リー・ラナルド(ソニック・ユースのギタリスト)ソロ作発売! ネルス・クライン(ウィルコ)、シャロン・ヴァン・エッテン、 スティーヴ・シェリー(Drs)等、豪華アーティスト参加!

—October.25.2017 00:00:19

amazon iTunes / Apple Music Tower Records HMV Spotify

LEE_RANALDO_Credit_Alex_Rademakers_small
ソニック・ユースのギタリスト、リー・ラナルドのソロ・アルバム『エレクトリック・トリム』がMUTEより9月15日に発売された。
新作の制作は、バルセロナのプロデューサー、ラウル・レフリー・フェルナンデスと共に、NYとバルセロナで2015年4月から2016年4月にかけて行われた。ゲストとしてネルス・クライン(ウィルコ)、シャロン・ヴァン・エッテン、ソニック・ユースのスティーヴ・シェリー(Drs)、彼と共に活動するバンドThe Dust等、豪華アーティストが参加している。アルバム中6曲の歌詞は、アメリカの作家ジョナサン・レセムとのコラボレーションによって創作され、アートワークは、ソニック・ユースの『ソニック・ナース』(2005年)のアートワークも手がけたリチャード・プリンスが手がけた。

「僕自身今回のアルバムに大満足で、新たな進歩も果たせたし、僕にとってこれからの指針も見えたんだ。だからもうライヴもやり始めたくて仕方ないんだよね。そして、今回のリリースをMuteと一緒にやれるのもすごく嬉しく思ってる。ソニック・ユースの初期作品もBlast First/MUTEでリリースしてたからホームに帰ってきたみたいなもんだよね。僕にとってMUTEは真のアーティスト・レーベルで、音楽に真っ先に集中させてくれるんだ。だからみんなにこの音楽を聞かせたくて仕方ないよ」— リー・ラナルド

最新ミュージック・ビデオ「Uncle Skeleton」

ミュージック・ビデオ「Uncle Skeleton」について by リー・ラナルド
 この「Uncle Skeleton」は60年代バンドのサイケなカウボーイバラッド風な感じがする。特にジョン・フィリップスの「Me and My Uncle」、グレイトフル・デッドや他のアーティストがカバーしたあの曲とかね。ジョニ・ミッチェル(その頃はまだジョニ・アンダーソン)の初期の映像、カナダのテレビ番組でその曲を演奏してたのを見て衝撃を受けて、そういった曲作りに取り掛かろうと思ったんだ。歌詞の方は今回のアルバムを通してコラボレートしているジョナサン・レセムに大部分を書いてもらった。最初歌詞を見たときは、全く意味がわからなかったんだけど、曲に合わせてみたらまさにぴったりとハマっんだ!後で知ったんだけど、彼は独特の歌詞の作り方をしていて、なんと彼の最近の著書「A Gambler’s Anatomy」の中の言葉から直接取り出して作ってたそうなんだよ。

◼︎第1弾ミュージック・ビデオ「Circular (Right as Rain)」
シャロン・ヴァン・エッテンがコーラス参加。

◼︎第2弾ミューッジック・ビデオ「New Thing」

ビデオの監督は、ナオミ・ヤン(元ギャラクシー500 / リチャード・ヤングスやジュリア・ホルター等のミュージック・ビデオも手がけている)。このビデオは、リー・ラナルドがニューヨーク中を、今現在誰もがスマホやその小さな画面に目を奪われている様に、彼が小さな画面に目を釘付けにしている姿を写し出している。

リー・ラナルドはこの曲と映像について次の様に語った。「僕が「New Things」で描いたのは、”インターネットについて僕が感じること”、それを歌にしたんだ 。数多く存在する”友達”、”いいね”集めに没頭する・・・そんな事について。ナオミと僕が今回のミュージックビデオについてアイデアを語り始めた時、僕らはその主題(”友達”や”いいね”集め)を当然出せばいいとわかっていたんだけど、それを”いかにも”な感じにはしたくなかったんだ。僕は彼女に、今回はただ単にギターを持って歌うよりもなんらかのキャラクターに僕自身がなりたいって言ったんだ。それで彼女が見つけたのが”バスター”って名付けた、型番がJVC 3100R、eBayで出てたテレビとラジオ一体のピラミッド型ユニット。まさかこんなクールな、時代遅れのテクノロジーで今となっては無用の長物みたいなものがまだ売ってたなんて信じられないだろうけど」。

ナオミ・ヤンが続けて説明する「 私たちはニューヨークの街に繰り出して、今時のスマホみたいに画面とにらめっこしてるおなじみの風景を取るだけでよかったのよ。実際、リーは大きなヴィンテージものの”スクリーン”を持ち歩いたりしてたんだけど、それもそんなに的外れというわけでもなかったわ。 数人を除いて、大半の人たちは彼に全く気づきもしなかったの。「New Thing」っていう言葉は、私にまた違った意味合いもあって・・・。そもそもリーと私が最初に出会ったのは結構昔で確か1989年、私はギャラクシー500、彼はソニック・ユースにいた頃 。だから今回私は、過去を肯定しながら進める彼の新しいプロジェクト、そこから湧き出すエネルギーと素の表情をきちんと捉えたかったの。映像の中ではスタジオの背景でリーの絵が幾つかちらっと写っていて、それはソニック・ユース時代のものなんだけど、そうこうする間に「New Thing」の魅力的なサウンドに、聴く人は深くのめり込んじゃうのね」。

◼︎第3弾ミュージック・ビデオ「Thrown Over The Wall」

” 雑誌の中に 真実を隠すんだ
悲しみを 恥ずかしさで誤魔化すんだ
ハンマーを振りかざして 信じ込ませるんだ
フレームの裏に 手がかりを埋めるんだ ” — 「Thrown Over The Wall」より

リー・ラナルドはこの曲に関して次のように語っている。
「これはレジスタント・ソングなんだ。僕らは遠くにあるものを見るときには望遠鏡を使い、微小なものを見るときには顕微鏡を使う。その尺度たるや、限り無く大きいものから限り無く小さいものまで、とても全て測ることなんてできない。僕ら人類の存在は宇宙的な時間の尺度で考えればほんの些細な”点”でしかない。人間が種として最後の生物になるのかって?そうならないように、それこそ様々で膨大な物事の尺度に対して、排他的ならず、目を向け、常に寛容でいられる強さを持つようにしたいんだ」

◼︎第4弾ミュージック・ビデオ「「Moroccan Mountains」

◼︎レコーディング・ドキュメンタリー・フィルム, HELLO HELLO HELLO : LEE RANALDO : ELECTRIC TRIM, が制作され、モントクレア映画祭で先日プレミア上映された。(監督はFred Riedel)
◼︎ドキュメンタリー・フィルムのトレイラー

◼︎インタビュー
Real Sound 新アプローチで挑んだソロ作を語る「一番興味があるのが歌うこと」。記事はこちら。

◼︎参加アーティスト
Lee Ranaldo – acoustic & electric guitars, vox, keyboards, electronics, drums,
Raul Refree Fernandez – acoustic & electric guitars, vox, keyboards, bass, drums
Sharon Van Etten – vox
Alan Licht – guitars
Nels Cline – guitars
Steve Shelley – drums
Kid Millions – drums
Tim Luntzel – bajo
Xavi de la Salud – horns
Cody Ranaldo – electronics
Mar Girona – backing vox

◼︎商品概要
Lee Ranaldo_J写_small
・アーティスト:リー・ラナルド (Lee Ranaldo)
・タイトル: エレクトリック・トリム (Electric Trim)
・発売日:2017年9月15日(金)
・価格: 2,200円(税抜)
・品番: TRCP-216
・ボーナス・トラック収録
・解説 / 歌詞対訳付

[Tracklist] 1. Moroccan Mountains
2. Uncle Skeleton
3. Let’s Start Again
4. Last Looks
5. Circular (Right as Rain)
6. Electric Trim
7. Purloined
8. Thrown Over the Wall
9. New Thing
10. Sans Rat (Electrc Trim Demo) *日本盤ボーナス・トラック

amazon iTunes / Apple Music Tower Records HMV Spotify



ニュー・オーダー、ライヴ盤『NOMC15』を12/1に発売! 2015年11月、ブリクストン・アカデミーで行われたライヴをフルパック! ジョイ・ディヴィジョンからニュー・オーダーまで、ベストの選曲、ベストのパフォーマンス!

—October.18.2017 12:00:35

amazon iTunes/Apple Music Tower Records HMV Spotify

NOMC15_CD

”ニュー・オーダーのライヴに行くことは、過去数十年の英国カルチャーの歴史を見ているかのようであり、同時にこれまで彼らがどれだけ多くのヒット曲と素晴らしい楽曲を生み出してきたかということに驚かされる。私はニュー・オーダーの音楽と共に踊り、どんちゃん騒ぎをし、女性を口説き、負けては勝ち、求婚し、結婚もした” アーヴィン・ウェルシュ(『トレインスポッティング』原作者) 寄稿文全文はこちら。

”「ブルー・マンデイ」で大団円を迎える114分。16年の来日公演の興奮がよみがえる充実した演奏に何度も心が動かされる。10年後、20年後、私たちはこの時期のニュー・オーダーがいかに充実していたかを改めて思い返すことになるだろう”  油納将志(解説より)

