Lauv、トロイ・シヴァンを迎えたシングルを発売! 待望のジャパン・ツアーは東名阪で5月に開催!

—January.24.2019 23:12:41

Apple Music/iTunes Spotify

Screen Shot 2019-01-24 at 09.58.09

今年5月に東名阪でジャパン・ツアーを行うLauv(ラウヴ)が、トロイ・シヴァンを迎えたシングル「i’m so tired…」を発売した。

COVER ART - i'm so tired...SPEC.small
Lauv & Troye Sivan
「i’m so tired…」

Apple Music/iTunes Spotify

トロイ・シヴァン曰く「この曲はどこにも行けない一人の人間の悲痛な気持ちを描いた歌なんだ。Lauvは素晴らしいソングライターで、今回の曲のアイデアが浮かんでから一緒に曲を書き始めたんだけど、ホント偶然が重なって結局デュエットすることになって、この歌は僕にとって幸せ以上の何物でもないよね」

Lauvがそれに付け加える「僕はトロイの音楽やここ数年にわたる彼の活動を目にしたりして、すごい彼のファンになってたんだ。だからその彼と一緒に仕事できるなんてものすごく光栄だよ。僕らがこの曲を書いたとき、彼がものすごく上手くこの曲を歌ったものだから、一緒にレコーディングするのは自然の流れだったね」

このシングルをリリース後、Lauvは待望のデビュー・アルバム制作のためにスタジオ入りする。「この曲はアルバム完成前としては最後のシングルになる。だからこの曲は二人でものすごく悲しい曲にしたんだけど、次のことを考えると楽しくもあるんだよね」

この曲を記念してLauvとトロイはプレイリスト「Lauv Loves」をSpotifyに公開し、アーティストが選ぶプレイリストの中で13位を記録。このプレイリストは現在「Lauv x Troye Sivan: i’m so tired…」と名前を変え、Lauvとトロイが就寝する際に聞く楽曲をフィーチャーしている。このプレイリスト発表後、フォロワーは瞬く間に92,000人を超えた。

[Playlist on Spotify] https://lauv.lnk.to/lauvx

シングル「i’m so tired…」は、グラミー候補アーティストに名を連ねたジュリア・マイケルズをフィーチャーした「There’s No Way」に続いてのリリース。「There’s No Way」は現在も全米シングル・チャートで32位を記録してなお上昇中だ。この曲のパフォーマンス映像がThe Late Late Show with James Corden (HERE) や The Late Show with Stephen Colbert (HERE)で見ることができる。

◼︎「There’s No Way」
[smartURL] http://smarturl.it/Lauv_JP

昨年Lauvはシングル「I Iike Me Better」で様々なテレビ番組やアワードでその演奏を披露。TOP40でTOP10を獲得し大ヒットした。プレイリスト「I met you when I was 18」も成功を収め、結果として「I Like Me Better」は全米でダブル・プラチナクラス、全世界では一億ストリームを超える実績を残した。

◼︎『I met you when I was 18』
[smartURL] http://smarturl.it/Lauv_18

トロイ・シヴァンはタイム誌で「2018年 ザ・パーフェクト・ポップ・スター」に選ばれ、彼の作品はいま現在、全ての場面において最高の評価を受けている。Rolling Stone, USA Today, Billboard, OUT, PopMatters, The Guardian 他にも様々な媒体でベスト・アルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得、アルバム『Bloom』は全世界において1億回のストリーム数を達成。2019年4月に来日公演を行う。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◼︎ジャパン・ツアー概要
LAUV_twitter
DATE / VENUE / INFO

大 阪 5月28日(火) BIGCAT 後援:FM802 open 18:00 / start 19:00 ¥6,000(前売/1ドリンク別)
Info. 06-6535-5569(SMASH WEST)

名古屋 5月29日(水) 名古屋 CLUB QUATTRO 主催:ZIP-FM open 18:00 / start 19:00 ¥6,000(前売/1ドリンク別)
Info. 052-264-8211(名古屋クラブクアトロ)

