1. Top >
  2. News


[ Dum Dum Girls ] 海外プレスも大絶賛の新作より ブレット・イーストン・エリス脚本によるショート・フィルム完成!

—March.10.2014 15:21:11

are you okay_mv
今年1月発売され、世界中で大絶賛を浴びているニュー・アルバム『Too True』。本作収録の「Are You Okay」のショート・フィルムが完成した。このショート・フィルムは、映画化もされた小説『レス・ザン・ゼロ』等で有名な米を代表する作家のひとりブレット・イーストン・エリスが脚本を担当、リーダーのディー・ディーと米俳優シャイロ・フェルナンデスが出演し、息をのむような結末まで約11分の映像作品となっている。

■海外プレス評 
ダム・ダム・ガールズは引き続き1960年初期サウンドの真っ当な場所を探求し続けている〜ガールグループでサーフロック、それにガレージロック〜それに1980年代のポストパンク世代であるジーザス・アンド・メリーチェインやマイ・ブラディ・バレンタイン的性格を持つ。シンプルなコードにクリアなメロディ、それにストレートなコーラスの作りは、憂鬱で比喩に富んだ歌詞と軽く澄んだ感じのギターエフェクトに満たされている。コンセプトも幅広く、マカロニウェスタン的なギターのタッチのCult of Loveやニューウェーブ的Little Minx、落ち着いた感じのフォークロックであるUnder These HandsやLost Boys and Girls Clubにある無意識な重たい感じ、それにTrouble Is My Nameでの神々しいまでの落ち着いた感じが内包されている。(New York Times)
このアルバムは定番とライヴ感覚のパーフェクト・ポップなバランスで、伝統的な野心と聴く者を(曲の)3分間だけ英雄にする歌も持つ。 (MOJO)
“Rimbaud Eyes” や “Evil Blooms”などは彼女達のゴス・スタイルなタイトルにも全く恥じない作品。しかしながらPenny (Dee Dee)は今回、”Lost Boys and Girls Club”の壮大なバラードで、自身の新たなサウンドを開拓した。その曲では、さながら憂いをもったマドンナがかったジーザス・アンド・メリー・チェイン的、もしくはクリッシー・ハインド的泣きの “Are You Okay?”では歌詞にもある通り気怠さの中を彷徨っている感じで、ブラックレザーを着るだけで安心するような酔っぱらいの情けなさをも身にまとっている。(Rolling Stone)


Old Entries