フジロック出演のザ・ウォーターボーイズ、 原宿ストレンジャーズをフィーチャーした新MV「ロンドン・ミック」を公開! フジロックは1日目フィールド・オブ・ヘヴンに出演!

—July.23.2019 11:38:50

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

ロックとソウルの巨匠による最高のレッスン ★★★★ Daily Mail

心躍る美しさと想像力 ★★★★ Daily Mirror

喜びに溢れ、大胆で奇跡的 ★★★★ MOJO magazine

これは実に見事!喜びに満ち、賢明で、そして懐の深いアルバムである ★★★★ Metro

★★★★ The Independent  ★★★★ The Guardian
★★★★ Q Magazine

フジロックに出演するザ・ウォーターボーイズが最新作『ホエア・ジ・アクション・イズ』より新ミュージック・ビデオ「ロンドン・ミック」を公開した。

この曲は、ザ・クラッシュのミック・ジョーンズ(G)に捧げられたロックロール・ナンバーであり、その歌詞も含め、人の心を動かし愉快にさせるという意味で、完璧なまでにザ・クラッシュの精神を表しており、歌詞の中ではマイクとミックの個人的な出会いが形を変えて綴られている。

また、このビデオでは、原宿・代々木公園を中心に活動するロックンロール・ストリートパフォーマンスチーム、原宿ストレンジャーズが大きくフィーチャーされている。この映像は 今年の初めにマイク・スコットが東京・代々木公園で撮影したもの。代々木公園は長い間ロカビリー愛好者の間で聖地という一面も持っており、1980年代からその愛好者グループ数組が毎週日曜日ここに集まり自分たちの好きな音楽をかけながらダンスを行なっていた。

「それは寒い日だった。10名くらいのロカビリー達が日本のロックンロールの定番曲をかけながら踊っていたんだ」と語るマイク・スコット。「そこには男性と同様に女性もたくさんいて、みんなブラックレザーやブルージーンズを身に纏いパンツの後ろのポケットには赤いバンダナを垂らしながら踊っていたね。その中の数名のジャケットの背中部分に“STRANGERS”というチームの文字が大きく描かれていた。男性達はリーゼントで先の尖ったシューズを履いており、丹念にリードを取りつつ、ツイストとロカビリー・ダンスをうまく合わせ、足を大きく広げるスプリッツやジャンプ、仲間とのハイファイヴや髪をなで付ける独特の動きなどを披露する。女性達はそれらをより洗練させたスタイルで、リズムに合わせステップを踏みエレガントで慎ましやかにダンスしていた。

僕が自分の携帯で撮ったのは5分間くらいで、その場にいたジーンズスタイルの若いメンバーと一言二言話し握手したくらいだったんだけど、その後数ヶ月してその映像をバンドメンバーのスティーヴ・ウィッカムにあげたら、彼が’ロンドン・ミック’に合わせて映像を作ってきたんだ」

結果、このビデオはロックンロール、それにザ・クラッシュの持つ鬱屈した状況から放たれるパワーや情熱に対する完璧なトリビュートの役割を果たすことになった。

◼︎フジロック出演情報
出演日:7月26日(金)
ステージ:フィールド・オブ・ヘヴン
出演時間: 19:20~20:30

◼︎原宿ストレーンジャーズ
原宿・代々木公園を中心にロックンロールストリートパフォーマンスチーム。

1980年代 原宿歩行者天国時代 ロックンローラージェス山中氏により立ち上げられた。
2017年3月には、パリコレロンチパーティでのパフォーマンス、アップルビーツCM、世界各国旅行会社のウェブCM、TBS系列あさチャン!収録 ジャックダニエルCM撮影。2018年 ニューヨークタイムス特集取材。テレビ東京 『YOUは何しに日本へ?』 取材。様々な分野で活躍中。
日本独自に発展させた、ロックンロールカルチャーを代表するチームの1つとして海外から注目されている。

◼︎公開済みビデオ
「ホエア・ジ・アクション・イズ」(Where The Action Is )

渋谷のスクランブル交差点界隈で撮影されたタイトル・トラックの日本語字幕付きミュージック・ビデオを公開した。このビデオは、「流行に敏感な皆様!市井の思想家の皆様!そして最高にイカした紳士淑女の皆様!」というアナウンス(*)から始まり、「リアルを感じる場所に行こう」と渋谷のど真ん中からマイク・スコットが歌い出す本作を代表するロックンロール・ナンバーだ。またこの曲は、1960年代のモッズ/ノーザン・ソウル・シーンのクラシック・ナンバーであるロバート・パーカーの『Let’s Go Baby (Where The Action Is)』のコーラスからインスパイアされ、ロック界きってのリリシストであるマイク・スコットの歌詞が加えられ、盟友スティーヴ・ウィッカムがフィドルでソロを奏でている。

*ロード・バックリー(1940年代~1950年代に活躍した伝説的コメディアン)によるアナウンス。

「ラドブローク・グローヴ」 (Ladbroke Grove Symphony)

本作は、実に多様な魅力を兼ね備え、素晴らしい詞とメロディを持ち、冒険心に富み、音楽的に実に素晴らしい作品である。従来のウォーターボーイズ・ファンはもとより最近彼らを聴き始めたようなリスナーでも一聴しただけで興奮するような、そんな傑作である。また日本盤CDには、ボーナス・トラックとして「代々木公園にて」と「下北が好きです」の2曲が収録される。

ザ・ウォーターボーイズを率いるマイク・スコットは、40年に渡り英国を代表するソングライターとして活動を続け、プリンスはかつて彼らの代表曲「The Whole Of The Moon」を2種類のサウンドアレンジでカバー、またロッド・スチュワート、スティーヴ・アールズ、エリー・ゴールディング等にもカヴァーされるなど、その卓越したソングライティング、ライヴ・パフォーマンスは高い評価を得てきた。

◼︎商品概要
Waterboys_WhereTheActionIs_Low
アーティスト:ザ・ウォーターボーイズ (The Waterboys)
タイトル: ホエア・ジ・アクション・イズ (Where The Action Is)
発売日:2019年5月24日(金)
品番:TRCP-242/ JAN: 4571260588950
定価:2,400円(税抜)
ボーナストラック:2曲収録/解説:新谷洋子/歌詞対訳付

tracklist:
1. Where The Action Is
2. London Mick
3. Out Of All This Blue
4. Right Side Of Heartbreak (Wrong Side Of Love)
5. In My Time On Earth
6. Ladbroke Grove Symphony
7. Take Me There I Will Follow You
8. And There’s Love
9. Then She Made The Lasses-O
10. Piper At The Gates Of Dawn
11. 代々木公園にて (In Yoyogi Park) *
12. 下北が好きです(Shimokita Ga Suki Desu)*

*ボーナス・トラック

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

◼︎ザ・ウォーターボーイズ
1983年、英スコットランド・エジンバラ出身のマイク・スコットを中心に結成。バンド名はルー・リードの曲の歌詞から名付けられる。NYパンク、ニュー・ウェーヴの初期、その後の3rdアルバム『ディス・イズ・ザ・シー』では、ロックにケルティック・フォーク、アイルランド伝統音楽、プログレ、カントリー、ゴスペルなどを取り込んだ音楽性と、マイク・スコットの文学性豊かな歌詞が融合して高い評価を獲得、シングル「The Whole Of The Moon」は彼らの代表曲であるばかりでなく、プリンスがカヴァーしたり、U2の2017年のワールド・ツアーの導入歌として使用されるなどロック界の名曲のひとつ。1988年、アイルランドに移住して制作された4thアルバム『Fisherman’s Blues』は、アイリッシュ・トラッドを大胆に取り入れた作品となり、大ヒットを記録。90年代はマイク・スコットは主にソロ活動を中心に行う。2000年代よりバンドとして、アルバムのリリース、ワールド・ツアーを精力的に行う。2014年にフジロックフェスティバルで初来日を果たし、2015年には単独初来日公演を行う。2019年5月、2年ぶりのニュー・アルバム『ホエア・ジ・アクション・イズ』を発売。同年フジロックフェスティバル出演。



MUTEレーベル設立40周年メイン企画! ジョン・ケージの歴史的作品「4分33秒」を独自解釈した全58曲収録の『STUMM433』を10/4に発売!

—July.23.2019 00:00:18

Mute Bank Apple Music/iTunes Spotify smartURL

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
MUTEレーベル設立40周年企画のメイン・プロジェクト詳細発表!
ジョン・ケージの歴史的作品「4分33秒」を独自解釈した全58曲収録の『STUMM433』を10/4に発売!
ニュー・オーダー、デペッシュ・モードなどMUTE関連アーティストが参加!
MUTE創始者のダニエル・ミラー伝説のソロ・プロジェクト、ザ・ノーマルの「4分33秒」が本日公開!
『STUMM433』予約開始!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

STUMM433_artwork

「私たちがどこにいようとも、聞こえてくるのはほとんどがノイズなんだ」―ジョン・ケージ

MUTEは、レーベル設立40周年企画「MUTE 4.0 (1978 > TOMORROW) シリーズ」のメイン・プロジェクト『STUMM433』(10月4日発売)の詳細を発表した。

プロジェクトの内容は、全てのアーティストがそれぞれ一つの楽曲を独自の解釈を持って披露するというもの。その一曲とはジョン・ケージの歴史的な一曲、「4分33秒」である。「4分33秒」は現代音楽の中でも最も重要な作品の一つとされている。発表されたのは1952年で、この曲はあらゆる楽器、もしくはあらゆる楽器構成で披露することができる作品である。というのもこの曲の譜面は、一人の奏者、もしくは奏者達が演奏時間内(4分33秒)に一切自分の楽器を演奏しないことを記している。初披露された時はもとより、今でも挑戦的で前代未聞とされるこの作品は、静寂、サウンド、作曲、そして聞くという一般概念を完璧なまでに変えてしまったのだ。

レーベル創始者ダニエル・ミラーのプロジェクトでありレーベル第一弾アーティストのザ・ノーマルから、ニュー・オーダー、デペッシュ・モード、そして最新アーティストK Á R Y Y N(カーリーン)に至るまで、まさに過去・現在・未来の58組のアーティストがこのプロジェクトに作品を提供した。

『STUMM433』は、ボックス・セットとして、MUTEレーベルの通販サイトのみで販売され、LPはダニエル・ミラーのサイン入り限定盤として、CDは5枚組として販売される。またデジタル配信(ダウンロード、ストリーミング)は日本の各サイトより購入可能であり、本日より予約が開始された。

◼︎『STUMM433』
・タイトル:『STUMM433』
・発売日:2019年10月4日
・ボックス・セット(LP, CD):MUTEレーベル通販サイト Mute Bankのみで販売
・デジタル配信(ダウンロード、ストリーミング):日本の各配信サイト
Mute Bank Apple Music/iTunes Spotify smartURL

DanielMiller_Credit_DianeZillmer_LOW
ダニエル・ミラー(レーベル創始者)はこのプロジェクトに関して次のように語っている。「ジョン・ケージの ‘4分33秒’ は自分の音楽人生の中で長い間、重要で刺激を受けた楽曲としてずっと存在していたんだ。MUTEのアーティスト達がこの曲を独自の解釈でそれぞれやったらどうなんだろう?というアイデアは、実はサイモン・フィッシャー・ターナーと話してるときに浮かんだんだよ。私は即座に、これをMUTEのレーベル40周年を記念する”MUTE 4.0 (1978 > TOMORROW) シリーズ”でやったら完璧じゃないか、と思ったんだよ」

ダニエル・ミラーは、自身のソロ・プロジェクト、ザ・ノーマルの7インチ・シングル『T.V.O.D.’ / ‘Warm Leatherette』を発売するためにMUTEレーベルを1978年に創設した。ザ・ノーマル名義の「4分33秒」は、その7インチ以来、実に41年ぶりの発売となる。彼は今回の楽曲の録音をノース・ロンドンのある場所で行った。 16 Decoy Avenueという住所は、MUTEのファンにとってはレーベル発祥の地としてお馴染みの場所である。

STUMM433_TheNormal_LOW

STUMM433_SimoneGrant
◼︎サイモン・グラントのアート作品

今回、各アーティストが自身の作品とともにビジュアルも作成しており、MUTE所縁のデザイナー28名がそれぞれ「4分33秒」から発想を得たアートワークを披露している。その中の一部を紹介すると、サイモン・グラント、彼は初期MUTE作品、ザ・ノーマルやファド・ガジェット、それにデペッシュ・モード等のアートワークを担当。スティーヴ・クレイドン、Add N To (X)のメンバーでもある彼はゴールドフラップのデザインを担当し、スリム・スミス、彼は1980年代から90年代を通してMUTEと仕事を共にした。マルコム・ギャレットはヴィンス・クラークとマーティン・ウェア(ザ・クラーク・アンド・ウェア・エクスペリメント)のハウス・オブ・イラストリアスのボックス・セットのデザインを担当し、トム・ヒングストン、彼はこれまでイレイジャーと仕事を共にし、2000年台初頭よりニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッドシーズやグラインドマンのアートワークを担当している。アントン・コービン、彼は特にMUTEとの距離も近く、1980年代初頭からデペッシュ・モード、ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズ、それにファド・ガジェット等と数多くの仕事を行っている。

433 FINAL 1-01.png
ヴァイナルのボックス・セットにはキャンドルセットが付属し、そのデザインは著名なシックス・センツ・パルファンのジョセフ・クオルターナが「4分33秒」から発想を得て作成したものである。彼は古い木造の劇場の中で光る一瞬の閃光をイメージした。それはコンサートの余韻を比喩的に表したものであり、静寂の香りとは?という問いに答えたものである。

この作品から発生する純利益は英国耳鳴協会とミュージック・マインド・マターへ寄付される。この団体が選ばれた理由として、インスパイラル・カーペッツの創設メンバーでもあるクレイグ・ギルが、自身の耳鳴りの影響による心身の不安から不慮の死を遂げたことが挙げられている。このボックスセットは2019年5月にリリース予定、詳細はここ数ヶ月後にアップデートされていく。

◼︎公開済み映像
ライバッハ 「4分33秒」映像リンク

ザグレブにあるHDLU’sバット・ギャラリー・スペースで行われたインスタレーション「Chess Game For For」開催中に撮影・録音され、クロアチアのパフォーマンス・アーティストのヴラスタ・デリマーとスロヴェニア製の特製空宙ターンテーブルをフィーチャーした作品だ。

◼︎「STUMM433」参加アーティスト一覧
A Certain Ratio, A.C. Marias, ADULT., The Afghan Whigs, Alexander Balanescu, Barry Adamson, Ben Frost, Bruce Gilbert, Cabaret Voltaire, Carter Tutti Void, Chris Carter, Chris Liebing, Cold Specks, Daniel Blumberg, Depeche Mode, Duet Emmo, Echoboy, Einstürzende Neubauten, Erasure, Fad Gadget (tribute), Goldfrapp, He Said, Irmin Schmidt, Josh T. Pearson, K Á R Y Y N, Komputer, Laibach, Land Observations, Lee Ranaldo, Liars, Looper, Lost Under Heaven, Maps, Mark Stewart, Michael Gira, Mick Harvey, Miranda Sex Garden, Moby, Modey Lemon, Mountaineers, New Order, Nitzer Ebb, NON, Nonpareils, The Normal, onDeadWaves, Phew, Pink Grease, Pole, Polly Scattergood, Renegade Soundwave, Richard Hawley, ShadowParty, Silicon Teens, Simon Fisher Turner, The Warlocks, Wire, Yann Tiersen

◼︎MUTE 4.0 (1978 > TOMORROW) シリーズ

http://trafficjpn.com/news/mute40/

mute.com

Mute Bank Apple Music/iTunes Spotify smartURL



ニュー・オーダー、ライヴ盤を7/12に発売!マンチェスター 伝説の会場でのライヴ全18曲収録!

—July.2.2019 00:00:55

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

New Order 2019

それはまさしく強烈で心揺さぶられるシーンの数々であった。ニュー・オーダーがその長い歴史から過去の作品を振り返り、中には30年以上もライヴで披露することのなかった楽曲やこのバンドの運命的前身と呼ばれる
ジョイ・ディヴィジョンで圧倒的に支持された楽曲などを披露した。
Guardian *****

初期から最新作までのニュー・オーダーが眩いくらい劇的なまでに混ざり合い、完璧なバランスで主張し合った作品。
The i News

実に素晴らしい・・・強烈でアート性に溢れた仕上がり。シンセ・ストリングスと会場の雰囲気が見事に一体化し、
バンドの演奏に見事なキレと新鮮さを与えている。
Louder Than War

映像と見事にマッチした、神業とも言える音楽作品。
Manchester Evening News

ニュー・オーダーは、地元マンチェスターの伝説の会場で2017年7月に5夜に渡って行われたライヴを収録した『∑(No,12k,Lg,17Mif)』を7月12日に発売することを発表し、収録曲「Sub-culture」の音源を公開した。30年以上演奏することがなかったジョイ・ディヴィジョンの「Disorder」など、数々の名曲に新たなるアレンジを加えたスペシャルなライヴは、ガーディアン紙で5つ星を獲得するなど大絶賛を浴びた。

2017年7月、ニュー・オーダーはマンチェスターのオールド・グラナダ・スタジオのステージに再び降り立った。そこはジョイ・ディヴィジョンが、1978年にトニー・ウィルソン(ファクトリー・レコード創始者)のTV番組「So It Goes」に初出演を果たした場所であった。その記念すべきライヴ『∑(No,12k,Lg,17Mif) New Order + Liam Gillick: So it goes ..』に向けて、ニュー・オーダーは彼らの全キャリアにおける膨大な作品素材:お馴染みのものから超レアなもの、初期のものから最新作までを一旦解体し楽曲の構想を練り直し再構築して行った。

この作品にはジョイ・ディヴィジョンのアルバム『アンノウン・プレジャーズ』に収録され、ライヴでは30年以上も演奏されることがなかった「Disorder」や全英TOP5に入るなど素晴らしい評価を得た2015年の最新アルバム『ミュージック・コンプリート』収録の「Plastic」まで、まさに夢に包まれたような5日間、その完璧なドキュメントが収録されている。

このアルバムがライヴ録音されたのは2017年の7月13日、アンコールを含む全編とこの日演奏はされなかったが別日に演奏された3曲が加わり、今回のセットで演奏された全18曲がフルパックとなっている。

今回のスペシャルなライヴは、マンチェスターを象徴するオールド・グラナダ・スタジオで2017年7月に5夜にわたって行われた。また近年テート・ブリテンやNYのMoMAなどで個展を開催し活躍中のヴィジュアル・アーティスト、リアム・ギリックが映像演出でコラボレート、それにバンドの作品にもしばしば名前を見せるマンチェスター出身の作曲・編曲家、ジョー・ダデルが楽曲アレンジに参加し、ライヴにはバンドメンバーのほか、王立ノーザン音楽大学の学生による12台ものシンセサイザー・アンサンブルが加わった。

この夏、ニュー・オーダーはヨーロッパ各地のフェスティバルに出演予定。併せて10月開催のツアーが発表され、現在そのラインナップは、プラハ、ミュンヘン、ベルリン、パリ、ブリュッセルそしてアムステルダムとなっている。

◼︎商品概要
New Order_mif_LOW
アーティスト:ニュー・オーダー / New Order
タイトル:∑(No,12k,Lg,17Mif) / ∑(No,12k,Lg,17Mif) New Order + Liam Gillick: So it goes..
発売日:2019年7月12日(金)
品番:TRCP-243~244/ JAN: 4571260589032
定価:2,600円(税抜)*CD:2枚組
解説/歌詞対訳付

― Tracklist ―
CD-1
1 – Times Change (Original version on 1993’s Republic)
2- Who’s Joe (Original version on 2005’s Waiting For The Sirens’ Call)
3 – Dream Attack (Original version on 1989’s Technique)
4 – Disorder (Original version on 1979’s Unknown Pleasures)
5 – Ultraviolence (Original version on 1983’s Power, Corruption & Lies)
6 – In A Lonely Place (Original version on B-Side to 1981’s Single Ceremony)
7 – All Day Long (Original version on 1986’s Brotherhood)
8 – Shellshock (Original version featured on the 1986 soundtrack to Pretty In Pink)
9 – Guilt Is A Useless Emotion (Original version on 2005’s Waiting For The Sirens’ Call)
10 – Subculture (Original version on 1985’s Low Life)
11 – Bizarre Love Triangle (Original version on 1986’s Brotherhood)
12 – Vanishing Point (Original version on 1989’s Technique)
13 – Plastic (Original version on 2015’s Music Complete)

CD-2
1 – Your Silent Face (Original version on 1983’s Power, Corruption & Lies)
2 – Decades (Original version on 1980’s Closer)
3 – Elegia (Original version on 1985’s Low Life)
4 – Heart + Soul (Original version on 1980’s Closer) 
5 – Behind Closed Doors (Original version on B-Side To 2001’s Single Crystal) 

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV