1. Top >
  2. News


Lauv、ジュリア・マイケルズをフィーチャリングしたシングルを発売!MVも公開!

—September.27.2018 22:00:30

Apple Music/iTunes Spotify smartURL
Lauv_There's No Way Press Photo [Photo Cred - Daniel Prakopcy]_Low

Lauv (ラウヴ)は、ジュリア・マイケルズをフィーチャリングしたニュー・シングル「There’s No Way」を発売した。

「ジュリアはソングライターとしてもいち人間としても非常に素晴らしいんだ。最初に会った時には曲を作ろうなんて全くなくてただ人生のこと、ロック・バンドのこととか色々話し合っただけなんだ。それから数日経った後、僕と彼女、それにジャスティン・トランターやイアン・カートパトリックで部屋にこもって書き上げたのがこのシングルなんだ。僕にとってはこの曲は、誰かと知り合った途端に何か激しい化学反応でも起こったみたいに急接近するような感覚、そんなことを歌った曲で、人生そんなに綺麗に事は運ぶわけじゃないけど、いつ誰の身に同じようなことが起こってもおかしくないと思うんだよね」- Lauv

「Lauvは感情移入がすぐにできるタイプの人間で、それから重苦しくなった部屋の空気を急に和らげるようなことを言ったりもして、とにかくそんな彼のことがすごく気に入ったわ」- ジュリア・マイケルズ
Lauv_Photos_Press 1 [Photo Cred - Elizabeth Miranda]_Low

このシングル発売後の10月には再びエド・シーランのオープニング・アクトとして全米スタジアム・ツアーに参加することになっている。

Lauvは、大ヒット・シングル「I Like Me Better」等、デビュー以来発売してきたシングル全17曲をまとめたプレイリスト『‘I met you when I was 18.』を今年の夏に完結、それらのシングルのストリーミング合計再生回数は、全世界で10億回再生を突破している。

◼︎『I met you when I was 18.』
Lauv - Playlist Cover
デビュー以来リリースしてきた曲をまとめたプレイリスト(全17曲)
Apple Music/iTunes Spotify

◼︎ラウヴ情報まとめ
http://trafficjpn.com/news/lauv/
http://trafficjpn.com/news/lauv2/

◼︎プロフィール
Lauv(ラウヴ)は、ニューヨーク出身、現在LAを拠点に活動する23才のシンガーソングライター/プロデューサー。Lauvの由来は、母親がラトビア系であり、彼が獅子座ということもあり、ラトビア語のライオン「Lauva」の最後のaを抜いてLauvと名付けた。本名:アリ・レフ(Ari Leff)。ラウヴの名前を知らしめるきっかけとなったのは、彼がニューヨーク大学在籍時に発売したシングル「The Other」。そしてその後発売されたしたシングル「I Like Me Better」は世界的大ヒットを記録した。またチャーリーXCXの「Boys」(ゴールド・ディスク獲得)など、アーティストへの楽曲提供も行っている。2017年秋にはエド・シーラン来日公演のオープニング・アクトの出演が予定されていたが、エド・シーランのケガにより来日公演が延期となり、ラウヴの来日は中止となった。デビューEP『ラウヴEP:ジャパン・エディション』を10月25日に発売。2018年3月、初の単独来日公演を代官山UNITで2回行った。同年5月、2015年のデビュー以来発売してきた全17曲からなるプレイリスト「I met you when I was 18.」が完結した。同年9月、ジュリア・マイケルズをフィーチャリングしたシングル「There’s No Way」を発売。
Apple Music/iTunes Spotify smartURL