Kitsuné America 3 ‒ ロードトリップ編 シリーズ通算3作目のキツネ・アメリカが6月4日に発売!

—May.20.2014 19:41:01

Kitsune America J写_mid

Kitsuné AMERICA 3 MiniMix by Jerry Bouthier



[Tracklist] 01 BEAÛ – Karma
02 MY BODY – If I Need You I’ll Call
03 SUNNI COLÓN – 1000 Roses
04 KELELA – Cut 4 Me
05 LAWRENCE ROTHMAN – Montauk Fling
06 SON LUX – Lost It To Trying (Radio Edit)
07 MISUN – Eli Eli
08 HEARTSREVOLUTION – Kishi Kaisei
09 LANE 8 – Nothing You Can Say
(feat. Lucy Stone)
10 JEROME LOL – Fool
(feat. Angelina Lucero)
11 BRENMAR – Medusa (feat. Rush Davis)
12 MAX JURY – Christian Eyes
13 ISSUE – Ten Monks
14 NAVVI – Speak

もしKitsunéが、ファッション関連の文脈から離れたところで、名声をひとつ手にしているところをあえて言うならば、それは彼らの鋭い嗅覚である。なので、彼らが現在アメリカ発の才能発掘を手がけているのはいわば至極真っ当なことで、それはKitsuné AMERICAと題され、このコンピシリーズは間違いなくフレッシュで革新的なコレクション、当のアメリカ人の感覚からしてもユニークな音楽を数々発信し続けている。
Two Door Cinema Club, Yelle, Hot Chipやその他多くのアーティストのサウンドをブレイクさせたこの“フランス印”は、いまやアメリカで、ご当地アメリカ出身で話題必至のアーティストをピックアップしてきている。
前回までのKitsuné AMERICAコンピでChildish Gambino、Toro Y Moi、Theophilus London、Haertsやその他活躍アーティストを紹介したが、この3作目でも引き続き、既存の枠にとらわれない世代を集め、これからの日差しの強い日にぴったりなクールなビートやグルーヴ感溢れた作品に仕上げている。
アメリカというのは冒険心に富んで、ミュージシャンは行動的、サウンドとスタイル双方のミックスが魅力とされ、それにオーディエンス自体がちゃんと音楽を聴いている。
ボスのジルダにとって、刺激的な新人に投資することこそ望むべきことといい「僕らはこれらのアーティストの実力を信じていて、彼らの成長を手助けしたいんだ。僕らの耳は完璧にチューニングされてて、いい音だったら一聴しただけですぐわかるからね。」
Kitsuné AMERICA 3は家でまったり聴くのにもRoute 66を車で流しながら聴くのも良し、いろんなシチュエーションで聞いて欲しい作品だ。

コンピレーションアルバム : 「Kitsuné America 3 / V.A.」
発売日: 2014年6月4日
品番: TRCI-46
価格: 2,200円(税抜)
iTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv



スワンズ、ピッチフォークにて今年度最高点&Best New Music獲得! 他海外メディアでも絶賛!

—May.13.2014 19:42:37

< Pitchfork> 9.2点、Best New Music獲得!

80年代初頭、アンダーグラウンドロックの定番であったSwansが新世紀の2014年、見事な帰還を果たす!
加えて、彼らは往年のステージを再現するような巷のノスタルジックな再結成とは一線を画し、今を生きるバンドとして過去の栄光とは全く違ったところから新たな伝説を作ってみせた。(中略)
「いつも俺らはものすごい気難しい、押し付けがましい奴らみたいな受け取られ方をするんだけど・・・。ほっとけ、って話でさ。」とGiraは2012年のインタビューで語り「唯一のゴールはエクスタシーだよ。」とも。To Be Kindが間違いないのは、そのゴールへの向かい方がわかる作品ということ、また同時にそこには永遠に届く事が出来ないということもわかってしまうということだ。

< NME > “Album of the week”獲得
狂気に満ち、挑戦的で野心に溢れた珠玉のアート作品。
極端な迄にアヴァンギャルド、ジラの音楽は何かしら聴くものの五感のシステム全方位に影響をきたしてしまう。何か意識無意識関係なく聞く、聞こえるというよりも“感じて”しまうものなのである。この最新作も全く例外ではない。

< Q Magazine >
2時間を超える大作となっているが、それは繊細ながら力強く、何回もリピートしてトランス感覚に陥るようでもあり、他のロックバンドに例えるよりもまるでクセナキスのような20世紀現代音楽の作曲家を思い起こさせてしまう。例えるならば、この作品を体験するということは、”アルバムを聴く”というよりはむしろ”山を登る”感覚なのだ。
iTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv



SWANS、新作いよいよ今週発売!アルバム・トレイラー公開!

—May.1.2014 19:43:16

「SWANS史上、最高作だ。穏やかなテンションが徐々に高まり、調和を度外視したホーンの雄叫びを合図に、その高まりの頂点を木っ端微塵にしていく。それも考えうる限り最も美しく凶暴に満ちた彼らなりのやり方で」 — ピッチフォーク

オルタナの帝王SWANS、世紀の金字塔、2枚組2時間越え完膚なきまでの超大作『トゥ・ビー・カインド』、いよいよ今週金曜日(5月3日)日本先行発売!

新作発売を前に9分弱のアルバム・トレイラーが公開された。新作の一部を垣間見ることが出来る。
SWANS アルバム・トレイラー 

「不思議な視覚的な暗号のようなもので、ジャスパー・ジョーンズのあのUS国旗の感じ」とフロント・マンのマイケル・ジラが語る、赤ん坊の絵画6点がフィーチャーされたパッケージは、SWANSの音楽同様とても大胆だ。この絵画はコンセプチュアル・アーティスト、ボブ・ビッグスの作品。
また、本作は特殊パッケージ・スペシャル・プライスとなっている。

iTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv