[ Cabaret Voltaire ] インダストリアル・サウンドの元祖キャバレー・ヴォルテール、名盤3作を一挙リリース!!!

—October.1.2013 18:02:32

CabaretVoltaire_box set J写 small

ダンサブルなビートを取り入れたインダストリアル・サウンドを確立した名盤『ザ・クラックダウン』を初めとする3作品は、当時、圧倒的な評価を獲得し、またNMEの表紙を飾るなど、人気と評価が非常に高かった。現在のインダストリアル・ミュージックのリバイバルの中でバイブルであり、発売から30周年を迎えリマスター音源として蘇ったサウンドは、より一層輝きを放っている。
『キャバレー・ヴォルーテル──通称キャブスは、ノイズ/インダストリアルの草分け的存在であり(スロッビング・グリッスルと並んで、二大巨匠のひとつ)、ポストパンク時代において、もっとも重要なバンドのひとつに挙げられる。 (~中略~) パンクでテクノでノイズのキャブスの時代が、またやって来たのである。』 — 野田努 (ele-king)
■音源ストリーミング 

1)アルバム “The Crackdown”より 
リード・トラック ’Just Fascination’

2) アルバム”Micro-phonies” より 
リード・トラック ‘Sensoria’

3) アルバム” The Covenant, The Sword and the Arm of the Lord”より 
リード・トラック ‘I Want You’

■バンド名の由来:1910年代に既成の秩序や常識に対するカウンターとして起こった反芸術運動(ダダイズム)の活動拠点であったスイスのキャバレーの名前にちなんでいる。既存の音楽の解体、再構築という彼らのサウンドと共鳴している。
■ショート・バイオ 
73年結成。シェフィールド出身。オリジナル・メンバーはリチャード・H・カーク(guitars, keyboards, tapes)、スティーブン・マリンダー(vocals, bass, keyboards)、クリス・ワトソン(81年に脱退/ keyboards, tapes)。79年にデビュー・アルバムをリリースし、15枚のスタジオ・アルバムをリリースしている。82年初来日公演実施。95年以降は活動休止中だが、最も再結成が望まれるバンドのひとつ。なお本リイシューは、リチャード・H・カークが監修している。

<<<<<<<<<<<<<商品概要>>>>>>>>>>>>> 

名盤3作品一挙リリース 
全3タイトル:11/6発売。
・スペシャル・プライス: 2,100円(税込)  
       
・リマスター音源
The Crackdown / ザ・クラックダウン (‘83年作品) 
・品番: TRCP-144
iTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv


Micro-phonies / マイクロフォニーズ (‘84年作品) ・品番: TRCP-145
iTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv


The Covenant, The Sword and the Arm of the Lord/
カヴァナント、ソード・アンド・アーム・オヴ・ザ・ロード (‘85年作品) 
・品番: TRCP-146

iTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv



Traffic,英ミュートとレーベル契約締結。第一弾リリースは11月。

—September.25.2013 16:12:56

mute-logos-laid-out copy
Trafficはイギリスを代表するインディペンデント・レーベルであるミュートとレーベル契約を締結した。
ミュートは、1978年にダニエル・ミラーによって創設されたイギリスを代表するインディペンデント・レーベルであり、エレクトロニック・ミュージック、インダストリアル・ミュージックを中心にミュートのロゴを伴った商品はそのクオリティーの象徴であり続けている。
今後の発売は、11月より、イギリスのディーヴァでマーキュリー・プライズにもノミネートされたゴールドフラップ、インダストリアル・ミュージックの巨匠キャバレー・ヴォルテール、世界で最も成功したエレクトロ・ポップ・バンドのひとつイレイジャー等の作品を発売していく。
「この度日本において、 私どもの作品をTrafficを通して発売出来ることを大変喜ばしく思っております。音楽に情熱を持った方々と行動を共に出来ることは大切なことで、私どもはまさにそのようなチームと今回出会うことが出来ました。彼らとの素晴らしいパートナーシップがこれから末永く続くよう、心から楽しみにしております」— 
ダニエル・ミラー(ミュート創設者)
「ポストパンク時代のUKにおける重要なインディ・レーベルを3つ挙げろと言われれば、ラフトレード、ファクトリー、ミュートとなる。この3つのうちでミュートのみが創始者がアーティスト活動もしていたレーベルで、そしてもっともエレクトロニック・ミュージック寄りで、テクノ史においても最重要レーベルである。大袈裟な話ではなく、ミュートが存在しなければ、デトロイト・テクノも電気グルーヴも生まれなかったかもしれない。1980年代、世界中のテクノっ子はミュートを愛していたのである。 
 デペッシュ・モードとそこから派生したヤズーそしてイレイジャー、キャバレー・ヴォルテール、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン、スロッビング・グリッスルといったインダストリアルの巨匠、ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッドシーズ、レネゲイド・サウンドウェイヴ等々、ずば抜けて刺激的な、多くのポストパンクのリジェンドたちの作品を出し続けている。最近でも、かつてマーキューリー・プライズにもノミネートされ、マドンナにも絶賛され、UKの国民的な人気者として知られるゴールドフラップ、新世代シンセポップのファーストレディたるポリー・スキャッターグッドの作品をヒットさせている。その他方では、アヴァン・ポップの始祖であるザ・レジデンツと契約を交わし作品をリリース、あるいは昨年は元スロッビング・グリッスルのメンバー+ファクトリー・フロアのメンバーによるプロジェクト、カーター・トゥティ・ヴォイドの作品が欧米メディアで話題になるなど、大いなる異端児たちへの愛情は相変わらず。 
 ポストパンクの時代から実験とポップを両立しているミュートは、今ではインディ・レーベルの見本として多方面から尊敬されるほど揺るぎない地位を築いている」— 
ele-king 野田 努
TrafficはSUB POP(米)、Kitsune(仏)のみならず、この度のミュート(英)との契約により、世界の音楽シーンを牽引する各国を代表するインディペンデント・ 
レーベルの作品を発売することとなった。
■今後のリリース 
11月6日発売
・ゴールドフラップ ニュー・アルバム『テイルズ・オヴ・アス』 ¥2,100(税込)TRCP-143 

