1. Top >
  2. Artists


Pole

—August.24.2020 15:55:50

ベルリンを拠点に活動するミニマル・ダブのパイオニア、ステファン・ベトケのプロジェクトPoleのニュー・アルバム『フェイディング』が11月6日に発売され、新曲「Röschen」が公開された。ニュー・アルバムは、『ヴァルト』以来5年ぶりの8作目の作品。

「Poleの作品は全て過去自分が作ってきたものとつながっている」とPoleことステファン・ベトケが語る。「縦方向に一本の線が進んでいくように、過去の『POLE 1』、『POLE 2』、『POLE 3』から今に至るまで、全てはつながっているんだ 自分が作った言語や単語など面白そうな要素はキープしつつ、新しい要素を付け加えて行っている」

人の歴史を掘り起こしていくこと、 それがアルバム『フェイディング』を作るきっかけになっている。「このアルバムはほぼ全て、“記憶の喪失”という概念がもとになって出来上がった」と語るベトケ。「自分の母親が当時認知症にかかっていて、彼女が91年にもわたって積み上げてきた彼女の記憶全てを無くしていく様子を見ていたんだ。まるでその様は、生まれたてで彼女の人生が始まったばかりのような感じに思えた。まさしく、まだ中身が空っぽの箱のような」。

といってもこのアルバムはいわゆるコンセプト・アルバムではない。この“記憶をなくす”という概念は、ベトケにとってアルバムに取り掛かるためのきっかけでしかなく、このベルリン在住のアーティストはこの概念を題材に、さらなるサウンドの深みを追求していくことになるのである。「今回のこのアイデアは、物事の方向性を決めて進む”動力”のようなものだった」と語る彼。「最初のトラックである「Drifting」に関していうと、人生において考えや考える力がほぼ空の状態から徐々に増えていく様を表現し、曲の最後には遠くで鐘の音が鳴る、というようにして、最後のトラックの「Fading」では、その蓄えてきた力が徐々に薄れていき、最後には消えてしまう、というようなことをサウンドで表現した。しかしながら人というのは、全てを失うわけではなく、感情やイメージ、何かしらの雰囲気みたいなものは残していく。生きとし生けるものは全て地球上に何かを残していく」

このようなアプローチのおかげで、ベトケは自身の記憶や過去とも再びつながりを持つことになるのである。「今回の作品のサウンドの中で、ちょっとした破裂音や雑音などがいくつか聞こえると思うんだけど、それらは直接以前の三部作から引用したものなんだ。しかしそれらは、そんなに煩くは聞こえないと思う。それが私としては何かしらかのヒントで、自分の記憶も徐々に薄れて行ってると思うから」

元々多面性を持つベトケの性格上、結果、このアルバムはヘッドフォンで没入して聴くのに最適で、かつスピーカーを通して体が震えるような大音量で聴くこともできる作品となった。

人生というのは、偶然から生まれ、スタートするものかもしれないー 実際、Poleという名前も、彼に唯一無二のサウンドをもたらしたウォルドルフの4-Poleという機材から命名された― しかしながら時は流れ、彼のサウンドは姿形を変え、より洗練されて巧みに、しかも力強く進化を遂げてきた。しかしながら、偶然からの生まれた要素はいまだにベトケ・ワールドにとっては歓迎すべきものとなっている。今回の強烈なアートワークがその際たるものである。「この間、超強烈な雷を伴った嵐があって、自分家のテレビが壊れて、ほぼ10分間全く映らなくなったことがあった」と彼が語る。「テレビの画面が再び何とか映像を出そうとするんだけど、それがすごく変なんだ。僕はその(画面の)写真をいっぱいとって、後からそれを全部調べた。その中で3枚、人間がその絵の中に入ってきて、最後には消えていなくなっている、っていうものがあったんだ。それらは油絵のようで、その消えていく様子が、まるで3枚の連作のように思えたんだ」。

このアルバムは最終的に、予測も出来ない偶然の産物が(アートワークとして)加わることによって、完璧なまでに丁寧に作り込まれた芸術作品の体裁となった。まるで、この作品がこの三枚の写真をきっかけにして全てスタートしたのかのように。
https://www.facebook.com/pole.stefanbetke
https://pole-music.com/

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

Artists タグ: ,