[ Soundgarden ] 伝説のデビュー作が大展開中。全曲試聴もスタート。

—November.22.2013 16:03:50

soundgarden IMG_4097
リマスターにより音源が格段にアップしたデビュー作、このシュガーコーティングなしの剥き出しの楽曲は凄いのひとこと。
全曲試聴はこちらより!⇒ http://p.tl/Kzij
●商品概要 
サウンド・ガーデン / Soundgarden 
『スクリーミング・ライフ/ フォップ』 
2013年11月20日 (水) 日本先行発売(US:11/26) 
解説/歌詞対訳付スペシャル・プライス: 2,100円(税込)

□Tシャツ付き限定盤(タワーレコード限定) TRCP-148WM (Mサイズ)  TRCP-148WL(Lサイズ) 4,500円(税込)



[ Soundgarden ] サウンドガーデンの伝説のデビュー作、リマスタリングにて11/20発売!

—November.18.2013 17:10:53

Soundgarden_ScreamingLife_2013
巨大ロック・フェス、ロラパルーザ2014年の南米6公演(3/29,30チリ、4/1,2アルゼンチン、4/5,6ブラジル)の出演決定に続き、6月にはブラックサバスとのドイツツアーも発表になりバンド自体の活動も活性化しているサウンドガーデン。 
それを控え“発売25周年記念盤”として、デビュー作にして初期オルタナ,グランジ・シーンの重要作「スクリーミング・ライフ」とそれに続く「フォップ」をパッケージしたアルバム「スクリーミング・ライフ/フォップ」のリマスタリング盤が11/20に発売される。 

この作品の聴きどころはやはりマスタリングにてジャック・エンディーノが蘇らすバンド初期の混沌としたエネルギーと荒々しいサウンドだろう。この10月に発売されたニルヴァーナの「イン・ユーテロ」20周年記念盤にもジャックの録音によるデモ数曲が収められているが、ジャックはシアトルでサウンドガーデン、ニルヴァーナ、マッドハニーなど数多くのバンドを手掛けてきた経歴の持ち主で、本作でもまさにツボを心得たエンジニアリングを施している。 

また、この「スクリーミング・ライフ/フォップ」は急遽、Tシャツ(M.Lサイズ)付き(4,500円 税込)も11/30にタワーレコード限定で発売されることになった。数量限定アイテムのためファンの方は早めにチェックしていただきたい。 



●試聴「ナッシング・トゥ・セイ」 (NOT THE VIDEO) 


●商品概要 
サウンド・ガーデン / Soundgarden 
『スクリーミング・ライフ/ フォップ』 (Screaming Life/ Fopp) 

2013年11月20日 (水) 日本先行発売(US:11/26) 
解説/歌詞対訳付スペシャル・プライス: 2,100円(税込)   TRCP-148  発売元:Traffic 

□Tシャツ付き限定盤(タワーレコード限定) TRCP-148WM (Mサイズ)  TRCP-148WL(Lサイズ) 4,500円(税込) 


●バイオグラフィー 
84年、シアトルにて結成。86年、SUB POPと契約し、87年、デビュー作『スクリーミング・ライフ』リリース。88年、『フォップEP』リリース。SUB POPコンピレーション『SUB POP 200』に「Sub Pop Rock City」を提供。SSTレーベルからデビュー・アルバム『ウルトラ・メガ・OK』(‘88年)をリリースし、グラミー賞にノミネートされる。3rdアルバム『バッドモーターフィンガー』(91年)は初のプラチナ・ディスクを獲得。レッド・ツェッペリンやブラック・サバスを混ぜ合わせたと言われるヘヴィ・ロックで注目を集めるようになり、またシアトルから全世界に飛び火したグランジ・ブームの追い風にも乗り、’94年にリリースした『スーパーアンノウン』は全米1位に輝いた。続く5thアルバム『ダウン・オン・ジ・アップサイド』(96) も全米2位となるが、その1年後の’97年にバンドは解散。2010年、再結成をし、ロラパルーザにヘッドライナーで出演した。2012年には6thアルバム『キング・アニマル』発売。

●Link 
HP: http://www.subpop.com/artists/soundgarden 
Twitter: https://twitter.com/soundgarden 
facebook: https://www.facebook.com/Soundgarden 
Website: http://soundgardenworld.com/



[ Cabaret Voltaire ] リイシュー第2弾  さらにSk8ightTing(スケートシング)とのコラボレーションが実現!C.EのTシャツ付限定盤を同日発売!

