CAN : 石野卓球、小山田圭吾、坂本慎太郎からコメントが到着!全カタログ紹介のデジタル・フライヤーも公開!

—June.21.2020 23:24:24

Amazon Tower Records HMV Disk Union

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CAN : 石野卓球、小山田圭吾、坂本慎太郎からコメントが到着!
再発シリーズ第1弾は代表作など全5作品が7/17に発売!
高音質CD、オリジナル・アートを再現した紙ジャケ仕様。
全カタログ紹介のデジタル・フライヤーも公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CAN_logo_長方形

“CAN以前とCAN以後”でのロック音楽の持つ可能性が大きく変化そして進化した。
CANの前にCANは無しCANの後にもCANは無し! — 石野卓球  

あらゆる音楽の要素を内包しながら
そのどれとも微妙な距離を保っている感じがして、いつ聴いても新鮮に聞こえます。 — 小山田圭吾

初期CANを聴いた時、スライの暴動とVUの2ndが融合したような音楽だと思った。クールで熱い、
知的で野蛮、未来的で原始的、シンプルで複雑、
要するにかっこいい音楽の要素が全てここにある。 — 坂本慎太郎

いまだCANにしかない魅力があり、それらは永遠に繰り返し聴かれるためにあるのだ
— 野田努(ele-king)



デジタル・フライヤー リンク先はこちら。

CANの全18作品の再発にあたり、石野卓球、小山田圭吾、坂本慎太郎からコメントが寄せられた。再発シリーズ第一弾は、代表作『エーゲ・バミヤージ』など5作品が7月17日に発売される。全作品は、UHQCD(高音質CD)として、またオリジナル・アートワークを忠実に再現した紙ジャケ仕様で発売され、『エーゲ・バミヤージ』のTシャツ付きの限定セットと、オリジナル・メンバーのイルミン・シュミットの最新ソロ・アルバム『ノクターン』も同時に発売される。再発シリーズ第二弾は、『フューチャー・デイズ』など全5作品が9月25日に発売される。 またCANのデジタル・フライヤーが公開された。 上記コメントや、野田努、松山晋也、松村正人による全作品のガイドなどをギュッと詰め込んだ内容となっている。

野田努 (ele-king)
CAN=缶であり、トルコ語のCAN=魂/生命であり、CAN=「できる」であり、C=コミュニズム・A=アナーキー・N=ニヒリズムなどなど諸説あるのだが、やはりCAN=缶だろう。じっさいロックからジャズ、現代音楽から民俗音楽まであらゆるものが詰め込まれたこの缶=バンドは、1968年という革命の年、西ドイツのケルンにて始動した。クラシックを学んだイルミン・シュミットとホルガー・シューカイ、ジャズ・ドラマーとして活動していたヤキ・リーヴェツァイトという、すでにそれぞれの道でそれなりのキャリアを歩んでいた3人が10歳ほど年下のロック青年、ミヒャエル・カローリと組んだロック・バンドだった。
とはいえCANは、とてもじゃないが、ありがちなロック・バンドではなかった。ドラマティックな展開よりも反復を好み、ありがちなメロディよりも斬新な音響を優先させた。メッセージは歌わない。音そのものがメッセージでありコンセプトだった。2トラックのレコーダーで可能性の宇宙を旅しながら、演奏のスキルを見せびらかさず、スタジオワークを追求した。神聖さを放棄し、遊び心を尊重した。実験的かつチャーミングで、知性とユーモアを携えていた。どこまで意識したのかどうかは定かではないが、ややずっこけたアートワークを用いている。
CANほど先走りしたバンドはいない。その証拠に、同時代よりもむしろ後の世代への影響のほうが大きい。パンクからポストパンク、ヒップホップ、テクノ、そしてポストロック、たとえばジョン・ライドンからトーキング・ヘッズ、ソニック・ユースからスティーヴ・アルビニ、ポーティスヘッドからレディオヘッドまでと、多くの作品のインスピレーションとなっている。というのも、いまだCANにしかない魅力があり、それらは永遠に繰り返し聴かれるためにあるからだ。

再発シリーズ第一弾一覧 (7/17発売, 6作品)
各作品詳細はこちら

全作品共通情報:
・発売日:2020年7月17日(金)
・定価:2,400円(税抜)*Tシャツ付限定盤除く。
・紙ジャケット仕様(オリジナル・アートワークを再現)
・高音質CD: UHQCD仕様・海外ライナーノーツ訳/ 日本盤解説付

