[ Plastikman ] 帝王の音は高音質で。ミニマル・テクノの帝王、リッチー・ホウティンのメイン・プロジェクト、 プラスティックマンの新作が遂にリリース!

—July.8.2014 15:02:31

Plastikman A写 mid
このニュー・アルバム『EX』で、プラスティックマンはいまだスリルに満ちたプロジェクトであることを見事に証明してみせた。クリエイティヴィティの高まりを、そのライヴレコーディングに全て注ぎ込んだのである。それもあのNYグッゲンハイム美術館で。プラスティックマンのクラシックなサウンドが、まさしく新しいレベルのサウンドスケープにまで進化を遂げた新たなる代表作の誕生だ!

■帝王の音は高音質で。特殊パッケージも公開!
本作は日本盤のみ高音質CD(HQCD)となっており、プラスティックマンのハイ・グレードなサウンドを更に良い音で堪能できる。なおHQCDは通常のCDプレイヤーで再生可能だ。またパッケージはプラスティックマンの音同様に、高級感溢れる仕様となっている。
写真 (3) small

■リッチー・ホウティンによるコメント到着!
アルバム1曲目”EXposed”について。 「この曲こそがこの十年間において、プラスティックマンの”本当のファースト・アルバム”のイントロダクションなんだ。またこのアルバムの各タイトルには何らか意味を持たせてる。僕も長くやってるからよくDJでステージに上がるんだけど、いまだに何かしらナーバスになったりするんだ。もちろん自信もあるしちゃんとやってるんだけどね。しかしながらスタジオに戻ってくると、もっとリラックス出来るんだ。他人のレコードで身を隠す事もないしね。まさしくこれこそがリッチー・ホウティンのサウンドで、何の飾り気のない僕がここにいる。またこのアルバムが新世代に向けてPlastikmanを披露(EXpose)ことにもなって、たぶん彼らが音楽を聴いてきたなかで、初めて聞くPlastikmanのアルバムだろうね」。

■本作はNYグッゲンハイム美術館での全曲新曲ライヴ音源。そのライヴ写真が到着!
建築界の大巨匠、フランク・ロイド・ライトの建築美と、プラスティックマンのライヴ・アートとの融合が素晴らしい。
image007
image008
image009
■英テレグラフ紙が選ぶ「歴代グラストンベリー・フェスのベスト・アクト」にて24位に選ばれる。錚々たるアーティストが並ぶ中、プラスティックマンの95年のライヴが24位に選ばれた。
http://www.telegraph.co.uk/culture/glastonbury/10912208/The-100-best-Glastonbury-performances-ever.html
iTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv



[ Kilo Kish ] “ニュー・ クイーン・オブ・ミュージック”と称されるキーロ・キッシュ、キツネとの壮大なるコンセプチュアル・プロジェクト開始! 第1弾として、ミニ・アルバムを7月9日に配信開始!!

—July.8.2014 14:24:00

Kilo-Kish
キーロ・キッシュはアメリカ人で、ニューヨークとLAを拠点に活動するボーカリスト、
シンガーソングライターそしてビジュアル・アーティストである。
これまで2作品、「Homeschool」 と「K+」をサウンドクラウドで発表後、SBTRKT、A$AP FERG、Chet Faker、Childish Gambinoなど様々なアーティストの作品に客演を果たし、Vogue、Elle、Glamour、Nylonをはじめファッション誌でもフィーチャー、更にはLevi’s やH&M のモデルとして抜擢された(日本でも2013年ユニクロのCMに起用され、大いに注目を集めた事は記憶に新しい)。この大活躍に、各音楽媒体は軒並み彼女を ”要注目アーティスト” と称し、ファッション界からは早くも2014年の”スタイル・スター”と命名された。

Kitsunéでも人気シリーズ「Kitsuné Maison 15」やニュー・コンピ「Kitsuné New Faces」で
まず彼女の作品を紹介し、いよいよこの新作ミニアルバム「Across」をリリースする。
この作品は2013年の8月、彼女がアメリカ大陸を横断ドライヴした記録をまとめた
コンセプチュアル・プロジェクトであり、まさにリアルな“オーディオ・ロード・トリップ”である。絶え間なくつづく8つのトラックのテーマは、一人旅の冒険、成長そしてその過程で起こる
若さ故の傷つき易さ等を題材としている。

また、キツネと彼女は双方とも音楽とファッションをその拠点としている為、キツネとのコラボで彼女デザインによる旅をテーマにしたカプセル・コレクションをこの秋に発売予定。なお、彼女はMaison Kitsunéの2014年秋冬コレクションのアンバサダーにも就任する事になった。

最後に、キーロ・キッシュは今後世界中で行なわれるキツネのショーでプレイする他、
ツアーも予定しており、今回のプロジェクトに関連した写真やアートのインスタレーションの主催も計画している。

■商品概要
キーロ・キッシュ / Kilo Kish
『アクロス』 / “Across”
2014年7月9日 デジタル配信開始
KILOKISH_ACROSS_Cover1200x1200_72dpi

iTunes_Badge_JP




[ HEARTSREVOLUTION ] 雑誌 nero とのコラボレーションが実現!伊勢丹新宿店にてコラボ・アイテムの販売が本日よりスタート!

—July.2.2014 00:14:21

今年デビュー・アルバムを発売しサマソニで来日するKitsune所属のHEARTSREVOLUTIONと、雑誌『 nero 』とのコラボ・アイテムが本日より販売スタート!neroは、音楽・ファッション・アートに独自の視点で切り込みむカルチャー誌。そのneroがプロデュースするガーリー・カルチャーをテーマとした伊勢丹でのポップアップショップにてHEARTSREVOLUTIONとのコラボ・アイテムが販売される。
10313723_4286104088401_6955414945158217973_n
10463919_4286103928397_583208163796919954_n
1908339_4286104248405_1088757592834877496_n
10483081_4286103808394_1867994209384170636_n
[ nero@伊勢丹新宿店「TOKYO解放区」ポップアップショップ ] 内 容: 90年代にファッション・音楽・映画などのカルチャーを巻き込んだ「90年代カルチャー」。
『nero』はいまだに絶大な支持を集め続けている「ソフィアコッポラ」の映画「ヴァージン・スーサイズ」の世界観と、いま若い世代でも人気となっているガーリー カルチャー ムーブメントに着目し、編集長・井上由紀子が商品をセレクト。その世界観をご紹介します。
期 間: 7月2日(水)から7月15日(火)
場 所: 伊勢丹新宿店 本館2階・センターパーク「TOKYO解放区」
http://isetanparknet.com/news_event/page251.html

今年発売されたデビュー・アルバム『Ride or Die』
front album cover

サマソニ出演決定!http://www.summersonic.com/2014/
“Ride or Die” MVはこちらより。http://goo.gl/Tv6moe

iTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv