テレックス、細野晴臣よりコメントが到着!第2弾先行S公開!

—March.3.2021 01:52:15

Apple Music/iTunes Spotify amazon music unlimited YouTube Music amazon(CD)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~いま甦る、隠されたテクノ革命!~
シンセポップのバイオニア テレックス、
新ミックス&リマスターのベスト盤(4/30 )より第2弾先行シングル「ディア・プルーデンス」の音源とMVを公開!
細野晴臣よりコメントが到着!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シンセポップのパイオニア、テレックスの再発シリーズ第1弾、新ミックスとリマスターを施したベスト盤『ディス・イズ・テレックス』(4月30日発売)より、第2弾先行シングルとしてザ・ビートルズのカヴァー曲「ディア・プルーデンス」の音源とミュージック・ビデオが公開された。また細野晴臣からテレックスへコメントが寄せられた。

細野晴臣コメント
「先日Miharu Koshiと最近のフランスの新しいPOPSを聴いていて、『これはTelexみたいだ』と話してたんです。Telexのような音楽は今や普遍的なPOP MUSICになったんだと思いました。Telexの皆さんとセッションした暑い夏のブリュッセルがとても懐かしく、優しい心で迎えてくれたことを感謝してます。マルク・ムーランさんの逝去、とても残念ですが、きっと彼も僕たちと同じく、ベスト盤のリリースを喜んでいることでしょう。また、近い将来、あなたたちの新作が聴ける日を楽しみに待ってます」

細野晴臣とテレックスとの縁は、イエロー・マジック・オーケストラと共に、エレクトロニック・ミュージックのパイオニアとして世界的な活躍をしたのみならず、細野晴臣がプロデュースしたコシミハルの『Tutu』(1983年)においてテレックスの“L’Amour Toujours”の日本語カヴァーをテレックスの自前スタジオでメンバーも参加して録音が行われたというかかわりがある。

1978年に発売されダンスフロア・クラシックとなった「モスコウ・ディスコウ」は、ハウスやテクノといったまだ誰にも想像されていなかったエレクトロニック・ミュージックへの布石となった。時代の先を行っていたこのトラックの評価は、時が経つにつれて高まってきており、同時代の他のエレクトロ・ポップが廃れていく中で、その評価はさらに高まっている。テレックスはファニーなのと同時にシリアスなのである。

アルバム『ディス・イズ・テレックス』には、「モスコウ・ディスコウ」や「ユーロヴィジョン」といった代表曲、スライ&ザ・ファミリー・ストーンやスパークスのカヴァー曲、未発表曲としてザ・ビートルズの「ディア・プルーデンス」とソニー&シェールの「ザ・ビート・ゴーズ・オン」の2曲のカヴァー曲が、さらに日本盤ボーナス・トラックには「モスコウ・ディスコ」と「ユーロヴィジョン」の英語ヴァージョンが収録される。

本作は、オリジナル・テープを元に彼ら自身によって新たにミックスとリマスターが施された。「我々はシンプルにしているんだ。トラックを取り除き、より優れた、よりテレックスらしいものを作るのさ。新しく音楽を作り始めた感じだね、奇跡だよ」とメンバーのダン・ラックスマンが述べている。

商品概要

アーティスト:テレックス (Telex)
タイトル:ディス・イズ・テレックス (this is telex)
発売日:2021年4月30日(金)
品番:TRCP-289 / JAN: 4571260590878
定価:2,400円(税抜)
新ミックス+リマスター作品
ボーナス・トラック2曲収録 / 解説: 野田努(ele-king)

Tracklist
1. The Beat Goes On/Off *
2. Moskow Diskow
3. Twist à Saint-Tropez
4. Euro-vision
5. Dance To The Music
6. Drama Drama
7. Exercise Is Good For You
8. L’amour toujours
9. Radio Radio
10. Rendez-vous dans l’espace
11. Beautiful Li(f)e
12. The Number One Song In Heaven
13. La Bamba
14. Dear Prudence *
15. Moskow Diskow (English Version)**
16. Eurovision (English Version) **
*未発表曲
**日本盤ボーナス・トラック

