤CDのボーナス・トラックとして収録される。
smartURL

◼︎「fuck, i’m lonely」
今年のフジロックで素晴らしいパフォーマンスを披露したイギリスを代表するポップ・シンガー、アン・マリーとのコラボレーション・シングル。
今年8月に発売され既に1億3千万回再生を記録している。Netflixの大人気TVドラマ『13の理由』の最新シリーズ(シーズン3)挿入歌。
smartURL

◼︎「Drugs & The Internet」
カニエ・ウェストやニッキー・ミナージュの映像作品を手がけたジェナ・マーシュ(Jenna Marsh)が監督をつとめたミュージック・ビデオは、現実からデジタルの世界に引きずりこまれたLauvが、インターネットが活気づく世界の圧倒的な刺激に身をゆだねる、というストーリーとなっている。
smartURL

◼︎「Sad Forever」
彼の精神状態があまり芳しくない時期、その苦闘の最中に書き上げられた曲。この曲から得られる全収益は、あらゆる精神疾患の克服に励んでいる英国のTime To Change(site)など世界中の様々な精神保健機関や団体へ寄付される。
smartURL

◼︎「Feelings」
smartURL


■商品概要(日本盤CD)
HOW I'M FEELING - ARTWORK_LOW
アーティスト:ラウヴ (Lauv)
タイトル:~ハウ・アイム・フィーリング~  (~how i’m feeling~)
発売日:2020年3月6日(金)
品番:TRCP-260 / JAN: 4571260589551
定価:2,200円(税抜)
ボーナス・トラック収録 
解説:内本順一 / 歌詞対訳付
Label: Lauv / Traffic Inc.

Tracklist
ボーナス・トラック「i’m so tired…(Stripped- Live in LA)」含む全22曲収録。
「Mean It」、」「Sims」、「i’m so tired…」、「fuck, i’m lonely」、「Drugs & The Internet」、「Feelings」、「Sad Forever」。
他楽曲は随時発表。


◼︎『I met you when I was 18.』(日本独自企画盤)
2015年のデビューから発売されてきた全20曲を収録した日本独自企画盤。大ヒット曲「I Like Me Better」など全20曲収録。(2CD)
絶賛発売中。
Amazon Tower Records HMV smartURL


◼︎プロフィール
Lauv - Press Photo 1 [Photo Credit - Lauren Dunn] copy_LOW
Lauv(ラウヴ)。LAを拠点に活動するシンガーソングライター/プロデューサー。Lauvの由来は、母親がラトビア系であり、彼が獅子座ということもあり、ラトビア語のライオン「Lauva」の最後のaを抜いてLauvと名付けた。本名:アリ・レフ(Ari Leff)。ラウヴの名前を知らしめるきっかけとなったのは、彼がNY大学在籍時に発売したシングル「The Other」。そしてその後発売されたシングル「I Like Me Better」は世界的大ヒットを記録した。またチャーリーXCXの「Boys」(ゴールド・ディスク獲得)など、アーティストへの楽曲提供も行っている。2017年秋にはエド・シーラン来日公演のオープニング・アクトの出演が予定されていたが、エド・シーランのケガにより来日公演が延期となり、ラウヴの来日は中止となった。同年、デビューEP『ラウヴEP:ジャパン・エディション』を10月25日に発売。2018年3月、初の単独来日公演を代官山UNITで2回実施。2019年1月、トロイ・シヴァンを迎えたシングル「i’m so tired…」を発売。同年4月、デビュー以来デジタルで発売してきた全20曲を収録した来日記念盤『I met you when I was 18.』を発売。同年年5月、ジャパン・ツアーを東名阪で開催。2020年3月6日、全世界待望のデビュー・アルバム『~ハウ・アイム・フィーリング~』を発売。

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV
 



スロッビング・グリッスル、最高傑作と呼び声が高い作品とベスト盤を今週10/18に発売!12/13には再結成後の2Wを発売!

