[ Major Lazer ] ファレル・ウィリアムス等、豪華アーティスト参加のニューEPリリース!

—February.10.2014 15:43:51

ML EP J写_large
Major Lazer 『レイザー少佐の黙示録(原題:Apocalypse Soon)』 
ダンス・ムーヴメントにおける最重要プロデューサー、ディプロによるプロジェクト、メジャー・レイザーの快進撃が止まらない!
昨年発売された2ndアルバム『フリー・ザ・ユニヴァース』が世界的ムーヴメントを巻き起こしているメジャー・レイザー、ニューEP(全5曲入)リリース!
■参加アーティスト:ファレル・ウィリアムス、ショーン・ポール、マチェル・モンターノ、RDX, Moska, Mr. Fox
■トレーラー映像 


■Aerosol Can (feat. Pharrell Williams) ストリーミング 
https://soundcloud.com/majorlazer/major-lazer-aerosol-can-feat

アーティスト:メジャー・レイザー(Major Lazer) 
タイトル:レイザー少佐の黙示録(原題:Apocalypse Soon) 
・発売日:iTunes 2月26日/国内CD 3月19日 
・定価(CD): 1,380円(税抜)  ・品番:TRCP-153 
・解説付・レーベル: MAD DECENT
[Tracklist] 1. Aerosol Can (feat. Pharrell Williams)
2. Come On To Me (feat. Sean Paul)
3. Sound Bang (feat. Machel Montano)
4. Lose Yourself (feat. RDX & Moska)
5. Dale Asi (feat. Mr. Fox)
6. Watch Out for This (Dimitri Vegas and Like Mike Tomorrowland Remix)*
*日本盤CDのみのボーナストラック

■バイオ 
M.I.A.、ノー・ダウト、アッシャー、ビヨンセ、 シャキーラ、ブルーノ・マーズ、スヌープ・ドッグ等のリミックス/プロデュース・ ワークや自身のアルバム等を通じて2000年代後半の世界的ダンス・ムーヴメントにおける最重要プロデューサーの一翼として知られるアメリカ人DJ/プロデューサー/トラックメーカー=ディプロのプロジェクト 。
Major Lazerは、ディプロが2009年に人気ビート・クリエイターのスウィッチと始動させたプロジェクト。2011年末にスウィッチが抜け、現在はザ・ジリオネア(DJ/プロデューサー)、ウォルシー・ファイアー(MC/セレクター)がメンバーとなっている。2009年にファースト・アルバム『ガンズ・ドント・キル・ピープル・レイザーズ・ドゥ』を発売した。2013年にセカンド・アルバム『フリー・ザ・ユニヴァース』をリリースし、世界中のダンス・シーンを牽引し続けている。
■関連商品 
2ndアルバム『フリー・ザ・ユニヴァース』(2013.4) 
期間限定スペシャル・プライス1,800円(税抜) 
(2014.3.19~2014.5末日まで) 
TRCP-135 
超豪華アーティスト参加:ブルーノ・マーズ、サンティゴールド、アンバー(ダーティー・プロジェクターズ)、エズラ(ヴァンパイアー・ウィークエンド)、シャギー、ワイクリフ・ジョン、ヴァイブス・カーテル、エレファント・マン、ビジー・ シグナル等



[ Death Vessel ] ヨンシー(シガー・ロス)参加で話題のデス・ヴェッセル新作。プロデューサーのアレックス・ソマーズ(シガー・ロスetc.)よりコメントが到着!

—January.21.2014 15:51:44

Death Vessel Band Photo
美メロでエモーショナル!海外プレス大絶賛! 
ジョエル・シボドーのソロ・プロジェクト、デス・ヴェッセル3枚目のニュー・アルバム。 
アコースティックを基調とした神秘的で美しい旋律とピュアなヴォーカルが絡み合ったサウンドここに極まる!
ヨンシー(シガー・ロス)共作/ヴォーカル参加曲収録!
デス・ヴェッセル『アイランド・インターヴァルズ』2/19発売!
■アレックス・ソマーズ(プロデューサー/ シガー・ロス etc.)————————- 
『Island Intervals』は二年にも渡る歳月を経て誕生した。Joelがレイキャビクにある僕のスタジオに4回に分けて来てくれて、それぞれ一緒に曲作り、レコーディング、その後の様々な実験的作業、そして最後にミックスという感じで進めていった。僕らはそれぞれ納得いくまでセッションして、その後にもっと時間をかけて作品に磨きをかける作業をやったんだ。”Island Intervals”ってタイトルに恥じないようにね。
僕がJoelに会ったのは2010年の春、Jónsiとツアーをまわってた頃だった。僕の友人のJohn BestがDeath Vesselをサポートバンドとして起用するのがいいよ、って勧めてくれたんだけど、ホント正解だったよ! いまでも覚えてるのは、Joelが(サポートを勤めたツアーで)毎夜プレイするのが聞こえてはいたんだけど、それを一度ちゃんと目にした途端、ビックリしたんだ。すごく個性的で素晴らしい歌声が、ロングヘアーの黒髪の彼の、あの華奢な体から出てくるなんてね。彼はまさにオリジナルだったよ。彼はホント彼でしかありえないし、それをまさに歌声で体現してると思う。(彼をサポートに据えた)ツアーが進むに従って、僕らは友人になり、そして僕はJoelに伝えたんだ、2、3杯飲んだ後にね、僕が彼の次回作がどんなサウンドになるかイメージ出来たらいいな、とか、彼と音楽制作を一緒にやれたらどんなに素晴らしい事か、それに彼の歌声をまた別の音楽的手法で聴けたらいいな、って。 
ホント彼と一緒にこのアルバムを作ったなんて夢みたいな話だよ!
楽しんで聴いて。 
Alex Somers 
2014年1月 
——————————————————————-
【ミュージックビデオ】 
■2/19リリースのアルバム『Island Intervals』より試聴曲到着! 
Death Vessel – Mercury Dime (not the video) 


■ヨンシー共作&ヴォーカル参加曲‘ Ilsa Drown (featuring Jônsi) ‘  
ストリーミング(not the video) 


【作品概要】 
・アーティスト: デス・ヴェッセル 
・タイトル: アイランド・インターヴァルズ 
・発売日: 2月19日 (水) 日本先行発売(US:2/24) 
・スペシャル・プライス: 2,000円(税抜)  
・品番: TRCP-150 
・ボーナス・トラック2曲収録 
・解説、歌詞対訳付



[ Kitsuné ] クリスマスコンピ、配信好調& ジルダ、イベント出演発表!

—December.16.2013 15:47:58

2013.12 kitsune christmas party flyer small
Kitsuné のボス=ジルダがセレクトしたコンピレーション「Season’s Greetings Mix」(Digital Album)が12月11日に配信がスタートされ、iTunesではエレクトロのランキングでTOP10にチャートインするなどホットな動きを見せる中、12月21日に渋谷のWOMBで行われる「KITSUNE CHRISTMAS PARTY」へのジルダの出演が15日に発表された。
本作に関してジルダは「ハウスミュージックって、いつも僕らの中にあって、一度味わったら最後、ダンスフロアであの衝撃をもう一度って思っちゃうんだよね。このクラシックなヴァイブを再び掘り起こすために、すごくワクワクしながらミックスすることが出来てホント嬉しかったよ。いつの時代もリバイバルというのがあって、そういう意味ではクリスマスってホント、“ハウス再来”を祝うにはピッタリの機会だったよね」と語っているが、ピアノあり、お約束のソウルフルなボーカルあり、と、まるで楽しげなハウスパーティのように今話題のニューカマー&楽曲が盛りだくさんに収録されている。
今回のイベントで来日するオーストラリアで話題のディスコ新世代、The SwissのAmtracによるリミックスで幕を開け、今年一番のラヴリー・チューン、元LCD SoundsystemのNancy WhangをフィーチャーしたClas­sixxの「All You’re Waiting For」で締めくくるという、ハウス/エレクトロでパーティーを盛り上げるには手軽で最高のコンピレーションになっている。そんな本作をリアルに体感できる「KITSUNE CHRISTMAS PARTY」もスペシャルな夜になるに違いない。 


■イベント「KITSUNE CHRISTMAS PARTY」 
2013年12月21日(土) WOMB (渋谷)  OPEN: 23:00   Ticket:DOOR: ¥3500 /MEMBER:¥3000 
出演:GILDAS/THE SWISS/JUAN MACLEAN 
(詳細)http://www.womb.co.jp/ 

■最新コンピレーション「Season’s Greeting Mix」全曲試聴(YouTube) 
http://www.youtube.com/watch?v=GvVgKjn2ICE
■作品概要 
VA『Gildas Kitsuné Season’s  Greetings Mix』 
*詳細はこちらより。http://trafficjpn.com/release/select_artist/2