1. Top >
  2. Artists


Throbbing Gristle

—April.4.2017 17:11:52

Throbbing-Gristle_1980_Credit_ThrobbingGristle_IndustrialRecords_small

Profile

スロッビング・グリッスル (Throbbing Gristle)
クリス・カーター(Chris Carter)
ピーター・クリストファーソン(Peter ‘Sleazy’ Christopherson/2010年11月逝去)
コージー・ファニ・トゥッティ (Cosey Fanni Tutti)
ジェネシス・P・オリッジ (Genesis Breyer P-Orridge)

インダストリアル・ミュージックのオリジネーターであり、今なお現在の音楽シーンに絶大な影響を与え続けている伝説のバンド。バンド名は直訳すると「脈打つ軟骨」、男性器の隠語。1969年から1970年代のロンドンのアンダーグラウンドにおいて伝説となったパフォーミング・アート集団、クーム・トランスミッション(Coum Transmission)を母体とし、1975年にバンドを結成。彼らのライヴは、クーム・トランスミッションから発展したパフォーミング・アートが特徴で、イギリスのタブロイド紙でも取り上げられるほど過激なパフォーマンスを繰り広げた。1977年、衝撃のデビュー作『ザ・セカンド・アニュアル・レポート』を発売。その後彼らの代表作『20 ジャズ・ファンク・グレーツ』(3rdアルバム/ 1979年)を発売するなど精力的に活動をしていたが1981年に一度解散。その後、各メンバーはメンバーはサイキックTVやクリス&コージーとして活動するも、2004年に再結成し2010年10月まで活動を続けた。同年11月、ピーター・クリストファーソン逝去。彼はアート集団ヒプノシスのデザイナーとしても活動し、ピンク・フロイド『炎〜あなたがここにいてほしい』、ピーター・ガブリエルの初期3作など歴史に残る作品を手がけた。またセックス・ピストルズ初の宣伝用アーティスト写真の撮影、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンなど数多くのプロモーション・ビデオを制作し、自身の音楽制作のみならず革新的な作品を数多く生み出した。

throbbing-gristle.com
mute.com


New Entries