ネナ・チェリー、新作はフォー・テットをプロデューサーに迎え、マッシヴ・アタックの3D参加作!

—February.5.2019 23:00:46


Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

KONG 1. Neneh_Cherry_credit_ Wolfgang_Tillmans_Low

「今回は今まで私が長年やってきたなかでベストの部類に入るんじゃないかしら」- ネナ・チェリー

「若干16歳の時にスウェーデンからロンドンへと渡り、ロンドンのパンクやスクワット・ムーヴメントに身を委ねながら、80年代、90年代のブリティッシュ・プロテスト・ソングそしてポップ・ソング界において重要な役割を 演じてきたネナ・チェリー。彼女のその反抗心は未だとどまることを知らない」 DAZED

「30年にも渡ってこのようなミニマルでポジティヴなプロテスト・ソングを生み出し続けられるアーティストなどそうそういない。チェリーはこのような仕事を容易くやってのけるのである」 Pitchfork, – Best New Music

「’Synchronised Devotion’はまさしく剥き出しの感情を表している。力強く美しいネナが戻ってきた」 Mixmag ‘Album of The Month’ 8/10

「今回のチェリーによる怒れるサウンドからわかるように、彼女が再びクリエイティヴ・シーンで大きな輝きを見せた」 Q Mag ****

「チェリーの描いた作品は、至福そして共感力に満ち溢れている」 Uncut 8/10

ネナ・チェリーは、4年振り5枚目となるニュー・アルバム『ブロークン・ポリティクス』を10月19日に発売する。キーラン・ヘブデン(フォー・テット)をプロデューサーに迎えて制作されたニュー・アルバムからの先行シングル「Kong」は、3D(マッシヴ・アタック)とのコラボ作であり、ピッチフォークでベスト・ニュー・トラックを獲得している。

「前回のアルバムは怒りや力強さに溢れていて、一方今回のアルバムはより静かで練り込んで作った作品だと思うわ」 本作は、ネナ・チェリーの長年のパートナーであるキャメロン・マクヴィと共作した曲を、プロデューサーのキーラン・ヘブデン(フォー・テット)が仕上げていった。また、今回使用したスタジオは、彼女の父親であり歴史的ジャズ・ミュージシャンのドン・チェリー等が立ち上げたスタジオ。「このスタジオにいるとなぜかすごく落ち着くの」

「私が好きなのは個人的な視点から曲を書くことなんだけど、私たちが生きているこの時代には自分の本当の声を探している人々が周りにいっぱい溢れている。そして人々は聞き間違いや誤解そして幻滅に悩まされながら周りから取り残されている。それに対して私は何ができる?多分“政治”っていうのは寝室もしくは自分の家の中から始まっているもので、“行動”や“責任”というものの一つの形だと思うの。このアルバムはそのようなことに関するもの全て:心が張り裂けそうだったりがっかりしたり悲しいと感じることはあっても、耐えることを知っている。これは自由な思想や精神を無くさないための戦いね」

先行シングルとなった「Kong」。この作品はマッシヴ・アタックの3Dとのコラボレーションで、フランスはカレーにおける難民キャンプの緊迫した状況から発生する“無知”が元になって作られた楽曲である。「カレーの街には親がまだ街に到着していなかったり、そもそも親のいない子供達があふれている。彼らはイギリスに移住しようとして、そのサポートを必要としてるんだけど、全くそれが起こる気配さえもない。思うに難民たちは他の土地に行くにしても自分の愛着のある身の回りのものとは別れたくないでしょう。私はその風景を描こうと思って、自分もそのストーリの中に身をおいてみたの。そしてこの歌は、今いる場所を離れたくないと思っている誰か、そこに私を投影して書いたものなの」

ネナ・チェリーの継父でジャズ界のレジェンド、ドン・チェリーがトランペットで参加したオーネット・コールマンの「グローイング・アップ」(1969年)をサンプリングした「Natural Skin Deep」は、この曲のミュージック・ビデオを監督したのは、ブラッド・オレンジ「Charcoal Baby」、 Klein,「Marks Of Worship」などのミュージック・ビデオや、KENZOの映像作品を手がける気鋭の映像作家、アキノラ・デイヴィス(Akinola Davies)。