・キャバレー・ヴォルテール *カタログ発売。リマスター音源。 
 『クラックダウン』(’83年作品)  ¥2,100(税込) TRCP-144 
 『マイクロフォニーズ』(‘84年作品) ¥2,100(税込)TRCP-145 
 『カヴァナント、ソード、アンド・アーム・オヴ・ザ・ロード』(‘85年作品) ¥2,100(税込) TRCP-146 

・イレイジャー ニュー・アルバム『スノー・グローブ』 ¥2,100(税込) TRCP-147
■LINKS(MUTE) 
www.mute.comhttps://www.facebook.com/muterecordswww.twitter.com/MuteUK



Kitsueの看板コンピレーション『Kitsune Maison 15』、10月23日発売!

—September.24.2013 18:17:42

Maison 15 J写_large

数々の魅力あるニュー・フェイス、そして独特かつ卓越したセンスで未知の魅力的な歌声やうっとりするようなメロディなど素敵な楽曲を紹介し続けてきた“看板”のコンピレーションの15作目はまさに、この秋の夜長を楽しむためのマストアイテム! 

Kitsunéといえばエレクトロ要素をうまく取り入れたものが大勢を占めるレーベルとして認知されてきたかもしれないが、ここ数年はバンドとして大きな成功を収めたTwo Door Cinema ClubやIs Tropicalなど、以前より幅広い音楽ジャンルの才能をピックアップし、そして成功を収めてきている。 

その流れは今作にも引き継がれ、前作にもましてワクワクするような変幻自在のポップミュージックが詰まっている。デビュー曲「You Don’t Know Me」がネット視聴100万回を超え大注目のフランスのエレクトロ・ポップ・バンドPortlandのデビューシングル「Deezy Daizy」、魅惑的なソウル・ポップ・ミュージックを鳴らすロンドン出身の5人組Years & Yearsの2ndシングル「Traps」、GoldroomやClubfeet等とのコラボレーションで話題になり今回KitsunéとサインすることになったアーティストChelaの80‘sフレイヴァーたっぷりの「Romanticise」等、見た目もキャラクターも際立った新たな才能アーティストの楽曲が詰まっている1枚となった。 

また毎度気になる個性的なアートワークは、ご存知の通りKitsunéのアーティスト&フレンズの面々のイラストで、この作品のために新たに書き下ろされたものになっている。 




Portland 「Deezy Daisy」 


Chela 「Romanticise」 


「Kitsuné Maison 15」mini-mix (ダイジェストmix) 試聴リンク (5’26”) 


【商品情報 】 

「Kitsuné Maison 15」 2013年10月23日発売  
TRCI-40 ¥2,310(tax in)  発売元:Traffic Inc.
01 Antimatter People -Only Ark 
02 Go Wolf – Voices 
03 Jake Bullit – Moonshine 
04 Jonny Pierce – Home 
05 Chela – Romanticise 
06 Horixon – Lifeline (feat Robert Owens) 
07 Portland – Deezy Daisy (Oliver Nelson remix) 
08 The Swiss – Kiss to Kiss(Amtrac remix) 
09 Techniques -Switch (Adelaide remix) 
10 Years & Years – Traps 
11 Nonono – Scared 
12 Dillon Cooper -State Of Elevation 
13 Denitia & Sene –Casanova 
14 David Harks – Sirens 
15 Kilo Kish – Goldmine 
(Bonus Track) The Wytches – Summer Again 

●LINK (Kitsuné) 
www.kitsune.fr 
www.facebook.com/maisonkitsune 
www.twitter.com/maison_kitsune 
www.youtube.com/maisonkitsune1

iTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv