ア・サートゥン・レシオ、先行シングル「Berlin」のMVを公開! 12年ぶりの新作は9/25発売!

—September.10.2020 23:45:56

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

「このアルバムは、これまで我々が行ってきたことの集大成だ」― ジェズ・カー(ACR)

40年にわたり同郷のニュー・オーダーと共にバンド形態としてUKダンスカルチャーにコミットし続け、ポストバンク・リヴァイヴァルで最も再評価されたア・サートゥン・レシオ(以下、ACR)、彼らの12年ぶりのニュー・アルバム『ACR ロコ』(9月25日)より先行シングル「Berlin」のミュージック・ビデオが公開された。

ビデオの監督は、以前ACRのトーキング・ヘッズのカヴァー「Houses in Motion」のビデオを監督したGroovy Chaos。


「Berlin」では、今年7月に逝去したデニス・ジョンソンの美しい歌声が収録されている。 マーティン・モスクロップは次のように語っている。「大きな喪失感をずっと抱えています。しかし、デニスの舞い上がる様な歌声は私たちの音楽の中で永遠に生き続けていくでしょう。このアルバムで彼女と一緒にレコーディングできたことはとても光栄です」

アルバム発売日の9月25日には、オンラインイベント”An Evening with A Certain Ratio”を開催する。ここではニュー・アルバム全曲ライヴ、DJセット、Q&Aなどが行われる。
詳細:こちら

ACRのメンバーは、ジェズ・カー、マーティン・モスクロップ、ドナルド・ジョンソンの3人組。マンチェスターで1977年に結成され、伝説のファクトリー・レーベルにとって最初のシングルは彼らのシングルであった。すぐさまポスト・パンクのパイオニアとして世界に知られるところとなるが、ファンク、ジャズ、エレクトロ、テープ・ループなどのアヴァンギャルド要素をポップソングの世界に持ち込み、それをポスト・パンクの美学で包み込んだのだった。その影響は、トーキング・ヘッズ、LCD サウンドシステム、ハッピー・マンデイズ、フランツ・フェルディナンド、ESG、ファクトリー・フロアー、アンドリュー・ウェザーオールに至るまで及んでいる。ガーディアン紙のデイヴ・シンプソンはこのバンドに敬意を払い「ひとたびARCを聞き始めたら、その音楽を止めことは難しい」と記事にして、「アシッド界のジェームス・ブラウン」と評している。

このアルバムはこれまでの40年間、彼らの嗜好や表現してきたものを完璧なまでに一気に詰め込んだものとなった。「先日リリースしたボックスセットのために過去を掘っていったことが我々を目覚めさせ、今回のアルバムに影響したのは間違いないね」と語るマーティン・モスクロップ。「そのことが我々のイマジネーションに火をつけてくれたんだ。過去のことも上手くやろうという気になったのは、未来に向けて前に進もうとしたからだ」と。このことがジェズ・カーとこのバンドの歴史をも再びつなげることになったのであるが、それは文字通り単なる過去の栄光の焼き直しではなく、このバンド独特の大胆で風変わりなスタイルでスタートすることであった。「我々はこのバンドの初期において存在した“全能感”をようやく取り戻すことができたんだ」と彼が語る。「自分か参加しているバンドや自分が作っている音楽以外他に全く何も考えられないあの感覚なんだ」。

商品概要

アーティスト:ア・サートゥン・レシオ (A Certain Ratio)
タイトル:ACR ロコ (ACR Loco)
発売日:2020年9月25日(金)
品番:TRCP-287 / JAN: 4571260590328
定価:2,400円(税抜)
解説: 野田努(ele-king) / 歌詞対訳付 / ボーナス・トラック2曲収録
*詳細 https://trafficjpn.com/releases/acr-loco/

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV



ニュー・オーダー、5年ぶりの新曲「ビー・ア・レベル」を本日発売! 「タフな時代だからこそ、この曲をみんなに届けたかったんだ」 ― バーナード・サムナー

—September.8.2020 19:00:36

Apple Music/iTunes Spotify

ニュー・オーダーは、2015年に発売された最新オリジナル・アルバム『ミュージック・コンプリート』以来、5年ぶりの新曲「ビー・ア・レベル」(Be a Rebel)を本日発売した。

「タフな時代だからこそ、この曲をみんなに届けたかったんだ。ライブはしばらくできないけれども、音楽は今なお私たちみんなで分かち合えるもの。楽しんでもらえると嬉しい…また会える日まで」― バーナード・サムナー

本来この曲は、今年秋に予定されていた彼らのツアーに先駆けて発売される予定だったが、そのツアーは2021年に延期され、それでも困難な時にこの曲を発売することの意義をバンドが感じて発売に至った。また、今年3月に予定されていたジャパン・ツアーは、コロナ禍の影響により延期となっている。(延期後の日程は現在調整中)

「反逆者になろう 破壊者じゃなくて」と歌われるこの高揚感あふれる曲は、このタフな時代においてわれわれ自身を祝い、いま持っているものに感謝しようというメッセージが込められている。その歌詞の対訳は以下の通り。

「ビー・ア・レベル」(Be a Rebel)対訳

僕は思う、調和が必要とされていると
ところが周囲を見回しても、それはどこにも見当たらない
怒りで歪んだ顔が幾つもこちらに向けられていて
僕は知りたい、なぜそんなに怒っているのか
この世界は危険な場所にもなり得るけど
代わりがあるわけじゃないし、その大きさはあなどれない

自分を見てごらんよ
ほかのみんなと似ていないかもしれない
違うだけなんだ、それで構わない
誰もが好きなように生きている
それに、人々が君の言葉に耳を貸さないのだとしたら
反論できないからなんだよ
だから腹を立てなくていい、悲しまなくていい
反逆者になろう、破壊者じゃなくて

その日はいずれ訪れるだろう
君が抱く不安や自己不信は消え失せてしまう
やるべきことを達成したんだからね
君の心に迷いはない
一点の曇りもない、家庭内のもめごとにすぎないんだ

自分を見てごらんよ
ほかのみんなと似ていないかもしれない
違うだけなんだ、それで構わない
誰もが好きなように生きている
それに、人々が君の言葉に耳を貸さないのだとしたら
反論できないからなんだよ
だから腹を立てなくていい、悲しまなくていい
反逆者になろう、破壊者じゃなくて

対訳:新谷洋子
———————————————————

ニュー・オーダーは、『権力の美学』(1983年)のディフィニティヴエディションを今年10月に発売する。このボックス・セットは、1983年と1984年に発売したアルバム未収録の12インチシングル「ブルー・マンデー」、「コンフュージョン」、「シーヴス・ライク・アス」、「マーダー」等が収録される。

2021年のツアー日程
THE UNITY TOUR NORTH AMERICA 2021
*co-headline with Pet Shop Boys
18 Sep – Toronto, ON – Budweiser Stage*
20 Sep – Boston, MA – Rockland Trust Bank Pavilion*
22 Sep – New York, NY – Madison Square Garden*
25 Sep – Philadelphia, PA – TD Pavilion at the Mann*
28 Sep – Columbia, MD – Merriweather Post Pavilion*
1 Oct – Chicago, IL – Huntington Bank Pavilion*
3 Oct – Minneapolis, MN – The Armory*
7 Oct – Vancouver, BC – Pepsi Live at Rogers Arena*
9 Oct – Gorge, WA – Gorge Amphitheatre, WA*
13 Oct – San Francisco, CA – Chase Center*
16 Oct – Los Angeles, CA – Hollywood Bowl*
1 Oct – Los Angeles, CA – Hollywood Bowl*

SPECIAL ONE-OFF LONDON HEADLINE SHOW
6 Nov – London, UK – The O2

商品概要

アーティスト:ニュー・オーダー / New Order
タイトル:ビー・ア・レベル (Be a Rebel)
発売日:2020年9月8日(火)

― Tracklist ―
1. ビー・ア・レベル
2. ビー・ア・レベル(エディット)

最新オリジナル・アルバム『ミュージック・コンプリート』(2015年)まとめ
こちら

ニュー・オーダー プロフィール
こちら

LINKS
http://www.neworder.com/
https://www.facebook.com/NewOrderOfficial
https://twitter.com/neworder
https://www.instagram.com/neworderofficial
https://www.youtube.com/user/neworder
https://open.spotify.com/artist/0yNLKJebCb8Aueb54LYya3
www.mute.com

Apple Music/iTunes Spotify



Pole: ベルリンを拠点に活動するダブ・テクノのパイオニア、 新作を11月に発売。 新曲を公開!

