ライバッハ、歴史的な米朝首脳会談の開催を記念し、朝鮮民謡「アリラン」のカヴァー曲を発表。 ドキュメンタリー映画『北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ』は、7/14より公開。

—June.12.2018 18:00:24

Laibach_NorthKorea_CreditJoerund F Pedersen_7488_Low
ライバッハは、シンガポールで行われた米朝首脳会談を記念して、朝鮮民謡「アリラン」のカヴァー曲を発表した。

ライバッハと北朝鮮の関係は、2015年8月15日の北朝鮮「祖国解放記念日」に、北朝鮮政府がライバッハを招待したことから始まる。1980年にスロベニア(旧ユーゴスラビア)で結成して以来35年、革新的な表現活動を行ってきたインダストリアル・ロック・バンドが北朝鮮の大切な記念行事に招待されたことは、それも初めて招待した外国のミュージシャンが彼らだということは、世界中に衝撃をあたえた。

ライバッハによる「アリラン」のカヴァー曲は、朝鮮民謡「アリラン」と、北朝鮮で広く親しまれている「行こう白頭山へ」を融合させたもので、平壌クム・ソン音楽学校のコーラス隊が参加している。後に、彼らは南北統一を祈願して、韓国の全州でもコンサートを行い、北朝鮮と韓国の両国で演奏した最初のバンドとなった。

Laibach_NorthKorea_Credit_Tomislav Gangl_Low

またライバッハが北朝鮮で奇跡のコンサートを行うまでの悪戦苦闘の1週間を追ったドキュメンタリー映画『北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ』が、7月14日よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開する運びとなっている。彼らが所属するMUTEレーベルの創始者ダニエル・ミラーも北朝鮮ツアーに同行し映画に出演している。

「ユーモラスで異形、示唆に富みながら時折現実を超えた社会主義の世界へどっぷりと入り込んでいく」— MOJO

映画公式HP http://kitachousen-rock.espace-sarou.com/

今から35年以上前、当時ユーゴスラビアの工業の町トルボヴリェで結成して以来、ライバッハは今でも中央や東ヨーロッパ旧社会主義国出身としては、世界的に最も評価の高いバンドである。ユーゴスラビア建国の父チトーが亡くなったその年に結成され、ユーゴスラビアが自己崩壊へと舵を切るのと時を同じくしてその名を知られるようになる。ライバッハは聴くものを考えさせ、ダンスさせ、行動を呼びかける。

◼︎最新アルバム『Also Sprach Zarathustra』(2017年)
5414939963056
Apple Music/iTunes Spotify

www.laibach.org
www.mute.com



ゴールドフラップ、デイヴ・ガーン(デペッシュ・モード)をフィーチャリングした ミュージック・ビデオ「Ocean (feat. Dave Gahan)」を公開! 最新オリジナル作『シルヴァー・アイ』(2017年)のデラックス・エディション(7/6発売)に収録。

—June.7.2018 00:20:46

Apple Music/iTunes Spotify

ゴールドフラップは、デペッシュ・モードのデイヴ・ガーンをフィーチャンリングした「Ocean (feat. Dave Gahan)」のミュージック・ビデオを公開した。
デイヴ・ガーンのヴォーカルが全面的にフィーチャーされたこの曲は、最新オリジナル・アルバム『シルヴァー・アイ』(2017年/全英チャート6位)に収録されている「Ocean」の新ヴァージョンで、7月6日に発売される『シルヴァー・アイ』のデラックス・エディションに収録される。
このビデオは、デペッシュ・モードがワールド・ツアーでマドリードに滞在していた際に撮影され、ゴールドフラップのアリソン・ゴールドフラップ(Vo)が監督し完成された。

◼︎商品概要
5414940017212_web
・タイトル:『Silver Eye (Deluxe Edition)』
詳細はこちら。
*日本ではデジタル配信のみの発売。

◼︎バイオグラフィー
ボーカルのアリソン・ゴールドフラップとコンポーサーのウィル・グレゴリーのイギリスを代表する男女ユニット。
1stアルバム「フェルト・マウンテン」(2000年)がイギリスで大ヒットを記録。ポーティスヘッドの再来と評されマーキュリー・プライズにノミネートされた。2ndアルバム「ブラック・チェリー」(2002年)は、ビート・エレクトリックな作品となり、ブリット・アォードにノミネートされた。3rdアルバム『スーパーネイチャー』(2005年)は、ヨーロッパのみならず、アメリカでもヒット。マドンナが「今一番注目しているアーティスト」と発言するなど、世界的にその地位を獲得した。5thアルバム『ヘッド・ファースト』のシングル2曲が、全米ダンス・チャートで1位を獲得し、グラミー賞2部門にもノミネートされた。またレディ・ガガはリミックス・アルバム『ボーン・ディス・ウェイ ザ・リミックス』(2011年)にゴールドフラップを起用した。6thアルバム『テイルズ・オヴ・アス』(2013年)は、英国フォークを基調に、ブリストルで2年間に渡り制作された。全英チャート4位。2017年3月、7枚目のニュー・アルバム『シルヴァー・アイ』をリリース。共同プロデューサーにザ・ハクサン・クロークとジョン・コングルトンを起用し、全英チャート6位を記録。
2018年7月、デイヴ・ガーン(デペッシュ・モード)をフィーチャリングした曲などを収録した最新作『シルヴァー・アイ』のデラックス・エディションを発売。

◼︎最新オリジナル・アルバム​『シルヴァー・アイ』(2017年)発売中
Goldfrapp J写_small
TRCP-210/ 2,200円(税抜)
詳細はこちら。

www.goldfrapp.com
www.mute.com
Apple Music/iTunes Spotify



ラウヴ、ヒット曲満載のプレイリスト遂に完結!

—May.31.2018 22:00:00

Apple Music/iTunes Spotify Amazon Tower Records HMV

Lauv - Playlist Cover
ラウヴが2015年のデビューから約3年に渡り発売してきた曲のプレイリスト『I met you when I was 18.』が、新曲「Never Not」と「Enemies」の2曲の発売をもって完結することとなった。本プレイリストは、今年3月に発売されすでに3億回再生を記録している「Chasing Fire」、全世界で5億回再生を記録した大ヒット・シングル「I Like Me Better」、デビューのきっかけとなった「The Other」など全17曲で構成されている。また、アビー・ロード・スタジオで収録された弾き語りヴァージョンの「Chasing Fire – (Stripped Live in London)」も先日公開され話題となっている。

このプレイリスト『I met you when I was 18.』は様々な曲を集めたもので、一種の物語でもある。それは僕が18歳の時にニューヨークへ移住して最初に恋愛をした頃のもの。まわりの人々と深く交わるようになってから、自分なりのアイデンティを見い出そうとしていた頃の物語。
それは2015年に僕の最初の曲「The Other」を発表してから、多少順番は前後するけど、それ以降の物語。そこかしこに断片的にその時々の追憶が蘇る。
そしていまここに全ての曲が出揃った。『I met you when I was 18. 』は、アルバムという形ではないけれども、それでも僕にとっては一つの作品なんだ。
—ラウヴ

記事
⭕️ビルボード・ジャパン
【記事】「あらゆる可能性を秘めた若き天才、ラウヴによる“デビュー・プレイリスト”、その真意を読み解く内本順一氏の特別ライナーノーツを公開」 記事はこちら

⭕️Qetic
【記事】「最注目アーティスト、ラウヴ|次世代スターとして人の心を捉える理由」 記事はこちら

Lauv_Photos_Press 1 [Photo Cred - Alexandra Gavillet] _small

ラウヴのライヴ・パフォーマンスは、今年3月のソールド・アウトとなった来日公演でも証明済みのクオリティーの高さ。ヴォーカリストとしての表現力はもちろん、観客とのコール・アンド・レスポンスと共に会場を熱狂の渦に巻き込んでいくパフォーマンスは、今後のスターを大きく予感させるものだった。
今後は9月よりロンドンのKOKOをはじめとするヨーロッパでのヘッドライン・ツアーを行い、それと並行して10月に行われるエド・シーランの全米スタジアム・ツアー全8公演のオープニング・アクトをつとめることとなっている。

「I met you when I was 18.」
デビュー以来リリースしてきた曲をまとめたプレイリスト(全17曲)
Lauv - Playlist Cover
[Tracklist] 1. I Like Me Better
2. Paris In The Rain
3. Comfortable
4. Paranoid
5. The Other
6. Reforget
7. The Story Never Ends
8. Enemies
9. Come Back Home
10. Question (ft. Travis Mills)
11. Easy Love
12. Adrenaline
13. Chasing Fire
14. Breathe
15 . Bracelet
16. Getting Over You
17. Never Not
Apple Music/iTunes Spotify

「I met you when I was 18. (the extras)」
リミックスなど別ヴァージョンを集めた全14曲収録のプレイリスト「I met you when I was 18. (the extras)」も公開された。
Apple Music/iTunes Spotify

ラウヴのまとめ
デビューから今までの軌跡。Video、発売作品など。

www.lauvsongs.com/
www.twitter.com/lauvsongs
www.facebook.com/lauvsongs/
Apple Music/iTunes Spotify Amazon Tower Records HMV