スロッビング・グリッスル、MUTEより伝説のカタログをリリース!

—March.28.2017 23:58:48

Throbbing-Gristle_1980_Credit_ThrobbingGristle_IndustrialRecords_small
インダストリアル・ミュージックのオリジネーターとしてのみならず、カルチャー、アート・シーンにまで絶大な影響を与え続けてきたスロッビング・グリッスル、彼らの伝説のカタログ作品がMUTEより発売されていくこととなった。

まずはiTunes/Apple MusicとSpotifyにて彼らのメインとなるアルバム7作品の配信がスタート。
iTunes / Apple Music Spotify
『The Second Annual Report』 (’77年)
『D.O.A. The Third And Final Report』 (’78年)
『20 Jazz Funk Greats』 (’79年)
『Heathen Earth』 (’80年)
『Greatest Hits』 (’80年)
『Part Two The Endless Not』 (2007年)
『Thirty-Second Annual Report』 (2008年)

TG_20 Jazz
今後は、未発表音源など盛りだくさんのボックス・セットや、各アルバムのリイシューなどが予定されている。
またメンバーのクリス・カーターは今秋に18年振りとなるソロ・アルバムを、コージー・ファニ・トゥッティは今年4月に『Art Sex Music』を出版する。

スロッビング・グリッスル (Throbbing Gristle)
クリス・カーター(Chris Carter)
ピーター・クリストファーソン(Peter ‘Sleazy’ Christopherson/2010年11月25日逝去)
コージー・ファニ・トゥッティ (Cosey Fanni Tutti)
ジェネシス・P・オリッジ (Genesis Breyer P-Orridge)

throbbing-gristle.com
mute.com

iTunes / Apple Music Spotify

豪のサイケロック・バンド POND、 サマソニ出演決定!同郷の盟友テーム・インパラのケヴィン・パーカーをプロデューサーに迎えたニュー・アルバムを5/3にリリース!

—March.26.2017 12:00:00

POND_A写_photo by Matt Sav_small
Apple Music | iTunes Amazon Tower Records HMV Spotify

オーストラリアのサイケロック・バンド PONDの7枚目となるニュー・アルバム『ザ・ウェザー』が5月3日に発売される。
本作はオーストラリアの西海岸パースの同郷であり、共に地元の音楽シーンを牽引してきた盟友テーム・インパラのケヴィン・パーカーをプロデューサーに迎え制作された。

「色んな要素をまとめあげるというよりも、そういったものを取り除いてよりシンプルにこのアルバムを作ったんだ」— ケヴィン・パーカー(テーム・インパラ)

◼︎VIDEOS/MUSIC
リード・トラック「スウィープ・ミー・オフ・マイ・フィート」(“Sweep Me Off My Feet”)

◼︎Summer Sonic 2017出演決定!
summersonic2017_logo

2017年8月19日(土)・20日(日)に幕張会場と大阪会場で開催されるサマーソニック2017への出演が決定した。
summersonic.com

◼︎レコーディング
西オーストラリアはフリーマントルにあるケヴィン・パーカー(テーム・インパラ)のスタジオで行われた。「スタジオは本当にビーチの近くだったんだ」と語るフロント・マンのニック。「だから2016年初頭から三週間は毎日スタジオに入って曲作りをしたり、録音をしたりあらかたやった後、海に泳ぎに行くんだよね。そして海から戻ってまた作業を再開したりしたんだ」。「ストロボライトを額につけ、ベッドに釘付けにするようなサイケデリア」を志向しながらも、彼は他にも大きく影響を受けたものがあるという。マイケル・ジャクソンにビースティ・ボーイズ、それにレッド・ツェッペリン –「ヒップホップにスーパー・ポップそれに70年代のメタルさ」—ニック・オールブルック(Vo, G)

◼︎商品概要
POND_THE WEATHER_PACKSHOT_right

・アーティスト: ポンド(POND)
・タイトル:ザ・ウェザー(The Weather)
・発売日: 5月3日 (水)日本先行発売(海外5/5)
・定価:2,200円(税抜) 
・品番:TRCP-211
・JAN: 4571260586413
・ボーナス・トラック2曲収録
・プレスリリース訳/歌詞対訳付

[Tracklist] 1. 30,000 Megatons
2. Sweep Me Off My Feet
3. Paint Me Silver
4. Colder Than Ice
5. Edge Of The World Pt. 1
6. A/B
7. Zen Automaton
8. All I Want For Xmas (Is A Tascam 388)
9. Edge of the World Pt. 2
10. The Weather
11. Fire In The Water *
12. 300000 Megatons (Live at MOTH Club) *
*ボーナス・トラック

Producer By Kevin Parker
Engineered By Richard Ingham
Mixed By Kevin Parker
Recorded At Fremantle, Western Australia
Mastered By Greg Calbi of Sterling Sound

Apple Music | iTunes Amazon Tower Records HMV Spotify

◼︎バイオグラフィー
2008年、オーストラリアのパースで結成。元テーム・インパラのメンバー、ニック・オールブルックをフロントマンに、ジェイ・ワトソンとジョー・ライアンとともに結成された。2009年にデビュー・アルバムをリリースし、「Royal Trux + Cream の強力トリオ」と評された。およそ2008年から2010年の間に、PONDは3作のデジタル/限定ヴァイナルを立て続けにリリースし、そのキャリアをスタートさせた(『Psychedelic Mango』『Corridors Of Blissterday』『Frond』)が、オーストラリア以外で注目を集めたのは、4thアルバムの『Beard. Wives. Denim』(2012年)。この作品は、NMEの年間ベスト・アルバムで7位にランクインするなど世界的なブレイクを果たした。2017年5月、テーム・インパラのケヴィン・パーカーをプロデューサーに迎え7thアルバムとなる『ザ・ウェザー』をリリース。

http://www.pondband.net/



ヒップホップ界のスーパー・デュオ、ラン・ザ・ジュエルズ、 全米アルバム・チャートのR&B/ヒップホップと、ラップの両部門にて1位を獲得 した最新作の日本盤を4/21にリリース! TOYOMUによるリミックスも収録!

—March.24.2017 01:00:35

ニュー・アルバムからの第一弾ミュージック・ビデオ「レジェンド・ハズ・イット」

iTunes Amazon Tower Records HMV Spotify

RTJ3 Approved Press Photo - COLOR JPEG 2400x2400

ヒップホップ界を代表するデュオ、ラン・ザ・ジュエルズ、全米アルバム・チャートのR&B/ヒップホップとラップの両部門にて1位を獲得した彼らの最新作『ラン・ザ・ジュエルズ 3』の日本盤が4月21日にリリースされることとなった。ブーツ、ダニー・ブラウン、ザック・デ・ラ・ロッチャ、カマシ・ワシントン、トリーナ、ジョイといった豪華アーティストが参加した新作は、全米で2016年クリスマス・イヴに急遽デジタルにて、翌2017年1月にフィジカルでリリースされた。

◼︎豪華参加アーティスト
・ブーツ(ビヨンセ作品への参加等のプロデューサー/ラッパー)
・ダニー・ブラウン(デトロイトのラッパー)
・ザック・デ・ラ・ロッチャ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)
・カマシ・ワシントン(ジャズ・サックス奏者)
・トリーナ(マイアミの女性ラッパー)
・ジョイ(ルーシー・パールやアウトキャスト作品等に参加の女性R&Bシンガー)

新作には、昨年デビューEPをリリースしたTOYOMUによるリミックス「Legend Has It (TOYOMU Remix)」も収録される。本リミックスは、配信では全世界で、CDでは日本盤のみのボーナス・トラックとして発売される。昨年カニエ・ウェスト妄想作品でビルボード、ピッチフォークなど世界の音楽メディアを巻き込み大きな話題を集めた彼のリミックスにも注目だ。

◼︎VIDEOS/MUSIC

ビデオ監督は長年の盟友ブライアン・ベルティック(過去エル・Pの「Deep Space 9mm」のビデオの監督でもある)。この映像は二人が警察署内にあるいわゆる容疑者特定の為の“面通し室”にいる模様を映していて、彼らの容疑が確定していようとしている様を描いている。

監督のブライアン・ベルティックが語る「このビデオは身の潔白が証明されるまでは有罪、というテーマで進む。僕らは強い真実とともにその反対(嘘)もより多く存在する世の中にいる。この物語ではエル・Pとキラー・マイクが面通し室の中にいて、彼らが非常に悪い情勢になっていくのを描いている。しかしそれは何故?」
「この映像はもの凄く恐ろしい悪夢のシナリオなんだ。ヤクでハイになって警察に捕まる。面通し室にいる現実では、あり得ないような無実そのもののと言える奴らと一緒に並ばされるんだ。うさぎはこの映像を作る上で実際には傷つけてないからね」とラン・ザ・ジュエルスは語っている。

◼︎商品概要
RTJ 3_J写_small
・アーティスト:ランザ・ジュエルズ(Run The Jewels)
・タイトル:ラン・ザ・ジュエルズ 3 (Run The Jewels 3)
・発売日:4月21日 (金)
・定価:スペシャル・プライス 1,800円(税抜)
・品番:TRCP-212
・JAN: 4571260586420
・ボーナス・トラック2曲収録
・解説:吉田雅史/ 歌詞対訳:渡辺志保
・初回特典:ステッカー付(ジャケットアートワーク)

[Tracklist] 1. Down – (feat. Joi)
2. Talk to Me
3. Legend Has It
4. Call Ticketron
5. Hey Kids(Bumaye) [feat. Danny Brown)
6. Stay Gold
7. Don’t Get Captured
8. Thieves! (Screamed the Ghost) [feat. Tunde Adebimpe] 9. 2100 (feat. BOOTS)
10. Panther Like a Panther (Miracle Mix) [feat. Trina)
11. Everybody Stay Calm
12. Oh Mama
13. Thursday in the Danger Room (feat. Kamasi Washington)
14. A Report to the Shareholders/ Kill Your Masters
15. Call Ticketron (Instrumental) *ボーナス・トラック
16. Legend Has It (TOYOMU remix) *ボーナス・トラック

iTunes Amazon Tower Records HMV Spotify

◼︎バイオグラフィー
キラー・マイク(Killer Mike)とエル・P(El-P)によるヒップホップ・デュオ。キラー・マイクはアウトキャスト作品への参加などアトランタ・シーンを牽引するラッパー。一方エル・Pは、90年代NYアンダーグラウンド・ヒップホップ・シーン伝説のグループ、カンパニー・フロウの中心メンバー。結成のきっかけは、キラー・マイクのアルバム『R.A.P. Music』(2012年)をエル・PがプロデュースしTIME誌の年間ベスト・アルバム10位となる等、大成功を収めたことから。そして、2013年に1stアルバム『ラン・ザ・ジュエルズ』を、2014年に2ndアルバム『ラン・ザ・ジュエルズ 2』を立て続けにリリースし、両作共に大成功を収めた。特に『ラン・ザ・ジュエルズ 2』はピッチフォーク、ステレオガム等で年間ベスト1位を獲得する等、名実共にこの年を代表する作品となった。2015年には猫の声を使ったリミックス・アルバム『Meow The Jewels』をリリース。3rdアルバムとなる本作『ラン・ザ・ジュエルズ 3』は、2016年クリスマス・イヴに急遽デジタルにて、翌年2017年1月にフィジカルでリリースし、全米アルバム総合チャート13位、全米R&B/ヒップホップ・アルバムとラップ・アルバムの両チャートにて1位を獲得した。2017年4月21日に日本盤をリリース。

runthejewels.com
twitter.com/runjewels
facebook.com/therealrunthejewels
instagram.com/runthejewels/
therealrunthejewels.tumblr.com/



1 / 6912345...最後 »