[ Death Vessel ] ヨンシー(シガー・ロス)共作/ヴォーカル参加曲収録!海外メディアも大絶賛のデス・ヴェッセル新作リリース! 2014.01.08

—January.8.2014 15:31:27

Death Vessel Band Photo
「彼のソフトで少年のような声は、ある種の無垢さを以て、すべての虚飾を取り払う、 
現役ではベスト・シンガーソングライターというほかないだろう」— Rolling Stone誌
美メロでエモーショナル!海外プレス大絶賛!
ジョエル・シボドーのソロ・プロジェクト、デス・ヴェッセル3枚目のニュー・アルバム。 
アコースティックを基調とした神秘的で美しい旋律とピュアなヴォーカルが絡み合ったサウンドここに極まる! 
プロデューサーは、ヨンシーのパートナーでありシガー・ロスの作品等を手掛ける、 
アレックス・サマーズ。本作はアイスランドにあるアレックスのスタジオでレコーディングされた。
【ミュージックビデオ】 
■ヨンシー共作&ヴォーカル参加曲‘ Ilsa Drown (featuring Jônsi) ‘  
ストリーミング(not the video) 


【バイオグラフィー】 
ジョエル・シボドー(Joel Thibodeau)によるプロジェクトデス・ヴェッセル。 
彼は、ベルリンで生まれ、10代の頃にアメリカに移住してきた。現在はアメリカで 
一番面積が小さい州であるロードアイランド州を拠点に活動している。 
2005年にアルバム・レビューを飾り、瞬く間に評判を呼び、2006年、Sub Popと契約。 
アイアン&ワイン、ロウ、ホセ・ゴンザレス等とツアーを行う。 
2008年、2ndアルバムを発売。本作は6年振り3枚目のオリジナル・アルバム。 
ヨンシー(シガー・ロス)との共作、ヴォーカル参加作が収録されており、 
アイルランドのスタジオにてアレックス・サマーズ(シガー・ロスなど)をプロデューサーに 
迎え制作された。その吟遊詩人活動から生み出された神秘的な世界観、 
ピュアな歌声は、全2作も非常に高い評価を得ていた。
http://www.deathvessel.com/http://www.subpop.com/artists/death_vessel
Death Vessel J写_large
【作品概要】 
・アーティスト: デス・ヴェッセル 
・タイトル: アイスランド・インターヴァルズ 
・発売日: 2月19日 (水) 日本先行発売(US:2/24) 
・スペシャル・プライス: 2,000円(税抜)  
・品番: TRCP-150 
・ボーナス・トラック収録予定 
・解説、歌詞対訳付
[Tracklist] 
1. Cult Of Love 
2. Evil Blooms 
3. Rimbaud Eyes 
4. Are You Okay  
5. Too True To Be Good 
6. In The Wake Of You 
7. Lost Boys And Girls Club 
8. Little Minx 
9. Under These Hands 
10. Trouble Is My Name
+ボーナス・トラック



[ Kitsuné ] クリスマスコンピ、配信好調& ジルダ、イベント出演発表!

—December.16.2013 15:47:58

2013.12 kitsune christmas party flyer small
Kitsuné のボス=ジルダがセレクトしたコンピレーション「Season’s Greetings Mix」(Digital Album)が12月11日に配信がスタートされ、iTunesではエレクトロのランキングでTOP10にチャートインするなどホットな動きを見せる中、12月21日に渋谷のWOMBで行われる「KITSUNE CHRISTMAS PARTY」へのジルダの出演が15日に発表された。
本作に関してジルダは「ハウスミュージックって、いつも僕らの中にあって、一度味わったら最後、ダンスフロアであの衝撃をもう一度って思っちゃうんだよね。このクラシックなヴァイブを再び掘り起こすために、すごくワクワクしながらミックスすることが出来てホント嬉しかったよ。いつの時代もリバイバルというのがあって、そういう意味ではクリスマスってホント、“ハウス再来”を祝うにはピッタリの機会だったよね」と語っているが、ピアノあり、お約束のソウルフルなボーカルあり、と、まるで楽しげなハウスパーティのように今話題のニューカマー&楽曲が盛りだくさんに収録されている。
今回のイベントで来日するオーストラリアで話題のディスコ新世代、The SwissのAmtracによるリミックスで幕を開け、今年一番のラヴリー・チューン、元LCD SoundsystemのNancy WhangをフィーチャーしたClas­sixxの「All You’re Waiting For」で締めくくるという、ハウス/エレクトロでパーティーを盛り上げるには手軽で最高のコンピレーションになっている。そんな本作をリアルに体感できる「KITSUNE CHRISTMAS PARTY」もスペシャルな夜になるに違いない。 


■イベント「KITSUNE CHRISTMAS PARTY」 
2013年12月21日(土) WOMB (渋谷)  OPEN: 23:00   Ticket:DOOR: ¥3500 /MEMBER:¥3000 
出演:GILDAS/THE SWISS/JUAN MACLEAN 
(詳細)http://www.womb.co.jp/ 

■最新コンピレーション「Season’s Greeting Mix」全曲試聴(YouTube) 
http://www.youtube.com/watch?v=GvVgKjn2ICE
■作品概要 
VA『Gildas Kitsuné Season’s  Greetings Mix』 
*詳細はこちらより。http://trafficjpn.com/release/select_artist/2



[ Dum Dum Girls ]最新作はガールズ・ロックのマスターピース! 1/22発売!

—November.29.2013 16:00:14

Print
タイトなミニ・スカート、破れたストッキング、ブラック・レザーを身にまとい、甘く感傷的なメロディーとラモーンズの様な疾走感を奏でる、ディー・ディー率いるガールズ・ロック・バンド、ダム・ダム・ガールズ、3枚目のアルバム登場! 
プロデューサーは、ブロンディーやゴーゴーズのデビュー・アルバムや、リチャード・ヘルの代表作『ブランク・ジェネレーション』を手掛けた伝説のプロデューサー、リチャード・ゴッテラー。 
そのまま全曲ポップ・ソングとしても通用してしまう楽曲の質の高さ、そしてディー・ディーのロック・シンガーとしての存在感は、ここしばらくガールズ・ロック・バンドが到達しえなかった境地。 
60sポップス、パンク、ニュー・ウェイヴ、ライオット・ガールというガールズ・ロックの系譜は、今作品によってダム・ダム・ガールズにつながっていくことになったのだ。
【ミュージックビデオ】 

■「 Lost Boys And Girls Club」 Video via H&M Life (H&Mとのコラボレーション・ミュージック・ヴィデオ) 


■アルバム・トレーラー 


【バイオグラフィー】 
カリフォルニア州ロサンゼルス・サンペドロ出身のガールズバンド 
リード・ヴォーカルのディー・ディー(Dee Dee)のソロプロジェクトとしてスタート。バンド名はThe Vaselinesの「Dum Dum」とイギー・ポップの「Dum Dum Boys」からとられた。2009年7月にサブ・ポップと契約し、 
2010年、1stアルバム『I Will Be』をリリース。ピッチフォークやNMEといった音楽メディアから高い評価を受けた。 
2011年、2ndアルバム『Only in Dreams』をリリース。SPIN誌の年間ベスト・アルバムのリストで17位に選ばれた。
【作品概要】
アーティスト: ダム・ダム・ガールズ 
タイトル: トゥー・トゥルー 
発売日: 2014年1月22日 日本先行発売 (US:1/27) 
ボーナス・トラック収録/歌詞対訳付/解説:多屋澄礼(Twee Grrrls Club) 
スペシャル・プライス: 2,100円(税込)  
TRCP-149 
レーベル: Sub Pop 
[Tracklist] 
1. Cult Of Love 
2. Evil Blooms 
3. Rimbaud Eyes 
4. Are You Okay  
5. Too True To Be Good 
6. In The Wake Of You 
7. Lost Boys And Girls Club 
8. Little Minx 
9. Under These Hands 
10. Trouble Is My Name 
+ボーナス・トラック