[ Dum Dum Girls ] 海外プレスも大絶賛の新作より ブレット・イーストン・エリス脚本によるショート・フィルム完成!

—March.10.2014 15:21:11

are you okay_mv
今年1月発売され、世界中で大絶賛を浴びているニュー・アルバム『Too True』。本作収録の「Are You Okay」のショート・フィルムが完成した。このショート・フィルムは、映画化もされた小説『レス・ザン・ゼロ』等で有名な米を代表する作家のひとりブレット・イーストン・エリスが脚本を担当、リーダーのディー・ディーと米俳優シャイロ・フェルナンデスが出演し、息をのむような結末まで約11分の映像作品となっている。

■海外プレス評 
ダム・ダム・ガールズは引き続き1960年初期サウンドの真っ当な場所を探求し続けている〜ガールグループでサーフロック、それにガレージロック〜それに1980年代のポストパンク世代であるジーザス・アンド・メリーチェインやマイ・ブラディ・バレンタイン的性格を持つ。シンプルなコードにクリアなメロディ、それにストレートなコーラスの作りは、憂鬱で比喩に富んだ歌詞と軽く澄んだ感じのギターエフェクトに満たされている。コンセプトも幅広く、マカロニウェスタン的なギターのタッチのCult of Loveやニューウェーブ的Little Minx、落ち着いた感じのフォークロックであるUnder These HandsやLost Boys and Girls Clubにある無意識な重たい感じ、それにTrouble Is My Nameでの神々しいまでの落ち着いた感じが内包されている。(New York Times)
このアルバムは定番とライヴ感覚のパーフェクト・ポップなバランスで、伝統的な野心と聴く者を(曲の)3分間だけ英雄にする歌も持つ。 (MOJO)
“Rimbaud Eyes” や “Evil Blooms”などは彼女達のゴス・スタイルなタイトルにも全く恥じない作品。しかしながらPenny (Dee Dee)は今回、”Lost Boys and Girls Club”の壮大なバラードで、自身の新たなサウンドを開拓した。その曲では、さながら憂いをもったマドンナがかったジーザス・アンド・メリー・チェイン的、もしくはクリッシー・ハインド的泣きの “Are You Okay?”では歌詞にもある通り気怠さの中を彷徨っている感じで、ブラックレザーを着るだけで安心するような酔っぱらいの情けなさをも身にまとっている。(Rolling Stone)



[ Death Vessel ] 大絶賛の新作から新MVが到着!

—February.26.2014 15:28:13

Death Vessel Band Photo
ヨンシー参加等大きな話題の中、先週19日に発売された本作は非常に好調なセールスを記録しているデス・ヴェッセル、3作目となるニュー・アルバム『アイランド・インターヴァルズ』から「Mercury Dime」のMVが到着した。神秘の世界を堪能して欲しい。

US出身のアーティストでありながらも、本作はアイスランドに赴き2年にも渡る歳月を経て誕生した。 
レコーディングはアイスランドのレイキャビックにあるアレックス・ソマーズ(シガー・ロス等のプロデューサー)の 
スタジオにて行われ、ヨンシー(シガー・ロス)が共作/参加した「Ilsa Drown (featuring Jônsi) 」等収録の 
本作が制作された。出会いは、ヨンシーの全米ツアーにデス・ヴェッセルがサポーティング・アクトとして 
起用されたことがきっかけとなった。ツアーが進むにつれてお互いが友人となり、一緒に音楽制作をすることとなった。
Rolling Stone評 
「彼のソフトで少年のような声は、ある種の無垢さを以て、すべての虚飾を取り払う、 
現役ではベスト・シンガーソングライターというほかないだろう」
MOJO評 
「彼のピュアな歌声は、その高さに特徴がありながら決して歌いすぎる事もなく、その声と神秘で謎めいた世界観が、 
変わらずこのバンドの主な魅力であると言える」
【ストリーミング】

■ヨンシー共作&ヴォーカル参加曲‘ Ilsa Drown (featuring Jônsi) ‘  
ストリーミング(not the video)

■全曲ストリーミング http://p.tl/okKA



[ HEARTSREVOLUTION ] デビュー・アルバム4月2日発売! Kitsunéがお届けするディス・イズこれがバブルガム・ポップ!

—February.21.2014 15:34:05

A写_small
NY出身、子供の無邪気さと、ライオットガールの革新的精神が化学反応したモダン・ポップ・グループのアイコン、ハーツレヴォリューション。Kitsuneより遂にデビュー・アルバム発売!
【ミュージックビデオ】 
1st Single “KISS” MV ストリーミング 


「モダン・ポップ・グループのモデルそのもの!」— NME
「窓を閉めて、そしてヴォリュームを目一杯上げてハートのエンジンを全開に!」— NYLON
「まるで子供が持つ無邪気さに革新的精神を組み合わせたように実験的、バブルガムポップ的感覚にライオット・ガール的激しさをブレンドした仕上がり」—プレスリリースより
■バイオ 
ロー(Vo) / ベン(G、Key、Vo) 
NYを拠点に活動するKitsuné所属のライオット・バブルガム・ポップ・バンド。人気コンピレーション「 Kitsuné MAISON 7」収録の「薔薇と彼女の王子」はiTunesエレクトロ・シングル・チャートで1位を獲得、サマーソニック2009での大反響のパフォーマンス、昨夏のKitsune Club Nightのライヴなどデビュー前から規格外新人として大きな注目を集めている。また、キラメキ・カリスマ・シンガー、ローは音楽のみならずライフスタイル、ファッション・アイコンとしても大きな話題を集めている。彼らのモットーは「CYOA! choose your own adventure! Sign us up!!」
【作品概要】 
・アーティスト:ハーツレヴォリューション 
・タイトル:ライド・オア・ダイ 
・発売日:4月2日 
・スペシャル・プライス:2,000円(税抜)  
・品番:TRCP-155 
・日本先行発売(海外:4月15日) 
・ボーナス・トラック1曲収録 
・解説:小林祥晴 / 歌詞対訳付 
・レーベル:Kitsune
[Tracklist] 
1 Iscream Bombs 
2 Ride or Die 
3 Kishi Kaisei (2nd single) 
4 KISS (1st Single) 
5 Battleships 
6 Digital Suicide 
7 Kill Your Radio 
8 Vertigo 
9 Brillianteen 
10 Heart vs The Machine 
11 Gen wh(Y) 
12 Heaven’s Gate 
13 Final Destination Feat. Esso 
14 We Out… 
Japan bonus track 
15. KISHI KASEI (Beataucue Remix)