新生スワンズ始動! オルタナ・ロック・シーンの巨星、ベン・フロストなど新メンバーと制作した ニュー・アルバムを10月25日に発売!

—October.11.2019 00:00:38

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

Michael Gira_Credit_Jennifer Gira_A_landscape_LOW

「爆発寸前の轟音の中に祈るような静けさを感じる」— MOJO ⭐️⭐️⭐️⭐️

極めて精巧な仕上がりで、魂の荒野が目前に広がる
絶え間なく形を作りながらも その形は絶え間なく分解していくのだ ― プレス・リリースより

スワンズは3年振りとなる15枚目のスタジオ・アルバム『リーヴィング・ミーニング』(10月25日発売)より、第2弾となる新曲「The Hanging Man」を公開した。新作より第1弾として「It’s Coming It’s Real」がすでに公開されている。

スワンズのフロント・マンであり、全曲の作曲・プロデュースを手掛けたマイケル・ジラはニュー・アルバムに関して次のように述べている。

「『リーヴィング・ミーニング』は私が2010年から2017年までスワンズとして活動をしていたメンバーを解散して以降、初めてのアルバムとなる。現在のスワンズはまた違ったメンバーで構成されており、それぞれの音楽や個人的なキャラクター等も踏まえて、私が現在書いている楽曲の雰囲気に最適と感じたメンバーが選ばれた。私と一緒に作業する上で、ミュージシャンである彼らの性格、技術と嗜好が楽曲の素材をまとめる上で素晴らしく役立っている。メンバー全員の仕事を私は素晴らしく思い、個人的にも彼らと一緒にいることをすごく楽しんでいる」
SWANS_LeavingMeaning_VariousPersonnel のコピー

ニュー・アルバムに参加しているアーティストは、同じくMUTEレーベルに所属しているエレクトロ・ノイズの鬼才ベン・フロストや、アンナ&マリア・フォン・ハウスウォルフ、ザ・ネックス、ベイビー・ディー等で、ベン・フロストの参加についてマイケル・ジラは次のように述べている。

「ベンの挑戦的なサウンドの作り方、時には耳をつんざくような、また時には繊細で極めて音楽的で、そしてライヴはパワフル・・・、そのような個性的なサウンドによって最近、彼の名前は広く知れ渡ることになった。今回のアルバムに関する彼の使命は意図的に音の境界線を崩すことだった。私には基本的に彼の耳やセンスが必要で、前もってどのパートをどの楽器でやってもらおうなんて特に考えてもいなかった。アイルランドのレイキャビクにある彼のスタジオに到着して、私が作りかけの曲を数曲かけたら、彼自身がそれぞれの楽曲に導かれるように演奏を始めたんた。シンセもそうだけど彼のエレキギターに対する演奏のアプローチが今まで見たことないようなものだったから、それが私にとっては嬉しい驚きだった。また、ベンはサウンドアレンジやミックスのアイデアに関してもすごく手助けしてくれた」

アルバム発売時期の10月~11月には、マイケル・ジラはヨーロッパでソロ・ツアーを行い、スワンズとしてのツアーは来年春からを予定している。

■商品概要
Swans_LeavingMeaning_artwork_LOW
アーティスト:スワンズ (Swans)
タイトル:リーヴィング・ミーニング (leaving meaning.)
発売日:2019年10月25日(金)
品番:TRCP-248~249/ JAN: 4571260589407
定価:2,750円(税抜)*デジパック特殊仕様 *2枚組CD
ボーナス・トラック1曲収録/ 解説:小野島大/ 歌詞対訳付

Tracklist
DISC-1
1. Hums
2. Annaline
3. The Hanging Man
4. Amnesia
5. Leaving Meaning
6. Sunfucker

DISC-2
1. Cathedrals of Heaven
2. The Nub
3. Its Coming Its Real
4. Some New Things
5. What Is This
6. My Phantom Limb
7. Annaline (Demo Version) ボーナス・トラック

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

■ショート・バイオ
’82年NYにてマイケル・ジラが中心となりバンドを結成、’83年アルバム・デビュー。80年代~90年代のオルタナティヴ・シーンの巨頭としての活動は、当時そして現在のシーンへの影響力は計り知れない。’97年バンド解散。2010年に再結成をし、2013年来日公演実施。2014年ミュート・レーベルと契約、同年『トゥ・ビー・カインド』を発売し、有力誌の年間ベストを席巻した。2015年、来日公演実施。2016年、2010年から活動してきたバンド・メンバーとしてのラスト・アルバム『ザ・グローイング・マン』を発売。同年、来日公演実施。2019年10月、新メンバーで制作されたニュー・アルバム『リーヴィング・ミーニング』を発売。

https://www.facebook.com/SwansOfficial/
younggodrecords.com
mute.com/



Lauv、全世界待望のデビュー・アルバム『~ハウ・アイム・フィーリング~』を来年3月に発売! 収録曲「Sims」を本日配信開始!  