発売タイトル:・『モンスター・ムーヴィー』(1969年)・『エーゲ・バミヤージ』(1974年) *Tシャツ付き限定セットも発売・『ランデッド 』(1975年)・『ソウ・ディライト 』(1977年)・『ディレイ 1968』(1981年)・イルミン・シュミット『ノクターン』(2020年)

*敬称略 五十音順

Amazon Tower Records HMV Disk Union



ザ・ウォーターボーイズ、新作を8/21に発売!新曲を配信開始!日本盤ボーナス・トラックには、ブルース・スプリグスティーンの名曲「独立の日」のカバーを収録。

—June.5.2020 18:00:06

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

 ザ・ウォーターボーイズは、通算14作目となるスタジオ・アルバム『グッド・ラック、シーカー』を8月21日に発売することを発表した。このアルバムから最初に公開される曲は、「My Wanderings In The Weary Land」である。あらゆるジャンルを凌駕する、ワイルドでドラマティックなスポークンワードで構成された7分にも及ぶこの曲は、まったくおかしな現代を歌った今作を象徴するロックンロール・ソングである。また日本盤ボーナス・トラックには、ブルース・スプリングスティーンのアルバム『ザ・リバー』(1980年)収録の名曲「独立の日」(Independence Day)のカバーが収録される。 

アルバム予約&シングル配信リンク こちら  

昨年、前作『ホエア・イズ・アクション・イズ』を発売し、フジロックフェスティヴァルに出演したザ・ウォーターボーイズの前作の活動などは こちら

商品概要
Good Luck, Seekewwwr

アーティスト:ザ・ウォーターボーイズ (The Waterboys)
タイトル:グッド・ラック、シーカー (Good Luck, Seeker)
発売日:2020年8月21日(金)
品番:TRCP-286 / JAN: 4571260590168
定価:2,400円(税抜)
解説, 歌詞対訳付 / ボーナス・トラック収録

Tracklist
1.           The Soul Singer
2.           (You’ve Got To) Kiss A Frog Or Two
3.           Low Down In The Broom
4.           Dennis Hopper
5.           Freak Street
6.           Sticky Fingers
7.           Why Should I Love You?
8.           The Golden Work
9.           My Wanderings In The Weary Land
10.         Postcard From The Celtic Dreamtime
11.         Good Luck, Seeker
12.         Beauty In Repetition
13.         Everchanging
14.         The Land Of Sunset
15.         独立の日(Independence Day) (ボーナス・トラック) 

プロフィール
1983年、英スコットランド・エジンバラ出身のマイク・スコットを中心に結成。バンド名はルー・リードの曲の歌詞から名付けられる。NYパンク、ニュー・ウェーヴの初期、その後の3rdアルバム『ディス・イズ・ザ・シー』では、ロックにケルティック・フォーク、アイルランド伝統音楽、プログレ、カントリー、ゴスペルなどを取り込んだ音楽性と、マイク・スコットの文学性豊かな歌詞が融合して高い評価を獲得、シングル「The Whole Of The Moon」は彼らの代表曲であるばかりでなく、プリンスがカヴァーしたり、U2の2017年のワールド・ツアーの導入歌として使用されるなどロック界の名曲のひとつ。1988年、アイルランドに移住して制作された4thアルバム『Fisherman’s Blues』は、アイリッシュ・トラッドを大胆に取り入れた作品となり、大ヒットを記録。90年代はマイク・スコットは主にソロ活動を中心に行う。2000年代よりバンドとして、アルバムのリリース、ワールド・ツアーを精力的に行う。2014年にフジロックフェスティバルで初来日を果たし、2015年には単独初来日公演を行う。2019年、前作『ホエア・ジ・アクション・イズ』を発売。同年フジロックフェスティバル出演。2020年4月に単独来日公演が予定されていたがコロナ禍の影響により中止となった。2020年8月、通算14作目のアルバム『グッド・ラック、シーカー』を発売。

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV



イレイジャー、ニュー・アルバムを8/21に発売! 新曲「Hey Now」の配信開始!リリック・ビデオも公開!

—June.5.2020 00:00:53

Amazon Apple Music/iTunes Spotify Tower Records HMV

Erasure_A写_LOW

『ザ・ネオン』は、この奇妙で静かな自粛時期に暖かく煌びやかな明るさを与えてくれる。この作品は私たちに自由な想いをもたらし、光を煌めかせて私たちを魅了するような、たくさんの素晴らしい居場所を作り出してくれる。『ネオン』はこの現実社会の中に存在するあなたと私に再び、そして永遠に喜びと活力を与えてくれる。—公式プレス・リリースより

イレイジャーは、18作目となるスタジオ・アルバム『ザ・ネオン』(The Neon)を8月21日に発売する。早速ニュー・アルバムよりシングル「Hey Now」の配信を開始し、リリック・ビデオも同時に公開された。

[LISTEN & Pre-Order] こちら

ニュー・アルバム『ザ・ネオン』は、想像上に存在する、いわば観念としての場所である。それはナイトクラブやショップ、都市、カフェ、国、寝室、レストラン、あらゆるすべての場所になり得る。そこは暖かく光り輝く場所であり、そこへ導いて行くのがこの音楽である。

作曲とプロデュースは共にイレイジャー。前作『ワールド・ビー・ゴーン』(2017年)発売の後、新鮮で前向きな気持ちと熱意を持って彼らが再び共同作業を始めたところから今作の制作がスタートし、一部においては彼らの直近のソロ・プロジェクトの中からも今作の楽曲が生まれている。ヴィンス・クラーク(key)が新作に関し次の様に語った。「僕らの音楽は常に今僕らがどう感じているかが反映されている。アンディ・ベル(vo)は制作当時精神的にも良いところにいたし、僕もそうだった。すごくいい場所に僕らの心は存在していたんだ。それを音楽としてみんなも聴くことができるはずさ」

ここ数十年もの間、アンディは無垢な子供のようにポップミュージックから刺激を受け続け、様々なバンドから今日に至るまで愛されてきた。彼が語る「それは僕にとって、願わくば僕らにとっての偉大なポップ・ミュージックから受け取る愛情をを常に新鮮にするためのものだった。今となっては、子供たちにも僕らの曲を聞いて欲しいね!僕はポップ・ミュージックというのは誰からでも生まれてくるものだってそんな気持ちでいたいんだ」

このアルバムのヴォーカルはアトランタやジョージアで録音され、ヴィンス・クラーク(key)のスタジオ作業にアンディ・ベル(vo)が加わる形で行われた。ミックス作業は今年の初めにロンドンで行われ、その際にゴッド・オウン・ジャンクヤードという年代物のネオンのコレクションでいっぱいのギャラリーという、実にユニークな環境で写真撮影が行われた。アンディ・ベルが熱弁する。「もうヴァーチャル・リアリティ・ゲームの中の世界にいるような気分だったよ。何か別の世界にいるようですごく気に入ったんだ。それが、僕らが今回の新作で伝えたかったことなんだよね」

商品概要
Erasure_the_neddddon
アーティスト:イレイジャー (Erasure)
タイトル:ザ・ネオン (The Neon)
発売日:2020年8月21日(金)
品番:TRCP-285 / JAN: 4571260590151
定価:2,400円(税抜)
解説, 歌詞対訳付
ボーナス・トラックを収録したDLコード付

Tracklist
1 Hey Now (Think I’ve Got A Feeling)
2 Nerves of Steel
3 Fallen Angel
4 No Point in Tripping
5 Shot A Satellite
6 Tower of Love
7 Diamond Lies
8 New Horizons
9 Careful What I Try to Do
10 Kid You’re Not Alone

ボーナス・トラック
(ダウンロード・コード封入)
1. Hey Now (Think I Got A Feeling) (Philip George Remix) / GB-R8R-20-00091
2. Hey Now (Think I Got A Feeling) (Nimmo Remix) / GB-R8R-20-00095

プロフィール
ヴィンス・クラーク(key)とアンディ・ベル(vo)によるエレクトロ・ポップ・デュオ。1985年結成。
ヴィンス・クラークは、デペッシュ・モードのリーダーとしてデビューし、その後ヤズーを経て’85年結成。以降、次々と全英ヒット曲を送り出し続け、アルバムも、3rdアルバムから5作連続で全英アルバム・チャートのNo.1を獲得している。また、’92年にはEP『アバ・エスク』を大ヒットさせ、世界中にアバ・ブームを巻き起こした。2013年、初のクリスマス・アルバム『スノー・グローブ』を、2014年にはスタジオ・アルバム『ヴァイオレット・フレイム』を発売。2017年、通算17作目の前作『ワールド・ビー・ゴーン』は全英6位を記録。2018年、ロンドン公演の模様を収めたライヴ盤『ワールド・ビー・ライヴ』を発売。2020年8月、3年ぶり通算18作目となるニュー・アルバム『ザ・ネオン』を発売。

www.erasureinfo.com
www.mute.com