MUTEが契約した大型新人K Á R Y Y N (カーリーン)、新曲2曲を公開! 既にピッチフォークでベスト・ニュー・ミュージックを獲得するなど大注目の コンポーザー/ヴォーカリスト。

—November.13.2018 17:24:07

Apple Music/iTunes Spotify

KÁRYYN_Credit_DerekHutchison_Low

MUTEが新たに契約した大型新人、エレクトロニック・コンポーザー/ヴォーカリストのK Á R Y Y N (カーリーン)が、新曲2曲収録の『Quanta 11:11’』を発売した。

『Quanta 11:11』
「TODAY, I READ YOUR LIFE STORY 11:11」
「SEGMENT & THE LINE」

昨年発売したシングル「MOVING MASSES」がピッチフォークのベスト・ニュー・ミュージックを獲得するなど大きな注目を集めており、待望のデビュー・アルバムの発売は来春を予定している。

2011年11月、KÁRYYNは旅行で訪れたシリアのアレッポからアメリカに戻ったのだが、それは彼女の親戚二人が重篤な状態に陥ったのを見舞うためであった。その近しい親戚二人を天国へ見送ったことで精神的にも参ってしまった彼女は、自らの育った場所、LAを離れそれらの出来事を乗り越えるためにチェリー・ヴァレーというNYの一角に一人きりで住むことを決意する。そして、KÁRYYNは深く自省的な時期を経て今回のシングルの中にある渾身の一曲、「TODAY, I READ YOUR LIFE STORY 11:11」を録音、ここまでの7年間にもわたる自己発見の旅を音楽で表現するシリーズ、The Quanta Seriesの一作として来たる11月11日にリリースした。このシリーズの作品はこの一年以上にわたってリリースされており、そのトータル8曲は、家族間の思い出、悲しみ、愛情、それに量子力学や人間同士がお互いに及ぼす影響などをテーマとして取り上げている。今回の作品リリースによってこのQuanta Seriesは完結し、来たる翌年にはアルバムとしてのリリースを予定している。

「この曲が私の中から生まれたとき、それは文字通り一気に出来上がってしまったの」KÁRYYNはこの「TODAY, I READ YOUR LIFE STORY 11:11」が出来上がるそのプロセスを、唯一の光を探し出すために漆黒の闇に身を投じる様子になぞらえる。「一羽のカラスが、きらびやかな宝石を探し出すために深い森の中に飛び込んで行くみたいに、私は真実を探し出すため真っ暗闇の中に入っていかざるを得なかったの」このシングルはそのトーンを、Quantaシリーズ全体に通底している、ヒロインの自己発見の旅、トラウマの克服といったテーマと同じくする。二曲目の「SEGMENT & THE LINE」は一貫性の無さ、それに私達の行動によって起こる出来事、直面する現実問題をテーマとしている。

https://twitter.com/KARYYNmusic

https://www.facebook.com/karyyn1111/

https://www.instagram.com/karyyn_music/

www.mute.com



大物新人ラウヴ 、まとめ。Lauv、待望のジャパン・ツアーが決定! 2019年5月、東名阪で実施! ジュリア・マイケルズをフィーチャリングした ニュー・シングル「There’s No Way」も好評発売中!

—November.13.2018 11:30:47

Apple Music/iTunes Spotify Amazon Tower Records HMV

Lauv_Photos_Press 1 [Photo Cred - Elizabeth Miranda]_Low

メガヒット・シングル『I Like Me Better』のSpotify再生回数は全世界で5億回を突破! 世界的ブレイク必至のラウヴ、2019年、待望の来日ツアーが決定!

ニューヨーク出身、現在LAを拠点に活動する23才のシンガーソングライター/プロデューサー、本名アリ・レフことLauv (ラウヴ)は、 2017年リリースのシングル「I Like Me Better」が世界的大ヒットを記録(2018年現時点でSpotifyでの再生回数5億回を突 破!)。2018年3月、代官山UNITで初来日公演を果たした。初来日公演はSOLDOUTとなり、急きょ翌日に追加公演も行った。5月 には2015年のデビュー以来発売してきた全17曲収録のプレイリスト「I met you when I was 18.」が完結。9月にはジュリア・マイ ケルズをフィーチャリングしたシングル「There’s No Way」を発表し話題を呼んだ。この秋にはエド・シーランの全米スタジアム・ ツアーにサポートアクトとして同行。米・ビルボードがTwitterでの楽曲シェア回数を元に集計した、”最もブレイクが期待される新 人”チャート(Emerging Artists Chart)では13週連続1位にランクイン。ファースト・アルバムのリリースの前という段階でネクス ト・ブレイク必至の大型新人・Lauv。2019年5月、待望の来日ツアー決定!

◼︎公演概要
LAUV_twitter
DATE / VENUE / INFO
大 阪
5月28日(火) BIGCAT 後援:FM802 open 18:00 / start 19:00 ¥6,000(前売/1ドリンク別) Info. 06-6535-5569(SMASH WEST)

名古屋
5月29日(水) 名古屋 CLUB QUATTRO 主催:ZIP-FM open 18:00 / start 19:00 ¥6,000(前売/1ドリンク別) Info. 052-264-8211(名古屋クラブクアトロ)

東 京
5月30日(木) マイナビBLITZ赤坂 主催:J-WAVE open 18:00 / start 19:00
1F:スタンディング ¥6,000 / 2F:指定席 ¥7,000(前売/1ドリンク別) Info. 03-3444-6751(SMASH)

TICKET INFO
主催者先行予約 受付URL→ http://w.pia.jp/t/lauv-t/
11月14日(水)11:30~11月22日(木)22:00 *抽選制
チケット一般発売
12月1日(土)10:00~全国一斉発売
大 阪 チケットぴあ(P:133-996)・ローソン(L:53943) ・e+(pre:11/27 12:00 – 28wed 23:59) 名古屋 チケットぴあ(P:133-459)・ローソン(L:42229) ・e+(pre:11/27 12:00 – 28wed 23:59) 東 京 チケットぴあ(P:133-480)/英語販売あり・ローソン(L:73085) ・
e+(pre:11/27 12:00 – 28wed 23:59)・岩盤(ganban.net)

CREDIT
□協 力: Traffic
□お問合せ: 03-3444-6751(SMASH)smash-jpn.com
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◼︎「There’s No Way (feat. Julia Michaels)」ライヴ映像

Lauvは、米TVのThe Late Show with Stephen Colbertでジュリア・マイケルズをフィーチャーした最新シングル「There’s No Way (feat. Julia Michaels)」を披露し、そのライヴ映像が公開されている。

◼︎ 「There’s No Way (feat. Julia Michaels)」ストリーミング
[YouTube] https://lauv.lnk.to/theresnowayvid
[Apple Music/ iTunes] https://apple.co/2QZ2YEw
[Spotify] https://spoti.fi/2OXyZM8

全世界で5億回再生を突破したメガ・ヒット・シングル「I Like Me Better」

大ヒット・シングル「Chasing Fire」のアビーロード・スタジオで収録された弾き語りヴァージョン

『I met you when I was 18.』  詳細CLICK!
デビューから全17曲をまとめたヒット曲満載のプレイリスト『I met you when I was 18.』が遂に完結!
Lauv - Playlist Cover
ラウヴが2015年のデビューから約3年に渡り発売してきた曲のプレイリスト『I met you when I was 18.』が、「Never Not」と「Enemies」の新曲2曲の発売もって完結することとなった。本プレイリストは、今年3月に発売されすでに3億回再生を記録している「Chasing Fire」、全世界で5億回再生を記録した大ヒット・シングル「I Like Me Better」、デビューのきっかけとなった「The Other」など全17曲で構成されている。 詳細はこちら。

VIDEOS  詳細CLICK!
Music Videoやライヴ映像の一覧、インタビュー映像など。詳細はこちら。

露出情報 CLICK!
インタビュー記事など。  詳細はこちら。
Lauv_billboard

来日公演 CLICK!
 詳細はこちら。

NY出身LAを拠点に活動する23才のシンガーソングライター/プロデューサーのラウヴ、自身の楽曲制作のみならず、最近発売されたDJスネイク「A Different Way (feat. Lauv)」へのヴォーカル参加、ゴールドディスクを獲得したチャーリーXCX「Boys」への楽曲提供など、その旺盛な制作活動と才能はとどまることを知らない。

ラウヴは、ニューヨーク出身、現在はLAを拠点に活動する23才のシンガーソングライター/プロデューサー。ニューヨーク大学在学中の2015年にシングル「The Ohter」が大ヒット、今年発売したニュー・シングル「I Like Me Better」は、Spotifyでグローバル ・チャート(全世界のランキング)でTop50に入り、アーティストとしても総再生回数がTop100にランクインしている。またアーティストへの楽曲提供も行っており 、ピッチフォークのベスト・ニュー・トラックにも選ばれたチャーリーXCXの「Boys」(ゴールド・ディスク獲得)や、全米シングル・チャートでトップ10ヒットを記録したチート・コーズの「No Promises (feat.Demi Lavato)」にも楽曲提供をしている。

ラウヴはソングライティングに関して次のように語っている。「以前は、自分が一体何者なのかっていう感覚がなかったんだ。自分が何者なのかわからないままに人生を過ごしてしまうようにね。だけど、大学2年生の時、ポール・サイモンのインタビュー記事を読んでいたら、”ソングライティングのアプローチとは、隠している感情をさらけ出す過程である”、ということが述べられていて、それを読んだ時に、何か自分に強い感情が湧き上がってきたんだ。それがきっかけとなって “自分に正直に向き合い曲作りをすることにフォーカスする” というこをと主眼にソングライティングに取り組むようになった」彼はそれ以降、「The Other」(2015年)をはじめとして大きな支持を集めるようになった。

◼︎商品概要(CD)
Lauv_I_Like_Me_Better_EP_small
・アーティスト:ラウヴ (Lauv)
・タイトル: ラウヴ EP:ジャパン・エディション (Lauv)
・発売日:2017年10月25日(水)
・価格: 1,200円(税抜)
・品番: TRCP-223
・JAN: 4571260587229
・日本独自企画盤
・歌詞対訳付

[Tracklist]

1. I Like Me Better (リード・トラック)
2. Easy Love
3. The Other
4. Reforget
5. Breathe

Apple Music/iTunes Spotify Amazon Tower Records HMV

◼︎バイオグラフィー
Lauv(ラウヴ)は、ニューヨーク出身、現在LAを拠点に活動する23才のシンガーソングライター/プロデューサー。Lauvの由来は、母親がラトビア系であり、彼が獅子座ということもあり、ラトビア語のライオン「Lauva」の最後のaを抜いてLauvと名付けた。本名:アリ・レフ(Ari Leff)。ラウヴの名前を知らしめるきっかけとなったのは、彼がニューヨーク大学在籍時に発売したシングル「The Other」。そしてその後発売されたしたシングル「I Like Me Better」は世界的大ヒットを記録した。またチャーリーXCXの「Boys」(ゴールド・ディスク獲得)など、アーティストへの楽曲提供も行っている。2017年秋にはエド・シーラン来日公演のオープニング・アクトの出演が予定されていたが、エド・シーランのケガにより来日公演が延期となり、ラウヴの来日は中止となった。デビューEP『ラウヴEP:ジャパン・エディション』を10月25日に発売。2018年3月、初の単独来日公演を代官山UNITで2回行った。同年5月、2015年のデビュー以来発売してきた全17曲からなるプレイリスト「I met you when I was 18.」が完結した。同年9月、ジュリア・マイケルズをフィーチャリングしたシングル「There’s No Way」を発売。2019年5月、ジャパン・ツアーを東名阪で開催。

www.lauvsongs.com/
www.twitter.com/lauvsongs
www.facebook.com/lauvsongs/



CANのイルミン・シュミット、ソロ・ピアノ・アルバムを12/14に発売!

—November.6.2018 00:28:49

Amazon Apple Music/iTunes Tower Records HMV Spotify smartURL

IrminSchmidt_Credit_DianeZillmer_72_Low
”ヤキ・リーベツァイト(CANのドラマー/ 2017年逝去)が嫉妬するほどのリズムを作り上げた” ― UNCUT (8⭐️)

CANのイルミン・シュミットは、ソロ・ピアノ・アルバム『5つのピアノ作品集』(原題『5 Klavierstücke』)をMUTEより12月14日(金)に発売する。

イルミン・シュミット曰く「この楽曲たちは自然な瞑想状態というか、演奏したのは一度だけでそれを同時に録音していったんだ。エディットや修正も一切しなかった。全ては、シューベルト、ジョン・ケージ、雅楽やCANなどが秘めたエモーショナルな記憶から形成された楽曲たちだね」

