1. Top >
  2. News


[ Arca ] エイフェックス・ツイン以来の衝撃!デビュー前にして既に規格外! アルカのデビュー作が10月29日に発売!リード・トラック早速公開!

—September.11.2014 23:00:33

Arca_Xen J写 small

​カニエ・ウェストやFKAツイッグスのプロデュース、奇妙で美しいヴィジュアル・アートとの融合作品、世界を驚かせたミックステープ『&&&&&』、ARCAとは一体何者?何だかとてつもない期待を抱かざるを得ない状況の中、デビュー・アルバムの発売が、先日ニュー・オーダーとの契約を締結したばかりのMUTEより急遽発表された。

■リード・トラック「Thievery」試聴スタート!

■デビュー前にして既に規格外!
1)カニエ・ウェスト『イーザス』をプロデュース。
カニエ・ウェストの依頼を受け『イーザス』の4曲をプロデュースし、リック・ルービン、ダフト・パンク、ハドソン・モホークと共に本作最大功労者の一人となった。

2)FKAツイッグス『LP 1』をプロデュース。
2013年発売のEP『EP2』、そして今年リリースされたデビュー・アルバム『LP 1』をプロデュースした。

3)ヴィジュアル・アートと音楽の一体化。
その関係性はまるで、エイフェックス・ツインとクリス・カニンガムの様と評されている。
アルカの作品のヴィジュアル面はすべてヴィジュアル・コラボレーターのジェシー・カンダによるもので、2013年MoMA現代美術館にて自身のミックス音源『&&&&&』を映像化した作品は大きな話題を呼んだ。
こちらはアルカとジェシー・カンダによる映像作品。
TRAUMA scene 1

TRAUMA scene 2

Fluid Silhouettes

またFKAツイッグスのデビュー作のアートワークや、過去のMVを担当しているのもジェシー・カンダだ。ジェシー・カンダのHPはこちらにて。http://www.jessekanda.com

■商品概要
​・アーティスト名: アルカ (ARCA)
・タイトル:ゼン ( Xen )
・発売日:10月29日 日本先行発売(海外:11/3) ・品番: TRCP-178
・定価: スペシャル・プライス2,100円(税抜)
・ボーナス・トラック収録 ・解説:竹内正太郎
[Tracklist] 1. Now You Know
2. Held Apart
3. Xen
4. Sad Bitch
5. Sisters
6. Slit Thru
7. Failed
8. Family Violence
9. Thievery
10. Lonely Thugg
11. Fish
12. Wound
13. Bullet Chained
14. Tongue
15. Promise
+ボーナス・トラック

All songs written, performed and produced by Alejandro Ghersi
Art by Jesse Kanda

■バイオグラフィー
Arca_Daniel Sannwald A写 small
アルカ(ARCA)ことアレハンドロ・ゲルシ(Alejandro Ghersi)はベネズエラ出身の24歳。現在はロンドン在住。2012年にNYのレーベルUNOよりリリースされた『Baron Libre』,『Stretch 1』と『Stretch 2』のEP三部作、2013年に自主リリースされたミックステープ『&&&&&』(https://soundcloud.com/arca1000000/uenqifjr3yua)は、世界中で話題となる。2013年、カニエ・ウェストの『イールズ』に5曲参加(プロデュース:4曲/ プログラミング:1曲)。またアルカのヴィジュアル面は全てヴィジュアル・コラボレーターのジェシー・カンダによるもので、2013年、MoMA現代美術館でのアルカの『&&&&&』を映像化した作品上映は大きな話題を呼んだ。FKAツイッグスのプロデューサーとしても名高く、『EP2』(2013年)、デビュー・アルバム『LP1』(2014年)をプロデュース、またそのヴィジュアルをジェシー・カンダが担当した。2014年、契約争奪戦の上MUTEと契約し、10月デビュー・アルバム『ゼン』 (“Xen”)をリリース。

■アルカのヴィジュアル・コラボレーター、ジェシー・カンダとは。
アルカが14歳の時、とあるアーティストのオンライン・コミュニティーで知り合って以来の仲。
「ジェシーと僕は知合ってからもう相当長いからね」とアルカが説明する。「何か疑問点があったとして、僕が音楽面でその疑問点をそのままにしてると、ジェシーがビジュアルでその答えを出してくるんだよね。ジェシーがそのままその疑問に映像で答えを出してなかった時は、それは音楽で答えを出すべきだ、という事だと思うんだ」。
本作のアートワークもジェシー・カンダが担当。その加工されたヴィジュアルに関して「それは作品自身の内部で起こってる事を反映したもの」by ジェシー・カンダ。
http://www.jessekanda.com/

iTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv




Old Entries
New Entries