—October.4.2019 01:00:34

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

HOW I'M FEELING - ARTWORK_LOW

新世代の世界的ポップ・スター Lauv(ラウヴ)は、デビュー・アルバム『~ハウ・アイム・フィーリング~』を2020年3月6日に発売することを発表した。
本作は、プラチナ・ヒット連発のインディペンデント・シンガー・ソングライター、プロデューサー、そして現代のポップ・アイコンによる全世界待望の作品である。大ヒット曲 「i’m so tired…」、「fuck, i’m lonely」を含む全収録曲は、全て彼が一曲一曲丁寧に紡ぎあげたものである。この10年で最も成功したインディペンデント・シンガーの一人として、現在までのべ30億回の楽曲再生数を誇り、ローリング・ストーン誌からニューヨーク・タイムズまで高い評価を受けるLauvが、メインストリームを疾走する世界的ポップ・スターとして、その新しい姿をこれからも提示し続ける。

デビュー・アルバムは、本日よりデジタル配信とCDの予約が開始され、またアルバムに収録される新曲「Sims」が公開された。
https://smarturl.it/lauv_sims

日本盤CDには、ボーナス・トラックとして、トロイ・シヴァンをフィーチャーした大ヒット・シングル「i’m so tired…」のアコースティック・ヴァージョンが収録される。

◼︎予約購入&ストリーミング・リンク
Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

Lauvはデビュー・アルバム発売に際し次のように述べている。
「このアルバムの制作には随分時間がかかったけど、ついに今日、僕にとって新たな時代の扉が開いたと言える。『〜ハウ・アイム・フィーリング〜』は人の人格、またその中にも様々な観点が内包されていることを描いた作品なんだ。それで今回僕は6つのそれぞれ違った自分のキャラクターを作った。紫は「実際に存在している僕」、青は「夢見がちで可哀想な僕」、緑は「間抜けな僕」、黄色は「ポジティヴな僕」、オレンジは「やんちゃな僕」そして赤は「刺激的な僕」、これらの全てで僕という人間が出来上がっているんだ。これまで発表して来た作品はそれぞれ全て一つの側面だけにフォーカスを当てたものだったんだけど、このデビュー・アルバムで初めて自分自身を司る全てのパーツをまとめることができた」。

デビュー・アルバム『~ハウ・アイム・フィーリング~』は、ボーナス・トラック含む全22曲のうち、全7曲がすでに公開されており、残る15曲は発売日までに公開されていく。現在公開されている曲は次の通りとなっている。

◼︎「Sims」
アルバム発売告知と同時に公開された最新シングル。
「この「Sims」のミュージック・ビデオは、間もなく公開出来ると思うんだけど、このアルバムのコンセプトやキャラクターたちを取り入れた初の作品なんだ。以前やって来たことよりもさらに素晴らしいものになったと思う。初めて、”これが僕の全てだよ”って言えるんだ」とLauvは語っている。
https://smarturl.it/lauv_sims

◼︎「i’m so tired…」
Lauvと同様、新生代のポップ・アイコンのトロイ・シヴァンとのコラボレーション・シングルは世界的大ヒットを記録し、5億回再生を記録している。
このシングルのアコースティック・ヴァージョン「i’m so tired…(Stripped – Live in LA)」が、日本盤CDのボーナス・トラックとして収録される。
http://smarturl.it/Lauv_iast

◼︎「fuck, i’m lonely」
今年のフジロックで素晴らしいパフォーマンスを披露したイギリスを代表するポップ・シンガー、アン・マリーとのコラボレーション・シングル。
今年8月に発売され既に1億3千万回再生を記録している。Netflixの大人気TVドラマ『13の理由』の最新シリーズ(シーズン3)挿入歌。
https://smarturl.it/LAUV_lonely

◼︎「Drugs & The Internet」
カニエ・ウェストやニッキー・ミナージュの映像作品を手がけたジェナ・マーシュ(Jenna Marsh)が監督をつとめたミュージック・ビデオは、現実からデジタルの世界に引きずりこまれたLauvが、インターネットが活気づく世界の圧倒的な刺激に身をゆだねる、というストーリーとなっている。
http://smarturl.it/Lauv_DI

◼︎「Sad Forever」
彼の精神状態があまり芳しくない時期、その苦闘の最中に書き上げられた曲。この曲から得られる全収益は、あらゆる精神疾患の克服に励んでいる英国のTime To Change(site)など世界中の様々な精神保健機関や団体へ寄付される。
https://smarturl.it/LAUV_SAD

◼︎「Feelings」
https://smarturl.it/LAUV_feelings


■商品概要(日本盤CD)
HOW I'M FEELING - ARTWORK_LOW
アーティスト:ラウヴ (Lauv)
タイトル:~ハウ・アイム・フィーリング~  (~how i’m feeling~)
発売日:2020年3月6日(金)
品番:TRCP-260 / JAN: 4571260589551
定価:2,200円(税抜)
ボーナス・トラック収録 
解説:内本順一 / 歌詞対訳付
Label: Lauv / Traffic Inc.

Tracklist
ボーナス・トラック「i’m so tired…(Stripped- Live in LA)」含む全22曲収録。
「Sims」、「i’m so tired…」、「fuck, i’m lonely」、「Drugs & The Internet」、「Feelings」、「Sad Forever」。
他楽曲は随時発表。


◼︎『I met you when I was 18.』(日本独自企画盤)
2015年のデビューから発売されてきた全20曲を収録した日本独自企画盤。大ヒット曲「I Like Me Better」など全20曲収録。(2CD)
絶賛発売中。
Amazon Tower Records HMV smartURL


◼︎プロフィール
Lauv - Press Photo 1 [Photo Credit - Lauren Dunn] copy_LOW
Lauv(ラウヴ)。LAを拠点に活動するシンガーソングライター/プロデューサー。Lauvの由来は、母親がラトビア系であり、彼が獅子座ということもあり、ラトビア語のライオン「Lauva」の最後のaを抜いてLauvと名付けた。本名:アリ・レフ(Ari Leff)。ラウヴの名前を知らしめるきっかけとなったのは、彼がNY大学在籍時に発売したシングル「The Other」。そしてその後発売されたシングル「I Like Me Better」は世界的大ヒットを記録した。またチャーリーXCXの「Boys」(ゴールド・ディスク獲得)など、アーティストへの楽曲提供も行っている。2017年秋にはエド・シーラン来日公演のオープニング・アクトの出演が予定されていたが、エド・シーランのケガにより来日公演が延期となり、ラウヴの来日は中止となった。同年、デビューEP『ラウヴEP:ジャパン・エディション』を10月25日に発売。2018年3月、初の単独来日公演を代官山UNITで2回実施。2019年1月、トロイ・シヴァンを迎えたシングル「i’m so tired…」を発売。同年4月、デビュー以来デジタルで発売してきた全20曲を収録した来日記念盤『I met you when I was 18.』を発売。同年年5月、ジャパン・ツアーを東名阪で開催。2020年3月6日、全世界待望のデビュー・アルバム『~ハウ・アイム・フィーリング~』を発売。
 



ニュー・オーダー、来日公演決定! 来年3月に東京2公演、大阪1公演を実施! 先月発売のライヴ盤絶賛発売中!

—August.13.2019 12:00:15


Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

New Order 2019

ニュー・オーダーの来日公演が決定した。来年3月に東京2公演、大阪1公演が開催される。
ニュー・オーダーは、地元マンチェスターの伝説の会場で2017年に5夜に渡って行われたライヴを収録した『∑(No,12k,Lg,17Mif)』を先月リリースし、その作品は、ライヴでは30年以上も演奏されることがなかったジョイ・ディヴィジョンの『アンノウン・プレジャーズ』収録の「Disorder」や、全英TOP5に入るなど素晴らしい評価を得た2015年の最新アルバム『ミュージック・コンプリート』収録の「Plastic」まで、まさに夢に包まれたような5日間、その完璧なドキュメントが収録され大絶賛を浴びている。


◼︎来日公演概要 ―――――――――――――――――――――
東京 3月3日(火) 新木場 STUDIO COAST
東京 3月4日(水) 新木場 STUDIO COAST
OPEN 18:30/ START 19:30
TICKET スタンディング¥10,000 指定席¥12,000(税込/別途 1 ドリンク)
※未就学児入場不可 一般プレイガイド発売日:9/7(土) <問>クリエイティブマン 03-3499-6669

大阪 3月6日(金) Zepp Osaka Bayside
OPEN 18:30 START 19:30
TICKET 1F スタンディング¥10,000 2F 指定¥12,000(税込/別途 1 ドリンク)
※未就学児入場不可 ※未就学児入場不可 ※別途 1 ドリンクオーダー
一般プレイガイド発売日:9/7(土) <問>キョードーインフォメーション 0570-200-888

制作・招聘:クリエイティブマン 協力:Traffic
https://www.creativeman.co.jp/
――――――――――――――――――――――――――――
Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV



2 / 8212345...最後 »