—August.24.2020 15:55:55

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

ベルリンを拠点に活動するミニマル・ダブのパイオニア、ステファン・ベトケのプロジェクトPoleのニュー・アルバム『フェイディング』が11月6日に発売され、新曲「Röschen」が公開された。ニュー・アルバムは、『ヴァルト』以来5年ぶりの8作目の作品。

「Poleの作品は全て過去自分が作ってきたものとつながっている」とPoleことステファン・ベトケが語る。「縦方向に一本の線が進んでいくように、過去の『POLE 1』、『POLE 2』、『POLE 3』から今に至るまで、全てはつながっているんだ 自分が作った言語や単語など面白そうな要素はキープしつつ、新しい要素を付け加えて行っている」

人の歴史を掘り起こしていくこと、 それがアルバム『フェイディング』を作るきっかけになっている。「このアルバムはほぼ全て、“記憶の喪失”という概念がもとになって出来上がった」と語るベトケ。「自分の母親が当時認知症にかかっていて、彼女が91年にもわたって積み上げてきた彼女の記憶全てを無くしていく様子を見ていたんだ。まるでその様は、生まれたてで彼女の人生が始まったばかりのような感じに思えた。まさしく、まだ中身が空っぽの箱のような」。

といってもこのアルバムはいわゆるコンセプト・アルバムではない。この“記憶をなくす”という概念は、ベトケにとってアルバムに取り掛かるためのきっかけでしかなく、このベルリン在住のアーティストはこの概念を題材に、さらなるサウンドの深みを追求していくことになるのである。「今回のこのアイデアは、物事の方向性を決めて進む”動力”のようなものだった」と語る彼。「最初のトラックである「Drifting」に関していうと、人生において考えや考える力がほぼ空の状態から徐々に増えていく様を表現し、曲の最後には遠くで鐘の音が鳴る、というようにして、最後のトラックの「Fading」では、その蓄えてきた力が徐々に薄れていき、最後には消えてしまう、というようなことをサウンドで表現した。しかしながら人というのは、全てを失うわけではなく、感情やイメージ、何かしらの雰囲気みたいなものは残していく。生きとし生けるものは全て地球上に何かを残していく」

このようなアプローチのおかげで、ベトケは自身の記憶や過去とも再びつながりを持つことになるのである。「今回の作品のサウンドの中で、ちょっとした破裂音や雑音などがいくつか聞こえると思うんだけど、それらは直接以前の三部作から引用したものなんだ。しかしそれらは、そんなに煩くは聞こえないと思う。それが私としては何かしらかのヒントで、自分の記憶も徐々に薄れて行ってると思うから」

元々多面性を持つベトケの性格上、結果、このアルバムはヘッドフォンで没入して聴くのに最適で、かつスピーカーを通して体が震えるような大音量で聴くこともできる作品となった。

人生というのは、偶然から生まれ、スタートするものかもしれないー 実際、Poleという名前も、彼に唯一無二のサウンドをもたらしたウォルドルフの4-Poleという機材から命名された― しかしながら時は流れ、彼のサウンドは姿形を変え、より洗練されて巧みに、しかも力強く進化を遂げてきた。しかしながら、偶然からの生まれた要素はいまだにベトケ・ワールドにとっては歓迎すべきものとなっている。今回の強烈なアートワークがその際たるものである。「この間、超強烈な雷を伴った嵐があって、自分家のテレビが壊れて、ほぼ10分間全く映らなくなったことがあった」と彼が語る。「テレビの画面が再び何とか映像を出そうとするんだけど、それがすごく変なんだ。僕はその(画面の)写真をいっぱいとって、後からそれを全部調べた。その中で3枚、人間がその絵の中に入ってきて、最後には消えていなくなっている、っていうものがあったんだ。それらは油絵のようで、その消えていく様子が、まるで3枚の連作のように思えたんだ」。

このアルバムは最終的に、予測も出来ない偶然の産物が(アートワークとして)加わることによって、完璧なまでに丁寧に作り込まれた芸術作品の体裁となった。まるで、この作品がこの三枚の写真をきっかけにして全てスタートしたのかのように。

商品概要

アーティスト:ポール (Pole)
タイトル:フェイディング (Fading)
発売日:2020年11月6日(金)
品番:TRCI-68 / JAN: 4571260590496
定価:2,300円(税抜)
帯・解説付輸入盤

Tracklist
1. Drifting
2. Tangente
3. Erinnerung
4. Traum
5. Tölpel
6. Röschen
7. Nebelkrähe
8. Fading

https://www.facebook.com/pole.stefanbetke
https://pole-music.com/

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV