1. Top >
  2. News


ピッチフォークで今年最も期待の新作と評されたハンドレッド・ウォーターズ、 フォークトロニカの名盤登場!

—April.10.2014 16:58:10

Hundred Waters A写ピッチフォークにて今年最も期待の新作として、大きな注目を集めている
フォークトロニカ・バンド、ハンドレッド・ウォーターズ。
アシッド・フォークとエレクトロ・サウンド、そして抒情的なヴォーカルが溶け合い、
美しく高揚感溢れるメロディーを奏でる、フロリダ州ゲンスヴィル出身4人組。
セカンド・アルバム、スクリレックスのOWSLAレーベルよりリリース!

■Pitchforkにて BEST NEW TRACK獲得!”Down From The Rafters

新曲「Down From The Rafters」も前作アルバム「Hundred Waters」と同様のムードを持っていて、
Nicole Miglisのボーカルは変わらずラブリーでしなやか。
しかしながら歌詞の方は前作の過剰な迄の詩的表現と比べ、
より直接的でわかりやすく”痛み”を伝えるようになった

■MVストリーミング “Cavity”

■Pitchforkにて2014年最も期待されている新作リストに選出。

■海外プレス
NY Times
「淡い水彩画のような可能性、時間が止まったよう、きめ細やかな試みや型にはまらない希望を優しく包み込む」

■影響を受けた音楽
ジェイムス・ブレイクを通過したフォークトロニカ・サウンドとして評判の彼らが影響をうけた音楽とは…

60年代ブリティッシュ・アート・ロックから、ティーヴ・ライヒ、レディオヘッド、マーズ・ヴォルタ、ジョニ・ミッチェル、エクスペリメンタル・ジャズ・バンドのジャガ・ジャジスト、ピアニストのアルトゥール・ルービンシュタインまで非常に幅が広い。

■バンド名由来:ヨーロッパの芸術家フリードリヒ・シュトーヴァッサー(Friedensreich Hundertwasser)の姓にちなんでつけられた。彼の人生や作品はバンドの音楽に大きな影響をもらたらしている。

■バイオグラフィー
ポール・ギース Paul Giese – electronics, guitars
ニコル・ミグリス Nicole Miglis – vocals, keys, flute
ザック・テトロー Zach Tetreault – drums, vocals
トレイヤー・トライオン Trayer Tryon – electronics, guitars

フロリダ州ゲンスヴィル出身4人組バンド。2012年結成。ゲインスヴィルに全員同居して同じ屋根の下
デビュー・アルバム『Hundred Waters』を制作し、2012年リリース。アルバムはステレオグラムの
2012年ベスト・ニュー・バンドに選ばれ、またピッチフォークでは8.1点と高い評価を得、スクリレックスの
レーベルOWSLAと、インディ・バンドとして初の契約を果たした。またスクリレックス、ディプロ、
グライムスと北米ツアーを行う。またThe XX等ともツアーを行う。

・アーティスト:ハンドレッド・ウォーターズ
・タイトル:ザ・ムーン・ラング・ライク・ア・ベル(The Moon Rang Like A Bell)

・発売日: 5月21日 日本先行発売 (海外:5月27日)
・価格: 2,000円(税抜)
・品番: TRCP-161
・日本盤ボーナス・トラック1曲収録
・歌詞対訳付
・レーベル:OWSLA

[Tracklist] 1. Show Me Love
2. Murmurs
3. Cavit — 1st single
4. Out Alee
5. Innocent
6. Broken Blue
7. Chambers (Passing Train)
8. Down From The Rafters
9. [Animal] 10. Seven White Horses
11. Xtalk — 2nd single
12. No Sound
13. Nowhere・・・日本盤ボーナストラック

http://www.hundred-waters.com/
https://www.facebook.com/100waters

iTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv