TOYOMU、世界に衝撃を与えたカニエ・ウェスト妄想作から2年、 ついにデビュー作を10/26に発売❗️先行シングル公開❗️

—September.7.2018 12:24:09


Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

TOYOMU logo_black
世界に衝撃を与えたカニエ・ウェスト妄想作から2年、TOYOMUはデビュー・アルバム『TOYOMU』を10月26日に発売する。そして早速、本日先行シングル「MABOROSHI」の音源を公開した。このシングルは、京都のわらべ唄「丸竹夷二押御池」(まるたけえびすにおしおいけ)(*) を大胆にサンプリングした曲で、代々伝承されてきたわらべ唄の持つ叙情性と、パイオニア・スピリッツ溢れるTOYOMUのビート・ミュージックがクロスオーヴァーした革新的なナンバーだ。

◼︎先行シングル「MABOROSHI」(Official Audio)リンク

シングル「MABOROSHI」についてTOYOMUは次のように語っている。
「全てには大きな流れがあること、そして人の心の中には魂があること。抗いさえしなければいい、と思いました。ぼくの頭ではわかりません。魂(ソウル)のゆくえだけが知っています」

「川を眺めているのが好きなんです。川に入ることもあります…水の流れは教えてくれます。あの冷たい流れに包まれる感じ、体がフワッとするような衝動的感覚!さぁみなさんもご一緒に!」京都の山のふもとで川を眺めたり時々入ったり… このスピード社会において、どこまでも自分のペースで制作を続け、先行シングルに象徴されるような真に独創的な全10曲からなるデビュー・アルバム『TOYOMU』を完成させた。

「情熱はメラメラと、燃えさかる炎。純な心はキラキラと、えもいわれぬ銀河。子供達はいつでも知ってる、踊ってる。混じり合ったら、できました。『TOYOMU』で知って、踊って、ね!」

今後、ものすごい自信作と本人が豪語するシングル「MABOROSHI」のミュージック・ビデオなど次々と情報を公開していく予定だ。是非TOYOMUのオフィシャル・サイトでチェック!乞うご期待!

twitter.com/_toyomu_
instagram.com/_toyomu_/
facebook.com/toyomu.kyoto/

*古くから伝わる京都のわらべ唄。平安京の条坊制により碁盤の目のように通りがある京都中心部、その東西の通り名の唄。30近くの通り名が歌詞に編み込まれている。本シングルに使用した音源は、あいりす児童合唱団による演奏。

◼︎商品概要
TOYOMU_packshot_Low
・アーティスト:TOYOMU (TOYOMU)
・タイトル:『TOYOMU』(『TOYOMU』)
・発売日:2018年10月26日(金)
・定価:2,300円(税抜)
・品番:TRCP-250 / JAN: 4571260588059

Tracklist
1. 気球大爆破!
2. ファルソ
3. MABROROSHI (先行シングル)
4. 狐の嫁入り
5. 空飛ぶトヨモイド
6. 逆立ちパルムドール
7. ウランに首ったけ
8. 監獄ロック
9. もぐら慕情
10. ジャパニーズ・アンドロメダ

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

◼︎プロフィール
京都在住のアーティスト・プロデューサー。1990年、京都生まれ。
聴けないならいっそのこと自分で作ってしまおう。カニエ・ウェストの新作を日本では聴くことができなかった2016年3月、カニエ・ウェストの新作を妄想で作り上げ、それにビルボード、ピッチフォーク、BBC、FACTなど世界中の有力力メディアが飛びつき、その発想の斬新さのみならず作品内容が高く評価された。2016年11月23日、デビューEP『ZEKKEI』をリリース。2018年10月、デビュー・アルバム『TOYOMU』をリリース。



Lauv、ファンからインスパイアを受けて制作された ニュー・シングル「SUPERHERO」をリリース!

—August.31.2018 02:17:13

Lauv_Superhero credit Sam Fisher_Low

Lauv(ラウヴ)は、ツアー中にファンから寄せられたメッセージにインスパイアされて制作されたニュー・シングル「SUPERHERO」をリリースした。

◼︎ニュー・シングル「SUPERHERO」
COVER ART - Superhero

mybluethoughts
今年のワールド・ツアーの際、Lauvはファンが何かコメントを書いて投稿出来るようにコンサート会場に「The Blue Thoughts Box」という箱と紙を用意していた。
ツアーが終わり、沢山の投稿の中から「I met a superhero. I lost her. I want her back.」(わたしはスーパーヒーローに会った/ 彼女失ってしまった / 戻ってきてほしい)という投稿を見つけたLauvは、その投稿に強くスパイアされすぐさま曲を作り始めた。
しかし曲は作ってみたものの、このメッセージを書いてくれたファンが誰なのか分からないことが問題だった。彼はスタッフと共に必死になってこのファンを探し出し、ついにコンタクトに成功。Lauvはそのファンを電話で話し、曲は完成したのだった。彼の名前は、Martin。ドイツからボストンに住むガールフレンドを訪れていたが、その時既に3年間にわたる遠距離恋愛は終わりを告げようとしていた。Lauvのコンサートで、孤独を感じた彼はそのメッセージを投稿したのだった。



MUTE、創立40周年を機に”MUTE 4.0 (1978 > TOMORROW)”プロジェクトを発表!

—August.17.2018 13:35:06

MUTE4.0_V3

世界の音楽シーンに多大な影響を与え続けているイギリスのインディペンデント・レーベルMUTEとその創始者ダニエル・ミラーは、決して過去を振り向かない。このレーベルは常に、その多岐に渡る所属アーティストのことに集中してレーベル運営を行なっており、これまで一度もそのレーベル本体に限った施策を行うことはなかった。そして、このMUTE 4.0 (1978 > TOMORROW)でもその姿勢を崩すことはない。

1978年、ダニエル・ミラーがORG700SとTEACの4トラック・レコーダーで制作したザ・ノーマル名義の「T.V.O.D. / I Warm Leatherette」を発売するにあたり、ロンドンにある自宅の一室でMUTEレーベルを立ち上げたことから始まった。それから40年経ったことを確認しながらも、このレーベルが目を向けるのはこれからの未来に関してであり、来たるべき明日に向けて脇目を振らず歩みを続けていくのである。このプロジェクトの第一弾は以下の通りとなり、また今後も次々に発表していく予定だ。

◼︎MUTE 4.0 (1978 > TOMORROW) 第一弾概要
1) ロンドンのラフ・トレード・イーストをジャック(10/13)
クリス・カーター(スロッビング・グリッスル)、ア・サートゥン・レシオなどが終日パフォーマンスを行う。
詳細はこちら。

2) イギリスのフェスSEA CHANGE FESTIVAL(8/24-25)でのレーベル・イベント
コージー・ファニ・トッティ(スロッビング・グリッスル)、ダモ鈴木(CAN)などがレーベル・イベントに登場する。
詳細はこちら。

3) リミテッド・エディションの発売
MUTEが初めてサインしたアーティスト、ファド・ガジェットのデビュー・アルバムや、ヤズーの4枚組ボックス・セット、マーティン・ゴアとヴィンス・クラースのユニットVCMG『Ssss』、ア・サートゥン・レシオの『ACR:SET』(新曲2曲追加収録)など多くのリミテッド・エディションを発売する予定だ。
詳細はこちら。

4) MUTE SYNTH 4.0
MUTEが発売してきたアナログ・シンセUTE SYNTHの最新型の発売。詳細は近日中に発表。

◼︎MUTEレーベル
1978年の設立以来、このレーベルはミラーの自宅の一室での運営から世界的な存在へと大きな飛躍を果たし、現在では最近復活を果たしたNovaMuteやMute Song(音楽出版)、Noviation(ライヴ・エージェント)それにMute Managementなどの部門を抱え、オフィスをロンドンとニューヨークに置いて活動している。
商業的に強力な作品を送り出す一方、MUTEには常にアーティスティックな自由度の高さ、クリエイティヴな挑戦を支えるスピリットが存在する。MUTEはこれまでデペッシュ・モード、ニュー・オーダー、スワンズ、スロッビング・グリッスル、ゴールドフラップ、イレイジャー、ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズ、ベン・フロスト、ライアーズ、イルミン・シュミットそれにCANなど実に多岐に渡るアーティスト達を育成しともに活動を続け、そして成長し続けている。

www.mute.com
https://twitter.com/MuteUK
https://www.facebook.com/muterecords/
https://www.instagram.com/muterecords/