CANのホルガー・シューカイ逝去。

—September.7.2017 13:32:53

Holger 1

ホルガー・シューカイ逝去に関するバンドからのステートメントです。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

ホルガー・シューカイ 1938年3月24日ー2017年9月5日
誠に残念ではありますが、昨日ホルガーが、古くはCANのスタジオであったヴァイラースヴィストにある彼の自宅にて静かに息を引き取りました。彼の妻であるU-Sheが他界してからまだ数週間しか経っていない中での報せでした。ホルガーは最愛のパートナーを失って意気消沈していましたが、前向きな心で音楽制作に取組もうとしていた矢先のことだったのです。彼が亡くなったことは非常にショックで仕方がありません。葬儀に関してはわかり次第またお伝えしたいと思います。

C 84 _ P 4 Farbportrait Holger

ele-kingによる追悼文はこちらより。

CAN関連の情報はこちらより。



ライアーズ、新作『TFCF』収録曲のミュージック・ビデオを公開!

—August.30.2017 00:00:29

amazon iTunes/Apple Music Tower Records HMV Spotify

現代最強のエクスペリメンタル・バンド ライアーズは8枚目となるニュー・アルバム『TFCF』を8月25日にリリースし、その新作から「Cred Woes」のミュージック・ビデオを公開した。

アルバムの制作は、アンガス・アンドリューが生まれ育ったオーストラリアで行われた。シドニーから離れた場所で、車もなく、あるのは雨水と浄化槽だけという国立公園の中で。前作までレコーディングしてきたブルックリン、ベルリン、LAといった騒々しい大都市と比べると、全く逆の環境で新作『TFCF』が制作されたのである。

ライアーズは、2001年の破天荒なポスト・パンクのデビュー作から狂気的なエレクトロ作となった前作『Mess』(2015年)まで、一貫して作品ごとに全く違ったコンセプトでアルバムをリリースし、そのいずれの作品も高い評価を獲得してきた。
新作では、人里離れ隔離された環境で、これまで封印してきたサンプラーの多用とアコースティック・ギターを大胆に取り入れることに没頭した。「これまでトライしてこなかったこと、トライできたかもしれないけどやってこなかったことをやり遂げたんだ」とアンガス。

「僕が気に入ってるのは、全くもって未知の世界に入って行く、その感覚なんだ。自分で出来るとわかっていて、それでものを作るってことになんの意味があるのか?っていう。僕のゴール、それは夜通し眠れないくらい心躍る気持ちでクリエイティヴな判断をして行くってことなんだ」— アンガス・アンドリュー

Liars - TFCF 1 Zen Sekizawa_landscape_72dpiweb

新作のサウンド、制作環境、コンセプトが見事に融合したショート・フィルムがライアーズのYouTubeサイトにて随時アップされている。

ele-king アルバム・レビュー
スクリーンショット 2017-08-25 17.17.19

◼︎商品概要
Liars_TFCF_J写_small
・アーティスト:ライアーズ (Liars)
・タイトル: TFCF (TFCF)
・発売日:2017年8月25日(金)
・価格: 2,200円(税抜)
・品番: TRCP-215
・JAN: 4571260587007
・ボーナス・トラック収録
・海外プレスリリース訳 / 歌詞対訳付

[Tracklist] 1. The Grand Delusional
2. Cliché Suite
3. Staring At Zero
4. No Help Pamphlet
5. Face To Face With My Face
6. Emblems of Another Story
7. No Tree No Branch
8. Cred Woes
9. Coins In My Caged Fist
10. Ripe Ripe Rot
11. Crying Fountain
12. Fountain and Repeat (ボーナス・トラック)

amazon iTunes/Apple Music Tower Records HMV Spotify

◼︎バイオグラフィー
2000年にNYブルックリンで結成。現在はメンバー:アンガス・アンドリュー(Angus Andrew)のソロ・プロジェクト。2001年には1stアルバム『They Threw Us All in a Trench and Stuck a Monument on Top』をリリースし、ヤー・ヤー・ヤーズ等と共にポスト・パンク新世代の旗手として2000年代のブルックリン・シーンを牽引。2003年、ヤー・ヤー・ヤーズとのカップリング・ツアーで初来日公演を行う。2004年, 2ndアルバム『They Were Wrong, So We Drowned』をリリース。その後ベルリンにて制作された3rdアルバム『Drum’s Not Dead』(2006年)に、4thアルバム『Liars』を2007年にリリース。そしてアート・スクール在学時に住んでいたロサンジェルスに戻り、トム・ヨークやデヴェンドラ・バンハートらがリミックスを手掛け、ピッチフォークにてBest New Musicを獲得し話題となった5thアルバム『Sisterworld』(2010年)にリリースし、翌2011年、2度目の来日公演実施。インダストリアルなダーク・ウェイヴ路線を邁進した6thアルバム『WIXIW』(2012年)、狂気的なエレクトロ作の7thアルバム『Mess』(2014年)リリース。アーロン・ヘムフィルとジュリアン・グロスがバンドを脱退。8thアルバムとなる最新作『TFCF』はアンガス・アンドリューの生まれ故郷のオーストラリアで制作された。



Traffic サマーセール開催! 全100タイトル 40%オフ! ニュー・オーダー、コートニー・バーネット、キャバレー・ヴォルテール、スワンズ、スリーター・キニー等の限定ボックスや、MUTE, サブ・ポップ、Kitsuneなど人気レーベル商品がいっぱい!

—July.9.2017 17:41:04

Traffic store_summer sale 2017_large-01

ご購入サイトはこちら。
Traffic-Store-logo

《全100タイトル・リスト》   
summer sales リストA3-01