『5つのピアノ作品集』はガレス・ジョーンズのプロデュースにより、南フランスにあるイルミン・シュミット所有のグランドピアノ2台を使って録音された。一つはジョン・ケージ直伝のプリペアドのプレイエルのピアノを使い、もう一つのピアノは製造から100年を数えるスタンウェイのピアノであったが、それはプリペアドを施されていないものであった。何曲かはプリペアドのピアノ一本で一度きり演奏したものを録音したもので、その他は2台のピアノを使ったものであった。アンビエントなサウンドは、イルミン・シュミットのスタジオの周囲の音をその場で録音したもので、この他には一切楽器や電子的な機材は使用されていない。

作曲家として、そしてCANのメンバーの一人として、イルミン・シュミットが作曲してきた作品は100を超える。CAN以外で1ダースを超えるソロ作品や、「ゴーメンガースト」なるマーヴィン・ピークの小説をもとにしたオペラ作品を書き上げた。2015年には彼の芸術や文化への貢献からフランスにおける最高の栄誉である芸術文化勲章を授与され、2018年には「CAN- All Gates Open」が出版されたが、それは2つのパートによって構成されており、最初のセクションはロブ・ヤングによって書かれたCANのバイオグラフィー、2つめのセクションはイルミン・シュミットによるインタビューや日記を編集しコラージュしたものでまとめられている。

イルミン・シュミットによるこの作品は、この秋に行われるブラウンシュヴァイク国際映画フェスティヴァルの大きな部分を占める。またそこでは彼が作った映画音楽作品の回顧展などのイベントも行われる。またグレゴール・シュレンバッハとコラボして書いたオーケストラ用の2つの新作も披露される予定だ。一つは「CAN Dialog」なる2017年のバービカンで披露されたCANをモチーフにした作品、それと「Filmmusiken」というイルミン・シュミットのサウンドトラック数作品のオーケストレーションである。彼は11月に行われるこの映画フェスティヴァルで、ブラウンシュヴァイク州立交響楽団を指揮して「Filmmusiken」の初披露を行う予定だ。そして、ロンドン以外の地では初めて「CAN Dialog」が披露されることとなる。

今年の終盤にはベルリンのフォルクスビューネでCANの作品に敬意を評してこの2作品の演奏が行われる予定で、彼がバベルスベルグ・ドイツ・フィルム・オーケストラを指揮する。それに続いてヨッヘン・アルバイト(アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン)によるキュレーションのもとCANのトリビュート・コンサートが行われる予定。またベルリンのバビロン・シネマではシュミットの映画音楽作品の回顧展とQ&Aセッションが一週間を通して行われる。

CANは、昨年シングル23曲を収録したアルバム『ザ・シングルズ』を発売した。この作品は、「Halleluwah」「Vitamin C」や「I Want More」といった有名な曲から、あまり一般には浸透してない作品まで、また超レアなシングル曲「Silent Night」や「Turtles Have Short Legs」まで収録されている。全ての楽曲が当時リリースされたシングル・ヴァージョンで収録されている。

◼︎商品概要
IrminSchmidt_5Klavierstuecke front_Low
・アーティスト:イルミン・シュミット(Irmin Schmidt)
・タイトル: 5つのピアノ作品集 (5 Klavierstücke)
・発売日:12月14日 (金)
・定価:2,300円(税抜)
・品番:TRCP-236 / JAN:4571260588318
・解説:松山晋也

[Tracklist] 1. Klavierstück I
2. Klavierstück II
3. Klavierstück III
4. Klavierstück IV
5. Klavierstück V

Amazon Apple Music/iTunes Spotify smartURL

◼︎バイオグラフィー
1937年ベルリン生まれ。現代音楽の巨匠カールハインツ・シュトックハウゼンの元で学ぶ。1968年CANを結成し、ロック、現代音楽、ジャズと20世紀に起こった3つの音楽現象を全部一緒にしたらどうなるのか、という革新的な試みによって制作された作品の数々は、その後に起こったパンク、オルタナティヴ、エレクトロニックといったほぼど全ての音楽ムーヴメントに大きな影響を与え続けている。バンド解散後も、ソロ作品の発売・演奏、映画のサウンドトラック、オペラ作品、オーケストラの指揮など様々な旺盛な活動を続けている。

www.mute.com
http://www.spoonrecords.com/