1. Top >
  2. News


スワンズ、マイケル・ジラによる新作(6/15)セルフ・ライナーノーツ訳、全文公開!

—May.31.2016 15:15:34

SwansLive_CreditJensWassmuth_5_A写 small

2009年、私が自分のバンド、スワンズのリスタートを決意した時はまだその方向性などは決めてませんでした。もし過去をひきずって以前のカタログをやったりしても、それは無意味なことだはわかっていました。この再結成を一つの冒険としてこれから作る音楽をどのように未知の領域にまで持っていくかを塾考した末に、この5人を選びました。一緒にやる上で大いなる驚きを、そして不確実なものさえも与えてくれるようなこのメンバーたちを。サウンドの一番大切な部分であるハートと、どこへ流れ出すかもわからない川を乗り切ろうとする強さや自信を実際に見せながら。その”力強さ”とは何か? それは”愛”なのです!

そうして、ついにこの”愛”が私たちを導いてくれました。この編成のスワンズとして最も新しく、そして最後のアルバム・リリースをもって。『ザ・グローイング・マン』は、4枚のアルバム(そのうちの3枚は自分が思い描いていたものよりもさらに複雑で、微妙なニュアンスを持ち視野を持ったもの)、数枚のライヴ作品、いくつもの資金調達プロジェクト、そして数え切れないくらい、もはやエンドレスとも言えるツアーとリハーサルの数々や、私たちを愕然とさせ、元気でヒヤヒヤながらも今回の最終作品まで続けさせてくれたその呆れるくらいの摂生を経て作られたものです。私はここに、このサウンドに身を捧げると約束してくれた仲間やコラボレーターに感謝します。私は自然神教の信奉者では全くありませんが、時々、特にライヴの際に、これは私の特権であるのですが、私たちの日ごろの努力のおかげかほんのちょっとサウンドの中で無限の何かを捉まえて、明らかに私たち全員の力以上のある種のフォース(力)を起こすことがあるのです。ショーの後にメンバーとオーディエンスが話している時や後日の反応を通して、オーディエンスの彼らも同じような体験をしたということを聞くこと、それは本当にありがたいことです。私たちを新しい場所に導くそのフォースが何であれ、私たち大半にとっては価値のあるもので、私の音楽人生の中で絶えず最大限に挑戦し、満ち足りた時期であったことを嬉しく思います。

今後、この『ザ・グローイング・マン』のツアー後、私はまたスワンズの名の下で音楽を作り続けます。それはまた入れ替わったメンバー(コラボレーター)とともに。まだどんなサウンドになるのかあまりアイデアもないですが、それもいいことだと思っています。ツアーに関しては間違いなく今ほど大きなものになることはないでしょう、それは確かです。その未来に何があろうと、私はこの人間的、音楽的な才能溢れた独特な道のりのことを、いつか楽しみながら名残惜しむことでしょう。ノーマン・ウェストバーグ、クリストフ・ハーン、フィル・プレオ、クリストファー・プラウディカ、ソー・ハリス、それと私が合わさってまたどこかでまた再び。

新作解説
この歌「When Will I Return?」は、ジェニファー・ジラに歌ってもらうために特別に書きました。それは彼女の強さや勇気、それに彼女がかつて自分の顔に深い傷を負った体験からの回復、また日々そのことを克服し続けていることを讃えた歌です。

「The World Looks Red / The World Looks Black」という歌では、私が1982年に書いた歌詞をいくつか使っていますが、ソニック・ユースも過去リリースした曲で「The World Looks Red」という言葉を使ったようです。今回使っているメロディなどは全く以前のものとは異なります。このアルバムに向けた素材作りを終えようとしていた時に、今回の歌のベーシックとなるアコースティック・ギター・バージョンが出来て、それに歌詞を当てはめたのです。私にも理由はわからないのですが、私が普通にリビングやリハーサル場所(その頃ここでソニック・ユースもリハをしていた)でタイブライターで書いてほったらかしにしてた歌詞、それを(ソニック・ユース)のサーストンが私の許可を受けた上で持って行った。そのことが私の頭にパッと浮かび、思ったのが「(使って)いいよね?」という思い。この言葉を書いた本人は30年以上経って今の私とは全く違うが、使える言葉のまま、だから「(使って)いいよね?」と。もしかしたらある意味、一周回って同じところに来てるのかもしれません。

「The Glowing Man」という曲は、前作『To Be Kind』に収録した「Bring The Sun」という曲の一つのセクションを含んでいます。そのセクションはもちろん、今回新しいセッティングで演奏、アレンジされました。「The Glowing Man」そのものが有機的な形で誕生した曲で、「Bring The Sun」のライヴ・パフォーマンスの即興演奏から出てきたものでもあるので、楽曲にそのセクションを導入するのは十分に意味があり重要なことと思われました。そうした紆余曲折しながら誕生した曲なので、そのセクションはいつも曲の一番重要な指標となって、それ無しではこの楽曲をとても最後まで演奏することなどできなくなっていました。

「Cloud of Forgetting」と「Cloud of Unknowing」はともに祈りの歌です。「Frankie M」はまた別のトリビュートで、ある傷ついた魂に向けて願いを込めた曲です。「The Glowing Man」は私の大好きな禅の公安が入っています。「People Like Us」と「Finally, Peace」はともに旅立ち、惜別の歌です。

マイケル・ジラ 2016

新作(6/15発売)詳細はこちらより。
Swans_TheGlowingMan_J写 small

http://trafficjpn.com/news/swans1/

Traffic storeiTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv




New Entries