1. Top >
  2. Releases


Minus

—February.1.2018 23:45:03

Apple Music/iTunes Spotify

DB minus packshot

Daniel Blumberg


Minus
『マイナス』
Mute
2018. 5.4 OUT
全7曲
デジタルのみリリース



ダニエル・ブランバーグの『Minus』は実に驚くべき作品なった:それは、即興音楽の自由なニュアンスと剥き出しで感情の起伏の激しい楽曲とが見事に組み合わさったものであり、今作を制作する間に体験したブランバーグ自身の混乱、葛藤がこのアルバムの内容に深く根を下ろしている。

『Minus』は、あらゆる“断絶”と言うものがテーマとなったアルバムである:人間関係の“断絶”や現実社会との“断絶”、コミュニケーションにおける“断絶”、それに実際における”受け手側の崩壊”が描かれている。そういった傷心状態で作られたこのアルバムには、通底に信頼関係を失い精神的な病に陥ったひとりの人間の姿を感じることができる。

しかしながら、このアルバムに収録された7曲の中心を流れるものは、現実世界に戻っていこうとする強い精神力、呪文にも似た止まることのない歩みの感覚に満ちている。熱を帯びた呪文的言葉、自分の声を再び見つけ取り戻し、崩壊した自身そのものを復活させようとする魂の願いが繰り返されていくのである。

このアルバムは、ウェールズ郊外の人里離れた住まいの中でたったの5日間で録音された。それは7年連れ添ったパートナーと別れや子供時代からの友人との突然の死別、ブランバーグ自身の、今も続く精神の病の治療で入院していた病院から退院したばかりだったり、実にいろいろなことがあった中でのレコーディングであった。「様々なことが僕の周りで起きていたときだった。それで僕は今回の作品に没頭していったんだ。それこそ、この作品を完成させることに依存してたといってもいい」

まだ27歳である彼は、音楽に関しては実に誇るべき経歴を残している:10代のバンドの頃、YuckやOupa、それにHebronix等のプロジェクトを通してXLとまだ在学中に契約を交わし、その間David Berman (Silver Jews)、LowやLambchopそれにRoyal TruxのNeil Michael Hagerty(ここではブランバーグはHowling Hexのメンバーの一員として演奏した)などと当時近しい関係性を築いていた。

この『Minus』で、ダニエル・ブランバーグはこれまで探していた自分の在るべき場所についに到着したと言っていいだろう。

ブランバーグは直近5年間の大半をロンドン中心部近くのカフェOTOで、前衛的ミュージシャンのコミュニティのなかで過ごし、そこで活気と自信に満ちたミュージシャンたちとともに定期的に即興セッションをこなしていた。現場にはバイオリン奏者のBilly Steiger、ベーシストのTom Wheatley、サクソフォン奏者のSeymour Wright、チェロ奏者のUte KanngiesserそれにギタリストのRoss Lambertなどの面々がいた。そういった彼らと日々演奏をしていく中で、直感的にブランバーグの中で在るひらめきが起こり、(彼らとの)さらなる冒険と試みへの渇望が芽生えてきたのである。

ブランバーグはSteigerやWheatleyとクリエイティヴで強い関係性を築き上げ、彼の作ってきた曲を中心に、ともに新しく素晴らしい音楽を一緒に作っていった。素材が形となり、次第に彼らはこれらのセッションを作品という形にしようと考えるようになる。それでブランバーグは現代音楽において前衛的な作品を生み出している二人をさらにその作品制作に必要な候補として彼らの名前を挙げた。それはレジェンドクラスのプロデューサー、Peter Walsh(Scott Walkerの『Climate Of Hunter』以来のコラボレーター)と多くの尊敬を集めるドラマー、Jim White(Dirty ThreeやSmog、Cat Powerへの参加で知られる)である。

『Minus』は聴く者を、深く人間の魂の機微に到達するまで引きずり込み、心の奥深くまでその歩みを突き進めていく。このアルバムは即興的でアヴァンギャルド、実験的な演奏スタイルをその基本としながらも、リスナーに最もインパクトを与えるのはブランバーグの特筆すべき楽曲制作のちからであり、彼のメロディや作曲能力の才能には驚きを禁じ得ない。

『Minus』は魅力的で前衛的なアルバムであり、ダニエル・ブランバーグを英国で最も個性的で普遍的な歌声を持ったアーティストとして知らしめる作品となった。

-Tracklist-
1. Minus
2. The Fuse
3. Madder
4. Stacked
5. Permanent
6. The Bomb
7. Used To Be Older