東 京 5月30日(木) マイナビBLITZ赤坂 主催:J-WAVE open 18:00 / start 19:00
1F:スタンディング ¥6,000 / 2F:指定席 ¥7,000(前売/1ドリンク別) Info. 03-3444-6751(SMASH)

TICKET INFO
大 阪 チケットぴあ(P:133-996)・ローソン(L:53943) ・e+(pre:11/27 12:00 – 28wed 23:59) 名古屋 チケットぴあ(P:133-459)・ローソン(L:42229) ・e+(pre:11/27 12:00 – 28wed 23:59) 東 京 チケットぴあ(P:133-480)/英語販売あり・ローソン(L:73085) ・

e+(pre:11/27 12:00 – 28wed 23:59)・岩盤(ganban.net)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◼︎プロフィール
Lauv(ラウヴ)は、ニューヨーク出身、現在LAを拠点に活動する23才のシンガーソングライター/プロデューサー。Lauvの由来は、母親がラトビア系であり、彼が獅子座ということもあり、ラトビア語のライオン「Lauva」の最後のaを抜いてLauvと名付けた。本名:アリ・レフ(Ari Leff)。ラウヴの名前を知らしめるきっかけとなったのは、彼がニューヨーク大学在籍時に発売したシングル「The Other」。そしてその後発売されたしたシングル「I Like Me Better」は世界的大ヒットを記録した。またチャーリーXCXの「Boys」(ゴールド・ディスク獲得)など、アーティストへの楽曲提供も行っている。2017年秋にはエド・シーラン来日公演のオープニング・アクトの出演が予定されていたが、エド・シーランのケガにより来日公演が延期となり、ラウヴの来日は中止となった。デビューEP『ラウヴEP:ジャパン・エディション』を10月25日に発売。2018年3月、初の単独来日公演を代官山UNITで2回行った。同年5月、2015年のデビュー以来発売してきた全17曲からなるプレイリスト「I met you when I was 18.」が完結した。同年9月、ジュリア・マイケルズをフィーチャリングしたシングル「There’s No Way」を発売。2019年1月、トロイ・シヴァンを迎えたシングル「i’m so tired…」を発売。2019年5月、ジャパン・ツアーを東名阪で開催。



海外プレス大絶賛のMUTEの新人 K Á R Y Y N (カーリーン)、デビュー作を3/29に発売!

—January.18.2019 02:34:51

Amazon Apple Music/iTunes Spotify smartURL

K A R Y Y N the quanta series small

祖国シリアをバックグラウンドに、感覚的な音の建築家– DAZED

エレクトロニック界の冒険者- FACT

揺れ動くビートとサンプリングされたヴォーカルを力強く、めくるめくような音像へと紡いでいく- GUARDIAN

スーパーナチュラルで太古の時代を感じさせる音楽 – PITCHFORK

K Á R Y Y Nは音楽を作っているのではなくホログラムを使いながらそれを構築しているのだ。– WIRED

デジタルと人間双方のシグナルが織りなす、めまぐるしい程の網目模様– FADER

KÁRYYN_Credit_DerekHutchison_Low

MUTE期待の新人アーティスト K Á R Y Y N(カーリーン)が、デビュー・アルバム『ザ・クアンタ・シリーズ』を3月29日にリリースする。早速、アルバムよりシングル「EVER」を公開した。

日本盤ボーナス・トラックには、昨年ピッチフォークのベスト・ニュー・トラックを獲得した「MOVING MASSES」が収録される。

実に7年を超える歳月をかけて完成したデビュー・アルバム『ザ・クアンタ・シリーズ』は、K Á R Y Y N(カーリーン)が自己啓発ために世界中を旅してきた移動の軌跡である。2011年、シリア/アレッポ在住の親戚の死をきっかけに、生まれ育ったLAを離れNYのチェリー・ヴァレーへと移り住んだが、それは誰も知らない場所で大切な人を失った悲しみを克服するためであった。そのチェリー・ヴァレーでの18ヶ月の生活の中でK Á R Y Y Nは、アルバムに収録された2曲を書いた。一発録りで感情を表に出した「TODAY I READ YOUR LIFE STORY 11:11」と、永遠なものなど何一つないと思いに耽りつつ、人類による影響に対する思いを受け止めた「SEGMENT & THE LINE」を。

その後の数年間、彼女はベルリンに居を移し「PURGATORY」を書いたのだが、これは彼女が幼少期を過ごしたシリアのイドリブでの思い出を描いている。彼女の祖先の歴史や悲しみ、愛情、そして人類が互いに及ぼしてきたことを冷静に観察し、それらに寄り添いながら曲を生み出していく。彼女の祖先の系譜との深い繋がりが、各作品のテーマの一つともなっており、トラディショナルなアメリカのフォークソングを彼女独自の解釈で作った「AMBETS GORAV」、美しいコーラスがパッチワークのように散りばめられた「MIRROR ME」では、内省的にこう問いかける~“あなた自身と向き合うの、良いところも悪いところも;自分自身の中にあって失くしてきたものを探しながら”と。

2017年よりアーティスト名を現在のK Á R Y Y Nとして活動し、2018年にはピッチフォークでベスト・ニュー・トラックを獲得するなど高い評価を獲得し、いよいよ今年3月29日にデビュー・アルバム『ザ・クアンタ・シリーズ』をリリースする。

商品概要
K A R Y Y N the quanta series small
K A R Y Y N the quanta series small.jpg
アーティスト:カーリーン(K Á R Y Y N )
タイトル:ザ・クアンタ・シリーズ (The Quanta Series)
発売日:2019年3月29日
品番:TRCP-239 / JAN: 4571260588776
定価:2,200円(税抜)
ボーナストラック1曲収録
解説:木津毅/歌詞対訳付

Tracklist
1. EVER
2. YAJNA
3. PURGATORY
4. BINARY
5 . AMBETS GORAV
6. Un-c2-See
7. MIRROR ME
8. CYTOKINESIS
9. ALEPPO
10. TODAY I READ YOUR LIFE STORY 11:11
11. SEGMENT & THE LINE
12. MOVING MASSES(ボーナス・トラック)

Amazon Apple Music/iTunes Spotify smartURL

https://twitter.com/KARYYNmusic
https://www.facebook.com/karyyn1111/
https://www.instagram.com/karyyn_music/

www.mute.com



ニュー・オーダー、デペッシュ・モードなどMUTE関連アーティストが新たな作品を提供するボックス・セットが5月に発売!MUTE設立40周年記念のメイン・プロジェクト!

—January.17.2019 19:07:18

MUTE4.0_V3

MUTEレーベル設立40周年企画のメイン・プロジェクト発表!
ジョン・ケージの歴史的作品「4分33秒」を、独自解釈で演奏した映像作品を集めたボックス・セットを今年5月に発売!
ニュー・オーダー、デペッシュ・モードなど、50組以上のレーベル関連アーティストが参加!
第一弾としてライバッハによる映像作品を公開!

「僕らがどこにいようとも、聞こえてくるのはほとんどがノイズなんだ」―ジョン・ケージ

MUTEは、レーベル設立40周年企画「MUTE 4.0 (1978 > TOMORROW) シリーズ」のメイン・プロジェクト「STUMM433」を発表した。
50組以上のレーベル関連アーティストによる新たな作品を集めたボックス・セット「STUMM433」を今年5月に発売することとなった。

レーベル創始者ダニエル・ミラーのプロジェクトでありレーベル第一弾アーティストのザ・ノーマルから、ニュー・オーダー、デペッシュ・モード、そして最新アーティストK Á R Y Y N(カーリーン)に至るまで、まさに過去・現在・未来の50組以上のアーティストがこのプロジェクトに作品を提供する。また、ポスト・パンク時代の歴史的作品を今月25日に再発するマーク・スチュワートや、MUTEからアルバム『Our Likeness』(1992年)を発売したPhewも参加する。

内容は、全てのアーティストがそれぞれ一つの楽曲を独自の解釈を持って披露するというもの。その一曲とはジョン・ケージの歴史的な一曲、「4分33秒」である。「4分33秒」はあらゆる現代音楽の中でも最も重要な作品の一つとされている。発表されたのは1952年で、この曲はあらゆる楽器、もしくはあらゆる楽器構成で披露することができる作品である。というのもこの曲の譜面は、一人の奏者、もしくは奏者達が演奏時間内(4分33秒)に一切自分の楽器を演奏しないことを記している。初披露された時はもとより、今でも挑戦的で前代未聞とされるこの作品は、静寂、サウンド、作曲、そして聞くという一般概念を完璧なまでに変えてしまったのだ。

ダニエル・ミラー(レーベル創始者)はこのプロジェクトに関して次のように語っている。「ジョン・ケージの ‘4分33秒’ は自分の音楽人生の中で長い間、重要で刺激を受けた楽曲としてずっと存在していたんだ。MUTEのアーティスト達がこの曲を独自の解釈でそれぞれやったらどうなんだろう?というアイデアは、実はサイモン・フィッシャー・ターナーと話してるときに浮かんだんだよ。私は即座に、これをMUTEのレーベル40周年を記念する”MUTE 4.0 (1978 > TOMORROW) シリーズ”でやったら完璧じゃないか、と思ったんだよ」

このプロジェクトの第一弾としてライバッハが作品を披露した。ザグレブにあるHDLU’sバット・ギャラリー・スペースで行われたインスタレーション「Chess Game For For」開催中に撮影・録音され、クロアチアのパフォーマンス・アーティストのヴラスタ・デリマーとスロヴェニア製の特製空宙ターンテーブルをフィーチャーした作品だ。

この作品から発生する純利益は英国耳鳴協会とミュージック・マインド・マターへ寄付される。この団体が選ばれた理由として、インスパイラル・カーペッツの創設メンバーでもあるクレイグ・ギルが、自身の耳鳴りの影響による心身の不安から不慮の死を遂げたことが挙げられている。このボックスセットは2019年5月にリリース予定、詳細はここ数ヶ月後にアップデートされていく。

「STUMM433」参加アーティスト一覧
A Certain Ratio, A.C. Marias, ADULT., The Afghan Whigs, Alexander Balanescu, Barry Adamson, Ben Frost, Bruce Gilbert, Cabaret Voltaire, Carter Tutti Void, Chris Carter, Chris Liebing, Cold Specks, Daniel Blumberg, Depeche Mode, Duet Emmo, Echoboy, Einstürzende Neubauten, Erasure, Fad Gadget (tribute), Goldfrapp, He Said, Irmin Schmidt, Josh T. Pearson, K Á R Y Y N, Komputer, Laibach, Land Observations, Lee Ranaldo, Liars, Looper, Lost Under Heaven, Maps, Mark Stewart, Michael Gira, Mick Harvey, Miranda Sex Garden, Moby, Modey Lemon, Mountaineers, New Order, Nitzer Ebb, NON, Nonpareils, The Normal, onDeadWaves, Phew, Pink Grease, Pole, Polly Scattergood, Renegade Soundwave, Richard Hawley, ShadowParty, Silicon Teens, Simon Fisher Turner, The Warlocks, Wire, Yann Tiersen

MUTE 4.0 (1978 > TOMORROW) シリーズ
http://trafficjpn.com/news/mute40/

MUTE関連情報
1)マーク・スチュワート(ex.ザ・ポップ・グループ)の歴史的デビュー作が、 新たに発掘された10曲の未発表曲を加えた決定版として1/25に再発!
http://trafficjpn.com/news/ms/

長袖Tシャツ付き限定盤も予約受付開始!
販売サイトはこちら

2) ウィンター・セール開催中!MUTE作品(ニュー・オーダー、CAN、スワンズ、キャバレー・ヴォルテール、アルカ等)のウィンター・セール開催中!
国内盤CD:1,500円、輸入盤LP: 1,300円、輸入盤CD: 1,000円など(税別)。お見逃しなく!
販売サイトはこちら

mute.com