1. Top >
  2. Releases


Mess

—March.19.2014 03:34:20


Liars_Mess_J写 large

Liars


Mess
『メス』
Mute
2014.3.19 OUT
CD TRCP-151
2,100円(税抜)
CD日本先行発売 (UK:3.24)
日本盤ボーナストラック2曲収録
解説/歌詞対訳付




ヤー・ヤー・ヤーズやブラック・ダイスと共にポスト・パンク新世代の旗手として、2000年代のブルックリン・シーンを牽引したフリーキーかつアヴァンギャルドなアート・ロック・バンド、ライアーズ。この10余年の間にロサンゼルスやベルリンなど活動拠点を転々とし、それに伴いサウンドも目まぐるしいトランスフォームを重ねてきた彼らが、現代最強のエクスペリメンタル・ロック・バンドへと進化し、最新作をMuteからリリース。トム・ヨークやデヴェンドラ・バンハートらがリミックスを手掛け、ピッチフォークにてBest New Musicを獲得し話題となった『Sisterworld』を経て、インダストリアルなダーク・ウェイヴ路線を邁進した。『WIXIW』に続く7作目となる本作は「前作『WIXIW』とまったく逆の方向性の作品になっている。」とメンバーが語るように、正反対ともいえるライアーズ史上最も突き抜けた作品に仕上がっている。また先行シングルとして話題のM-6「Mess On A Mission」は、ブロック崩しの効果音のような電子音のギミック、淡白なドラム・ビートからの巨身アンガス・アンドリューのファルセットと相まって熱気を帯びていく、ライアーズの十八番といえるパンクでレイヴな変態アングラ・ディスコを展開。インダストリアルやゴシックの意匠も先駆けて打ち出してきたその先鋭性は、それこそデムダイク・ステアやザ・ナイフと並べて語られるような、同時代的なインディ・ロックの文脈に照らし合わせて評価されるべきだろう。ビートを軸にミニマル、ジャーマン、インダストリアル、エレクトロなど様々なカラーのサウンドが飛び交う、大胆に変貌を遂げた今作はライアーズの最高傑作と言える充実な完成度!

[Tracklist] 1.Mask Maker
2.Vox Tuned D.E.D.
3.I’m No Gold
4.Pro Anti Anti
5.Can’t Hear Well
6.Mess On A Mission
7.Darkslide
8.Boyzone
9.Dress Walker
10.Perpetual Village
11.Left Speaker Blown
12.Blah Vets*
13.Tempo Tantrums*
*日本盤ボーナストラック

iTunes_Badge_JPassocbutt_gr_buy._V371070192_side_banner_02banner_hmv



Old Entries
New Entries