—October.16.2019 01:39:58

Amazon Tower Records HMV Disk Union

ThrobbingGristle_ReformationV2_LOW

ノイズ/インダストリアル・ミュージックのオリジネーターであり、いまなお現在の音楽シーンのみならず、カルチャー/アート・シーンにまで絶大な影響を与え続けているスロッビング・グリッスル、彼らは再発シリーズ第3弾として、最高傑作と呼び声の高い2ndアルバム『D.o.A(最終報告書)』と、敬愛するマーティン・デニーに捧げたアートワークも秀逸なベスト盤『グレイテスト・ヒッツ』をMUTEレーベルより10月18日に発売する。

そして、続く再発シリーズ第4弾は、1981年に解散した彼らが23年振りに再結成した2004年以降の2作品となり、12月13日に発売される。ひとつは、スタジオ・アルバム『パート 2: ザ・エンドレス・ノット 』と、EP『TG・ナウ』をカップリングした『パート 2: ザ・エンドレス・ノット + TG ナウ』、もうひとつは、2004年にイギリスのキャンバー・サンズで行われたフェス、オール・トゥモロー・パーティーズのライヴ盤『キャンバー・サンズの思い出 』(A Souvenir Of Camber Sands)。

全4作は、日本盤のみ高音質CD(UHQCD)として発売される。

■商品概要:全4作品
1) 10月18日発売作品(2W)
ArtiosCAD Plot
タイトル:D.o.A. (D.o.A. The Third and Final Report of Throbbing Gristle)

発売日:2019年10月18日(金)
品番:TRCP-251~252 / 定価:2,750円(税抜)
2CD / 紙ジャケット仕様
高音質CD(UHQCD)仕様(日本盤のみ)/ 解説:野田努 (ele-king)
トラックリストはこちら

TGの最高傑作との呼び声高い2ndアルバム。(1978年)12曲入りのボーナス・ディスク付。(1曲追加収録/ 1978年のライヴ音源)
「そのきわめて放逸的な音響ゆえに、近年ではエレクトロニック・ミュージック史におけるマイルストーンとしての再評価も受けている」—解説より

ArtiosCAD Plot
タイトル:グレイテスト・ヒッツ (Throbbing Gristle’s Greatest Hits)
発売日:2019年10月18日(金)
品番:TRCP-253~254 / 定価:2,750円(税抜)
2CD / 紙ジャケット仕様 / リマスター作品
高音質CD(UHQCD)仕様(日本盤のみ)/ 解説:持田保
トラックリストはこちら

「TG流カウンターカルチャー・・・・・彼らの非衛生的な思想と実践は、彼らがポップになればなるほど際立っていたことがこのベスト盤で確認できるだろう。彼らが描く社会的タブーやバッドテイストの闇・・・・・それは光が強くなればなるほどその色濃さを増すものなのだから」— 解説より
TGのベスト盤。オリジナル発売:1981年。9曲入りのボーナス・ディスク付。

2)12月13日発売作品(2W)
Throbbing Gristle Endless Not_TG Now_CD
タイトル:パート 2: ザ・エンドレス・ノット + TG ナウ (Part Two: The Endless Not + TG NOW)
発売日:2019年12月13日(金)
品番:TRCP-257~258  / 定価:2,750円(税抜)
2CD / 紙ジャケット仕様 
高音質CD: UHQCD 仕様(日本盤のみ)/ 解説:野田努(ele-king)
トラックリストはこちら

「TGのキャリアの中でも繊細な楽曲を複数収録したアルバムで、どの曲も意味のあるテンションの高さで、思考や抑制など吹き飛ばすような演奏を見せる」―ピッチフォーク
『Part Two: The Endless Not』は、ライヴ以外の領域において創造的な作業をストップしていたこのバンドが再びスタジオへと回帰することを決め、制作した作品である。2007年にリリースされたこのアルバムは、スタジオ作品としては実に25年ぶりとなり、Tiny Mix Tapes曰く、このアルバムは「再結成というよりはむしろ復活というにふさわしい」と評された。
カップリングの『TG Now』は2004年にリリースされた、スロッビング・グリッスル再結成に向けた小手調べとも言えるサウンドで構成されている。4曲入り限定LPとCDのリリースは、当初1981年のUSツアー以来となる2004年のアストリアシアターでの再結成ライヴの観客向けに用意されたものであった。

throbbing gristle_camber sands_LOWー
タイトル:キャンバー・サンズの思い出 (A Souvenir Of Camber Sands)
発売日:2019年12月13日(金)
品番:TRCP-255~256 / 定価:2,750円(税抜)
2CD / 紙ジャケット仕様
高音質CD: UHQCD仕様(日本盤のみ)/ 解説:三田格
トラックリストはこちら

『A Souvenir of Camber Sands』は2004年12月、キャンバー・サンズで行われたATP Nightmare Before Christmasでのライヴ・ドキュメント作品であり、Live Here Nowとして録音され、当時はライヴ直後に手に入れることができた。スロッビング・グリッスルはそのライヴ・パフォーマンスで名声を得ており、TG24(2002年再発売)やTG+(2004年リリース)などバンド解散までライヴ・レコーディングを続け、その実績を示した。このアルバムリリースによって、彼らのライヴ録音熱が再燃し『Thirty Second Annual Report 』(La Villette/パリ)や『Desertshore Installation』 (the ICA/ロンドン)等のドキュメント作品やボックスセットがリリースされた。

◼︎スロッビング・グリッスル (Throbbing Gristle)

クリス・カーター(Chris Carter)
ピーター・クリストファーソン(Peter ‘Sleazy’ Christopherson/2010年11月逝去)
コージー・ファニ・トゥッティ (Cosey Fanni Tutti)
ジェネシス・P・オリッジ (Genesis Breyer P-Orridge)
インダストリアル・ミュージックのオリジネーターであり、今なお現在の音楽シーンに絶大な影響を与え続けている伝説のバンド。バンド名は直訳すると「脈打つ軟骨」、男性器の隠語。1969年から1970年代のロンドンのアンダーグラウンドにおいて伝説となったパフォーミング・アート集団、クーム・トランスミッション(Coum Transmission)を母体とし、1975年にバンドを結成。彼らのライヴは、クーム・トランスミッションから発展したパフォーミング・アートが特徴で、イギリスのタブロイド紙でも取り上げられるほど過激なパフォーマンスを繰り広げた。1977年、衝撃のデビュー作『ザ・セカンド・アニュアル・レポート』を発売。その後彼らの代表作『D.o.A.(最終報告書)』、『20 ジャズ・ファンク・グレーツ』を発売するなど精力的に活動をしていたが1981年に一度解散。その後、各メンバーはメンバーはサイキックTVやクリス&コージーとして活動するも、2004年に再結成し2010年10月まで活動を続け、『パート 2: ザ・エンドレス・ノット 』、『キャンバー・サンズの思い出』等を発売した。2010年11月、世界的アート集団のヒプノシスのメンバーでもあったピーター・クリストファーソン逝去。

Amazon Tower Records HMV Disk Union



ヤン・ティルセン、豪華アーティスト参加の全曲新録のベスト盤を12/13に発売!

—October.15.2019 17:31:33

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヤン・ティルセン、豪華アーティスト参加の全曲新録のベスト盤を12/13に発売!
映画『アメリ』のサントラ収録曲等の代表曲と、新曲3曲含む全25曲収録。

◆参加アーティスト◆
グリフ・リース(スーパー・ファーリー・アニマルズ)
ジョン・グラント、ステファン・オマリー(Sunn O))))、ブロンド・レッドヘッド
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Yann Tiersen, Ouessant, 2019
ヤン・ティルセンは、新作『ポートレイト』を2019年12月13日にMUTEレーベルよりリリースすることを発表した。今作は新曲3曲を含む全25曲を収録したベスト・アルバムであり、全ての楽曲は今作のために新たにスタジオ録音された。

ジョン・グラント、スーパー・ファーリー・アニマルズのグリフ・リース、Sunn O)))のステファン・オマリー、それにブロンド・レッドヘッドをフィーチャーし、ヤン・ティルセンのホーム、ブルターニュのウェサン島にあるアナログ録音スタジオThe Eskalで今作のレコーディングが行われた。

スーパー・ファーリー・アニマルズのグリフ・リースが参加した「Monochrome」と、Sunn O)))のステファン・オマリーが参加した「Introductory Movement」の2曲の配信が開始された。

Apple Music/iTunes Spotify

「Comptine d’Un Autre Été (L’Après-Midi)’」のオリジナル・バージョンは、ご存知の通り2001年の映画『アメリ』に使われていて、当時ティルセンは手持ちの未発表楽曲をその映画監督のためにレコーディングしたのだが、監督の無味乾燥なデジタルレコーディングによる心ない楽曲の解釈にティルセンは満足など出来ようもなかった。今回のレコーディングをティルセンが語る。「この曲を今一度再発見したような感じだ。それもより自分らしいやり方で演奏できた。ウェサン島の自分自身の生活とこの曲がもう一度繋がったようだ。ようやく曲が僕の元に戻ってきた感じだ」。

今回のコラボレートはシンガーと演奏者双方が参加し、スーパー・ファーリー・アニマルズのグリフ・リースは「Monochrome」で歌唱を担当。「この曲の元々のヴァージョンはヴァイオリンとハープシコードがたくさんオーバーダビングされていて、常々それが、歌詞や楽曲全体をマスキングしているように感じていた。もちろん、だからといって、僕がこのヴァージョンを嫌いというわけではないのだが、私としてはもっと曲のアレンジをシンプルにして、まっすぐに歌にもっと比重を置いて誰かに歌ってもらったほうが歌詞自体がもっと伝わると思っていた」とヤン・ティルセンは述べている。

Sunn O)))のステファン・オマリーは、「Introductory Movement」と「Prad」の二曲に、彼独特のプレイで参加。また新曲の一つである「Thinking Like A Mountain」ではジョン・グラントと共にライミングで参加。「私はステファンの繊細さ、音楽センス、そして彼の優しさに物凄くびっくりさせられた。彼はここにやって来て、まさに正しい事を正しいタイミングでやってのけた。壁がビリビリと震えていたよ。それはもう美しく、そしてとても正確だった」とヤン・ティルセンは述べている。

■商品概要
yannT_portrait
アーティスト:ヤン・ティルセン (Yann Tiersen)
タイトル:ポートレイト (Portrait)
レーベル:MUTE
発売日:2019年12月13日(金)*海外発売:12月6日
品番:TRCI-67 / JAN: 4571260589582
定価:2,500円(税抜)
2CD / 輸入国内盤仕様 / 海外バイオ訳

Tracklist
CD-1
1. Introductory Movement (featuring ステファン・オマリー)
2. The Long Road (La Longue Route)
3. Monochrome (featuring グリフ・リース)
4. Chapter 19
5. Rue des Cascades
6. The Old Man Still Wants It
7. Gwennilied (featuring エミリー・ティルセン)
8. Prad (featuring ステファン・オマリー)
9. Diouz An Noz (featuring エミリー・ティルセン)
10. Porz Goret
11. La Dispute
12. Pell (featuring エミリー・ティルセン)

CD-2
1. Erc’h
2. The Wire (Sur le Fil)
3. The Waltz of the Monsters (featuring エミリー・ティルセン)
4. Closer (featuring ブロンド・レッドヘッド)
5. Naval
6. The Jetty
7. Koad
8. Prayer No.2
9. Gronjord
10. Kala
11. Comptine d’Un Autre Été (L’Après-Midi)
12. Tempelhof (Part 2)
13. Thinking Like A Mountain (Feat. ジョン・グラント & ステファン・オマリー)

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

www.mute.com



1 / 8212345...最後 »