—November.18.2013 15:36:15

ele-king(白)&Traffic(黒) small
‘83年の「ザ・クラックダウン」をはじめとする中期の名盤3作リイシューが世界的再評価につながっているキャバレー・ヴォルテールが、第2弾として「ドリンキング・ガソリン」を1月22日に発売する。 
‘85年に4曲入りEPとして発売された同作品にリマスターを施し、映像はインダストリアル映像のバイブルとして入手困難だった「ガソリン・イン・ユア・アイズ」を初DVD化し、更に今回新たに4曲のMVを追加することで収録時間80分以上という充実したCD+DVDの2枚組になっている。 

 そしてもうひとつ大きなトピッックとして、今回はTシャツ付き限定盤も同時発売される。今回のTシャツでは「GOODENOUGH」「A BATHING APE®」などの設立に関わり、現在はブランド「C.E」を立ち上げているグラフィック・デザイナー/イラストレーター/ DJのSk8ightTing(スケートシング)とのコラボレーションが実現した。世界的に有名なミュートレコードのロゴにも遊び心ある改編が加えられえている等、ぜひ手に入れたいレア・アイテムになっている。なお黒Tシャツ付盤は市販ルートにて限定100セット、また、白Tシャツ付盤はele-kingの通販サイトANYWHERE STOREにて数量限定生産にて販売される。
「キャバーレ・ヴォルテールの魅力といえば、ノイズ/インダストリアルというジャンルを拡張した音楽性のみに限られたものではありません。彼らのアートワークは、スタイル雑誌の草分け『THE FACE』のアートディレクター、80年代のUKでもっとも影響力のあったデザイナー、さまざまなフォントの開発者、巨匠ネヴィル・ブロディが手がけています。つまり、当時のキャバレー・ヴォルテールとは、もっともエッジの効いた音楽をスタイル・カルチャーを切り開いた有名デザイナーがデザインしたものだったのです。そして、その影響は日本にも及んでいます。キャバレー・ヴォルテールが再発されると聞いて、すぐさま「ネヴィル・ブロディ」の名を挙げたのが、グラフィック・デザイナーのSk8ightTing(スケートシング)です。しかも、時代の風を敏感に読むことで知られるこの天才デザイナーの近年の作品が、インダストリアル調のものなのです。つまり、キャバレー・ヴォルテールとのコラボレーションは、ある意味必然だったと言えます。」— 野田努 (ele-king, http://ele-king.net ) 


■Music Video (DVD収録Music Video) 

1)’Just Fascination’(アルバム “The Crackdown”収録曲) 


2) ‘Sensoria’(アルバム”Micro-phonies”収録曲)

3) ‘I Want You’(アルバム” The Covenant, The Sword and the Arm of the Lord”収録曲) 


■Sk8ightTing(スケートシング) 

グラフィックデザイナー/イラストレーター/DJ。 
89年、アパレル・レーベル「GOODENOUGH」、93年に「A BATHING APE®」の設立に関わり、2011年にはT・フェルトウェル、Y・ヒシヤマと「C.E」を設立。2013年3月「C.E Autumn/Winter 2013-14 Presentation」を東京コレクションで開催。 
https://www.cavempt.com/ 


■商品概要 

drinking gasoline J写small
アーティスト:キャバレー・ヴォルテール 
タイトル:ドリンキング・ガソリン 
2014年1月22日 発売   
【通常盤】 (CD+DVD)  2,500円(税抜) TRCI-42 *紙ジャケット 
【Tシャツ付限定盤】(CD+DVD+Tシャツ) 6,500円(税抜) TRCI-43*紙ジャケット 

*商品詳細 http://trafficjpn.com/release/select/102 

<販売リンク先> 
『ドリンキング・ガソリン』 通常盤 http://amzn.to/1fiYQpL 
『同』黒Tシャツ付限定盤 (M サイズ) http://amzn.to/1fiZcwG 
『同』黒Tシャツ付限定盤 (Lサイズ)  http://amzn.to/1bWyYjw 
『同』白Tシャツ付限定盤 (M, Lサイズ) ele-kingウェブショップANYWHERE STORE http://www.ele-king.net/anywherestore/ 

■BIOGRAPHY 
73年結成。シェフィールド出身。バンド名は1910年代に既成の秩序や常識に対するカウンターとして起こった反芸術運動(ダダイズム)の活動拠点であったスイスのキャバレーの名前に由来する。既存の音楽の解体、再構築という彼らのサウンドと共鳴している。オリジナル・メンバーはリチャード・H・カーク(guitars, keyboards, tapes)、スティーブン・マリンダー(vocals, bass, keyboards)、クリス・ワトソン(81年に脱退/ keyboards, tapes)。79年にデビュー・アルバムをリリースし、15枚のスタジオ・アルバムをリリースしている。82年初来日公演実施。95年以降は活動休止中だが、最も再結成が望まれるバンドのひとつ。2013年、リイシュー第一弾として名盤3作をリマスター/紙ジャケットにて再発。