テレックス(Telex)
1978年、ベルギーのブリュッセルで結成したシンセポップ・トリオ。メンバー:ダン・ラックスマン、ミシェル・ムアース、マルク・ムーラン(2008年逝去)。シンセポップのパイオニア。1978年、シングル「モスコウ・ディスコウ」を、翌年1979年にはデビュー・アルバム『テクノ革命』を発売。1980年、シングル「ユーロヴィジョン」収録の2ndアルバム『ニューロヴィジョン』を発売。1981年、スパークスが参加した3rdアルバム『Sex』を発売。その後も新たなテクノロジーの発展の中、自らの本質を失うことなく、むしろ革新的な作品を次々と発表していった。2006年、カムバック作『How Do You Dance?』を発売。2008年、マルク・ムーラン逝去。2021年4月、MUTEより再発シリーズ第一弾『ディス・イズ・テレックス』発売。

1st アルバム: Looking For St. Tropez (『テクノ革命』)(1979年)
2nd アルバム: Neurovision(1980年)
3rd アルバム『Sex』(1981年)
4th アルバム: Wonderful World(1984年)
5th アルバム: Looney Tunes(1986年)
6th アルバム: How Do You Dance?(2006年)

Apple Music/iTunes Spotify amazon music unlimited YouTube Music amazon(CD)



CAN、 歴史的ライヴ音源を5/28に発売!ダイジェスト音源公開!

—February.25.2021 01:49:41

amazon iTunes

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CAN、 歴史的ライヴ音源を最高の音質でお届けする
『CAN:ライヴ・シリーズ』を開始!
第一弾は5/28発売!ダイジェスト音源公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「もしもCANの音楽にアルバムからのみで触れているのなら、驚かないよう準備して欲しい。このバンドはグレイテスト・ヒッツから選曲した演奏で観客をなだめるような連中ではない。これらのライヴ音源は、バンドの全く異なる視点を明らかにしてくれる」 – プレス・リリースより

昨年大きな反響を呼んだ再発プロジェクトにより、今なお世界の音楽シーンに多大な影響を与え続けていることを証明したドイツの巨星CAN、しかしながら全てのアルバムを通してCANを知っていると思っても、『CAN:ライヴ・シリーズ』の音源にはさらに大きなサプライズが用意されている。彼らの音楽は、二度同じ川を渡ることはないのだ。

『CAN:ライヴ・シリーズ』は、数巻に渡って発売され、1970年代に活発に活動していたバンドの10年間の大部分をカバーすることになる。その第一弾として『ライヴ・イン・シュトゥットガルト 1975』(Live in Stuttgart 1975)がMUTE/Spoonレーベルより5月28日に発売されることとなり、ダイジェスト音源が公開された。

CAN は1968年にケルンのアンダーグラウンド・シーンに初めて登場し、初期の素材はほとんど残されていないかわりに、ファン・ベースが拡大した1972年以降は、ヨーロッパ(特にドイツ、フランス、UK)で精力的にツアーを行い、伝説が広がるにつれ、多くのブートレッガーが集まってきたのだ。『CAN:ライヴ・シリーズ』は、それらの音源の中から最高のものを厳選し、イルミン・シュミットとルネ・ティナ―による監修で、21世紀の技術を駆使して、重要な歴史的記録を最高の品質でお届けする。小説家であり、よく知られたCANファンであるアラン・ワーナーは言う──「彼らのライヴ・パフォーマンスは、壮大な物語が語られているかのようだ──異なる章からなり、気分や天候、季節、異国情緒あふれる風景など、変化に富んだ小説のような」。

60年代後半に結成され、10年余りで解散したCANの、ヒプノティックなグルーヴと前衛的なインストゥルメンタルのテクスチュアの、前例のない大胆なマリアージュは史上最も重要で革新的であり、これらのアルバムがバンドの全く異なる視点を明らかにしてくれる。
ジャムでは、おなじみのテーマ、リフやモチーフが飛び出し、波紋を広げるのが聴こえてくるが、多くの場合、それは渦巻く群衆の中で束の間、認識された顔に過ぎない。他にも、公式アルバムでは採用されなかった音楽を聴くことができる。CANはこれらの録音で、スタジオ・ワークを行う時よりもさらに極端な範囲にまで到達する──メロウ、アンビエントなドリフト・ロックから、彼らが“ゴジラズ”と称したホワイド・ドワーフ(白色矮星)状態における、音がメルトダウンする瞬間まで。また彼らが分刻みのリズムを追いかけて合わせて行く過程にも、メンバーが共有していた並外れた音楽のテレパシーを聴くことができるのだ。

商品概要

アーティスト:CAN (CAN)
タイトル:ライヴ・イン・シュトゥットガルト 1975 (LIVE IN STUTTGART 1975)
発売日:2021年5月28日(金) / 2枚組CD
品番:TRCP-291〜292 / JAN: 4571260591011
定価:2,700円(税抜)
海外ライナーノーツ訳 / 解説: 野田努(ele-king)

-Tracklist-
CD-1
1. Stuttgart 75 Eins
2. Stuttgart 75 Zwei
3. Stuttgart 75 Drei
CD-2
1. Stuttgart 75 Vier
2. Stuttgart 75 Fünf

プロフィール
CANはドイツのケルンで結成、1969年にデビュー・アルバムを発売。
20世紀のコンテンポラリーな音楽現象を全部一緒にしたらどうなるのか。現代音楽家の巨匠シュトックハウゼンの元で学んだイルミン・シュミットとホルガー・シューカイ、そしてジャズ・ドラマーのヤキ・リーベツァイト、ロック・ギタリストのミヒャエル・カローリの4人が中心となって創り出された革新的な作品の数々は、その後に起こったパンク、オルタナティヴ、エレクトロニックといったほぼ全ての音楽ムーヴメントに今なお大きな影響を与え続けている。ダモ鈴木は、ヴォーカリストとしてバンドの黄金期に大いに貢献した。2020年に全カタログの再発を行い大きな反響を呼んだ。2021年5月、ライヴ盤シリーズ第一弾『ライヴ・イン・シュトゥットガルト 1975』を発売。

www.mute.com
http://www.spoonrecords.com/
http://www.irminschmidt.com/
http://www.gormenghastopera.com

amazon iTunes



キャバレー・ヴォルテール、新曲発売!今春には2枚のドローン・アルバムも発売!

—January.29.2021 15:55:26

Apple Music/iTunes Spotify amazon music unlimited

「今回の活動再開に於けるこのバンドの理念は、懐古主義でなく、一般的なルールにも当てはめず、21世紀に向けた作品を作ること。全て新しいものであることだ」 — リチャード・H・カーク(キャバレー・ヴォルテール)

昨年、26年ぶりのアルバム『シャドー・オブ・フィアー』を発売したキャバレー・ヴォルテールが、その関連作品として3曲入り新作『シャドウ・オブ・ファンク EP』を2月26日に発売することを発表し、先行シングル「Billion Dollar」を発売した。また、今春には2枚のドローン・アルバム、『Dekadrone』(3/26)、『DN9Drone』(4/23)を発売する。これらの作品は相互に関連しており、この2枚のドローン・アルバム発売をもってシリーズ完結となる。

新EPは、昨年発売されたアルバムの起源であるライブパフォーマンスを反映させ、よりハードで推進力のある側面を前面に出した内容となっている。

キャバレー・ヴォルテールは、1973年に結成から現在まで常に時代の先を行く活動を続けてきた。新作に関して、メンバーのリチャード・H・カークは次のように述べている。
「このコロナ禍という状況が私が行う作業に大きく影響したことはなかった。全てのボーカル素材はすでに録音し終えていたし、、、だけれどももしかしたら私の分裂症的な気質によって、妙なことだけれども現在の世情の動きを捉えたようなものが今作に入り込んでいるかもしれないね」。

商品概要
cabaret voltaire shadow of funkのコピー.jpg
『シャドー・オブ・ファンク EP』(Shadow Of Funk EP)
–Tracklist–
Shadow of Funk
Skinwalker
Billion Dollar

最新アルバム『シャドー・オブ・フィアー』詳細はこちら

プロフィール
CabaretVoltaire_PressPhotograph_LOW.JPG
バンド名の由来:1910年代に既成の秩序や常識に対するカウンターとして起こった反芸術運動(ダダイズム)の活動拠点であったスイスのキャバレーの名前にちなんでいる。既存の音楽の解体、再構築という彼らのサウンドと共鳴している。
73年結成。シェフィールド出身。オリジナル・メンバーはリチャード・H・カーク(guitars, keyboards, tapes)、スティーブン・マリンダー(1994年脱退/ vocals, bass, keyboards)、クリス・ワトソン(1981年脱退/ keyboards, tapes)。現在は、リチャード・H・カークのソロ・プロジェクトとなっている。
79年にデビュー・アルバムをリリース、82年初来日公演実施。
2020年11月、26年ぶりとなるスタジオ・アルバム『シャドー・オブ・フィアー』を発売。

https://twitter.com/CabsVoltaire
https://www.facebook.com/CabaretVoltaireOfficial/
www.mute.com