ビデオ監督のアキノラはこのミュージック・ビデオについて次のように語った。「僕がこれから話すことで言えるのは一言、この映像はレバノンのベイルートで大勢の素晴らしい出演者とともに撮影された、ということ。僕の仕事の大半はコミュニティを中心に据えてて、それがグローバルなものであれローカルなものであったとしてもそう。僕ら自身がアートの中に身を置いて、よく考えることが重要なんだ。同時に物が溢れまくったこの世の中で暮らしながら、実は今僕らの周りで何が本当に起こっているのか無関心になってないか?ということも問いかけている。ネナは世界的なアイコンで、今回の『ブロークン・ポリティクス』というタイトルも様々なテーマに沿っていて、より意図を感じさせるものになっている。この映像の中には今現在語られるべきことがたくさん詰まっていて、例えば僕がネナのライヴを観にロンドンのヴィレッジ・アンダーグラウンドに行った時、そこでは観客は皆ポケットから自分の携帯を取り出して一様にライヴの動画を撮ってるんだ。それでしょうがないから近くにいた男性に、ちょっとどいてくれないか?って言ったんだ。だって、彼は僕の目の前に自分の携帯をかざしてたからね。今この社会で繰り広げられてる、それも全方位自分の眼の前で行われてる、全くもって皮肉めいた風景だった。携帯の画面を通してコミュニケーションを図れるようになったけど、その代わり僕らは全ての時間をスクリーンを見ながら費やすことになってるんだよね」

◼︎商品概要
final album art_Low
アーティスト:ネナ・チェリー (Neneh Cherry)
タイトル: ブロークン・ポリティクス (Broken Politics)
発売日:2018年10月19日(金)
品番:TRCP-235/ JAN: 4571260588219
定価:2,200円(税抜)
ボーナストラック収録/ 解説:新谷洋子/ 歌詞対訳付
プロデューサー:キーラン・ヘブデン(フォー・テット)

[Tracklist] 1. Fallen Leaves
2. Kong(リード・トラック)
3. Poem Daddy
4. Synchronised Devotion
5. Deep Vein Thrombosis
6. Faster Than The Truth
7. Natural Skin Deep
8. Shot Gun Shack
9. Black Monday
10. Cheap Breakfast Special
11. Slow Release
12. Soldier
13. Kong (Parris Remix) *ボーナス・トラック(CD)

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

◼︎プロフィール
ネナ・チェリーは、80年代ポスト・パンクの伝説のバンド、リップ・リグ・アンド・パニックでの活動、ソロ転向後は「バッファロー・スタンス」など、そしてユッスー・ンドゥールとコラボした「セヴン・セカンズ」といった数々のシングルが世界的な大ヒットを記録。またマッシヴ・アタックの『ブルー・ラインズ』、ゴリラズやピーター・ガブリエル、トリッキーなどの作品への参加と、ポップ・スターであり、ジャンルを超えた音楽のパイオニアであるというシンボリックな女性アーティスト。

スウェーデン出身。伝説のトランペット奏者ドン・チェリーは継父、イーグル・アイ・チェリーは義弟。80年代ポスト・パンク・シーン伝説のバンド、リップ・リグ・パニック、ニューエイジ・ステッパーズ、フロート・アップ・CPのボーカリストとして本格的な音楽活動を開始。
ソロ転向後、1988年にソロ・デビュー・アルバム『ロウ・ライク・スシ』をリリースし、シングル「バッファロー・スタンス」が全米3位を記録するなど大ヒットを記録。1992年2ndアルバム『ホームブルー』をリリース。1994年、ユッスー・ンドゥールとの共演シングル「セヴン・セカンズ」が世界的大ヒットを記録。1996年3rdアルバム『マン』をリリースし、シングル「ウーマン」が大ヒット。2012年にフリージャズ・トリオのザ・シングとの共作アルバム『チェリー・シング』をリリース。4thアルバム『ブランク・プロジェクト』(2014年)をリリース。2018年10月、前作に引き続きプロデューサーにフォー・テットを迎えた4年ぶりのアルバム『ブロークン・ポリティクス』をリリース。

◼︎ディスコグラフィー(ソロ・アルバム)
1stアルバム『ロウ・ライク・スシ』(1989年)
2ndアルバム『ホームブルー』(1992年)
3rdアルバム『マン』(1996年)
4thアルバム『ブランク・プロジェクト』(2014年)
5thアルバム『ブロークン・ポリティクス』(2018年)



Lauv、トロイ・シヴァンを迎えたシングルを発売! 待望のジャパン・ツアーは東名阪で5月に開催!

—January.24.2019 23:12:41

Apple Music/iTunes Spotify

Screen Shot 2019-01-24 at 09.58.09

今年5月に東名阪でジャパン・ツアーを行うLauv(ラウヴ)が、トロイ・シヴァンを迎えたシングル「i’m so tired…」を発売した。

COVER ART - i'm so tired...SPEC.small
Lauv & Troye Sivan
「i’m so tired…」

Apple Music/iTunes Spotify

トロイ・シヴァン曰く「この曲はどこにも行けない一人の人間の悲痛な気持ちを描いた歌なんだ。Lauvは素晴らしいソングライターで、今回の曲のアイデアが浮かんでから一緒に曲を書き始めたんだけど、ホント偶然が重なって結局デュエットすることになって、この歌は僕にとって幸せ以上の何物でもないよね」

Lauvがそれに付け加える「僕はトロイの音楽やここ数年にわたる彼の活動を目にしたりして、すごい彼のファンになってたんだ。だからその彼と一緒に仕事できるなんてものすごく光栄だよ。僕らがこの曲を書いたとき、彼がものすごく上手くこの曲を歌ったものだから、一緒にレコーディングするのは自然の流れだったね」

このシングルをリリース後、Lauvは待望のデビュー・アルバム制作のためにスタジオ入りする。「この曲はアルバム完成前としては最後のシングルになる。だからこの曲は二人でものすごく悲しい曲にしたんだけど、次のことを考えると楽しくもあるんだよね」

この曲を記念してLauvとトロイはプレイリスト「Lauv Loves」をSpotifyに公開し、アーティストが選ぶプレイリストの中で13位を記録。このプレイリストは現在「Lauv x Troye Sivan: i’m so tired…」と名前を変え、Lauvとトロイが就寝する際に聞く楽曲をフィーチャーしている。このプレイリスト発表後、フォロワーは瞬く間に92,000人を超えた。

[Playlist on Spotify] https://lauv.lnk.to/lauvx

シングル「i’m so tired…」は、グラミー候補アーティストに名を連ねたジュリア・マイケルズをフィーチャーした「There’s No Way」に続いてのリリース。「There’s No Way」は現在も全米シングル・チャートで32位を記録してなお上昇中だ。この曲のパフォーマンス映像がThe Late Late Show with James Corden (HERE) や The Late Show with Stephen Colbert (HERE)で見ることができる。

◼︎「There’s No Way」
[smartURL] http://smarturl.it/Lauv_JP

昨年Lauvはシングル「I Iike Me Better」で様々なテレビ番組やアワードでその演奏を披露。TOP40でTOP10を獲得し大ヒットした。プレイリスト「I met you when I was 18」も成功を収め、結果として「I Like Me Better」は全米でダブル・プラチナクラス、全世界では一億ストリームを超える実績を残した。

◼︎『I met you when I was 18』
[smartURL] http://smarturl.it/Lauv_18

トロイ・シヴァンはタイム誌で「2018年 ザ・パーフェクト・ポップ・スター」に選ばれ、彼の作品はいま現在、全ての場面において最高の評価を受けている。Rolling Stone, USA Today, Billboard, OUT, PopMatters, The Guardian 他にも様々な媒体でベスト・アルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得、アルバム『Bloom』は全世界において1億回のストリーム数を達成。2019年4月に来日公演を行う。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◼︎ジャパン・ツアー概要
LAUV_twitter
DATE / VENUE / INFO

大 阪 5月28日(火) BIGCAT 後援:FM802 open 18:00 / start 19:00 ¥6,000(前売/1ドリンク別)
Info. 06-6535-5569(SMASH WEST)

名古屋 5月29日(水) 名古屋 CLUB QUATTRO 主催:ZIP-FM open 18:00 / start 19:00 ¥6,000(前売/1ドリンク別)
Info. 052-264-8211(名古屋クラブクアトロ)

東 京 5月30日(木) マイナビBLITZ赤坂 主催:J-WAVE open 18:00 / start 19:00
1F:スタンディング ¥6,000 / 2F:指定席 ¥7,000(前売/1ドリンク別) Info. 03-3444-6751(SMASH)

TICKET INFO
大 阪 チケットぴあ(P:133-996)・ローソン(L:53943) ・e+(pre:11/27 12:00 – 28wed 23:59) 名古屋 チケットぴあ(P:133-459)・ローソン(L:42229) ・e+(pre:11/27 12:00 – 28wed 23:59) 東 京 チケットぴあ(P:133-480)/英語販売あり・ローソン(L:73085) ・

e+(pre:11/27 12:00 – 28wed 23:59)・岩盤(ganban.net)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◼︎プロフィール
Lauv(ラウヴ)は、ニューヨーク出身、現在LAを拠点に活動する23才のシンガーソングライター/プロデューサー。Lauvの由来は、母親がラトビア系であり、彼が獅子座ということもあり、ラトビア語のライオン「Lauva」の最後のaを抜いてLauvと名付けた。本名:アリ・レフ(Ari Leff)。ラウヴの名前を知らしめるきっかけとなったのは、彼がニューヨーク大学在籍時に発売したシングル「The Other」。そしてその後発売されたしたシングル「I Like Me Better」は世界的大ヒットを記録した。またチャーリーXCXの「Boys」(ゴールド・ディスク獲得)など、アーティストへの楽曲提供も行っている。2017年秋にはエド・シーラン来日公演のオープニング・アクトの出演が予定されていたが、エド・シーランのケガにより来日公演が延期となり、ラウヴの来日は中止となった。デビューEP『ラウヴEP:ジャパン・エディション』を10月25日に発売。2018年3月、初の単独来日公演を代官山UNITで2回行った。同年5月、2015年のデビュー以来発売してきた全17曲からなるプレイリスト「I met you when I was 18.」が完結した。同年9月、ジュリア・マイケルズをフィーチャリングしたシングル「There’s No Way」を発売。2019年1月、トロイ・シヴァンを迎えたシングル「i’m so tired…」を発売。2019年5月、ジャパン・ツアーを東名阪で開催。



海外プレス大絶賛のMUTEの新人 K Á R Y Y N (カーリーン)、デビュー作を3/29に発売!

—January.18.2019 02:34:51

Amazon Apple Music/iTunes Spotify smartURL

K A R Y Y N the quanta series small

祖国シリアをバックグラウンドに、感覚的な音の建築家– DAZED

エレクトロニック界の冒険者- FACT

揺れ動くビートとサンプリングされたヴォーカルを力強く、めくるめくような音像へと紡いでいく- GUARDIAN

スーパーナチュラルで太古の時代を感じさせる音楽 – PITCHFORK

K Á R Y Y Nは音楽を作っているのではなくホログラムを使いながらそれを構築しているのだ。– WIRED

デジタルと人間双方のシグナルが織りなす、めまぐるしい程の網目模様– FADER

KÁRYYN_Credit_DerekHutchison_Low

MUTE期待の新人アーティスト K Á R Y Y N(カーリーン)が、デビュー・アルバム『ザ・クアンタ・シリーズ』を3月29日にリリースする。早速、アルバムよりシングル「EVER」を公開した。

日本盤ボーナス・トラックには、昨年ピッチフォークのベスト・ニュー・トラックを獲得した「MOVING MASSES」が収録される。

実に7年を超える歳月をかけて完成したデビュー・アルバム『ザ・クアンタ・シリーズ』は、K Á R Y Y N(カーリーン)が自己啓発ために世界中を旅してきた移動の軌跡である。2011年、シリア/アレッポ在住の親戚の死をきっかけに、生まれ育ったLAを離れNYのチェリー・ヴァレーへと移り住んだが、それは誰も知らない場所で大切な人を失った悲しみを克服するためであった。そのチェリー・ヴァレーでの18ヶ月の生活の中でK Á R Y Y Nは、アルバムに収録された2曲を書いた。一発録りで感情を表に出した「TODAY I READ YOUR LIFE STORY 11:11」と、永遠なものなど何一つないと思いに耽りつつ、人類による影響に対する思いを受け止めた「SEGMENT & THE LINE」を。

その後の数年間、彼女はベルリンに居を移し「PURGATORY」を書いたのだが、これは彼女が幼少期を過ごしたシリアのイドリブでの思い出を描いている。彼女の祖先の歴史や悲しみ、愛情、そして人類が互いに及ぼしてきたことを冷静に観察し、それらに寄り添いながら曲を生み出していく。彼女の祖先の系譜との深い繋がりが、各作品のテーマの一つともなっており、トラディショナルなアメリカのフォークソングを彼女独自の解釈で作った「AMBETS GORAV」、美しいコーラスがパッチワークのように散りばめられた「MIRROR ME」では、内省的にこう問いかける~“あなた自身と向き合うの、良いところも悪いところも;自分自身の中にあって失くしてきたものを探しながら”と。

2017年よりアーティスト名を現在のK Á R Y Y Nとして活動し、2018年にはピッチフォークでベスト・ニュー・トラックを獲得するなど高い評価を獲得し、いよいよ今年3月29日にデビュー・アルバム『ザ・クアンタ・シリーズ』をリリースする。

商品概要
K A R Y Y N the quanta series small
K A R Y Y N the quanta series small.jpg
アーティスト:カーリーン(K Á R Y Y N )
タイトル:ザ・クアンタ・シリーズ (The Quanta Series)
発売日:2019年3月29日
品番:TRCP-239 / JAN: 4571260588776
定価:2,200円(税抜)
ボーナストラック1曲収録
解説:木津毅/歌詞対訳付

Tracklist
1. EVER
2. YAJNA
3. PURGATORY
4. BINARY
5 . AMBETS GORAV
6. Un-c2-See
7. MIRROR ME
8. CYTOKINESIS
9. ALEPPO
10. TODAY I READ YOUR LIFE STORY 11:11
11. SEGMENT & THE LINE
12. MOVING MASSES(ボーナス・トラック)

Amazon Apple Music/iTunes Spotify smartURL

https://twitter.com/KARYYNmusic
https://www.facebook.com/karyyn1111/
https://www.instagram.com/karyyn_music/

www.mute.com



2 / 7712345...最後 »