ニュー・オーダーは、誰も到達することのできないエレクトロ史上最高の名曲で光り輝き、ひとたび求められれば、その曲で聴くものすべてに最高な夜を届けたのであった。The Guardian ✶✶✶✶✶

英ガーディアン紙で5つ星を獲得するなど、大絶賛を浴びた2015年11月に行われた英ブリクストン・アカデミー公演のライヴ盤(2枚組CD)が12月1日に発売される。本作は今年5月にバンドのネット通販サイトで限定販売されていたが、フィジカルとデジタル含め一般発売されることとなった。

最新作『ミュージック・コンプリート』(2015年)から5曲、「ブルー・マンデー」をはじめとする代表曲から「ユア・サイレント・フェイス」といったファンにはたまらない名曲まで、そしてジョイ・ディヴィジョンの「ラヴ・ティア・アス・アパート」等、まさに前身のジョイ・ディヴィジョンから現在のニュー・オーダーまでのベストが詰め込まれたライヴ盤だ。またアートワークは、ワーグナーの「ラインの黄金」で始まる感動的なオープニングに合わせて映し出された映像から使用されている。

日本において、最新作『ミュージック・コンプリート』はオリコン総合チャートで初のトップ10入りを果たし、翌2016年には実に29年ぶりの単独来日公演が行われ、本作品同様、熱狂のライヴとなった。

New Order photo

◼︎商品概要
NOMC15_CD
・アーティスト:ニュー・オーダー (New Order)
・タイトル: NOMC15(NOMC15)
・発売日:2017年12月1日(金)
・価格:2,500円(税抜)
・品番: TRCP-224~225
・JAN: 4571260587335
・解説:油納 将志/歌詞対訳付

[Tracklist] CD-1
1. Introduction: Das Rheingold – Vorspiel (Wagner)
2. Singularity *
3. Ceremony
4. Crystal
5. 586
6. Restless *
7. Lonesome Tonight
8. Your Silent Face
9. Tutti Frutti *
10. People On The High Line *
11. Bizarre Love Triangle

CD-2
1. Waiting For The Siren’s Call
2. Plastic *
3. The Perfect Kiss
4. True Faith
5. Temptation
6. Atmosphere
7. Love Will Tear Us Apart
8. Blue Monday

*最新作『ミュージック・コンプリート』収録曲。

amazon iTunes/Apple Music Tower Records HMV Spotify

■最新作『ミュージック・コンプリート』(2015年)まとめ

NO 通常盤

■ニュー・オーダー バイオグラフィ☞

■リンク先
neworder.com
facebook.com/NewOrderOfficial
twitter.com/neworder
www.mute.com



ベン・フロスト、スティーヴ・アルビニとの共同制作による新作ついに発売!

—October.1.2017 00:00:51

amazon Tower Records HMV iTunes/Apple Music Spotofy
Ben Frost 2 - Credit Salar Kheradpejouh_small

前作『A U R O R A』での大成功の後に発表されたこの曲(「スレッショルド・オヴ・フェイス」)は、前作を踏襲したものではない。それはまるで雪に反射した太陽の光で視界がきかない、そんな境地で制作されたようなサウンドだ。— Piitchfork

前人未到の地へと足を踏み入れた驚異的な1作 — 小林拓音 (ele-king)

ベン・フロストにとっても、またスティーヴ・アルビニにとっても、本作は画期となる作品だろう。本年度を代表する傑作の誕生である。— 小野島大(RealSound)

「実にアルビニらしく闊達なエッジを持つサウンドに仕上がった。インダストリアル・ドローンでありながら曲の輪郭がどこかバキッとしているのである」 — 三田格(解説より)

世界的な大成功を収めた前作『A U R O R A』(2014年)から3年、エレクトロ・ノイズの鬼才 ベン・フロストは、スティーヴ・アルビニとのレコーディングで生み出されたニュー・アルバム『ザ・センター・キャンノット・ホールド』を9月29日にリリースする。ニュー・アルバムは、シカゴにあるスティーヴ・アルビニのスタジオで約10日間に渡ってレコーディングされ、その制作期間中にスタジオ空間で鳴らされたサウンドは、時に制御不可能になり、ベン・フロストとスティーヴ・アルビニに対し熱く激しく張り合うかの如く火花を散らしたのだった。ニュー・アルバムはそのスタジオで起こったドキュメントである。

本日早速ニュー・アルバム収録曲「スレッショルド・オヴ・フェイス」(Threshold of Faith)のミュージック・ビデオが公開された。

プリズムから放たれるスペクトル、その虹色の中の鮮やかな群青色をサウンド化したというニュー・アルバム、アートワークやミュージック・ビデオなどヴィジュアル全般がこの鮮やかな群青色で統一されている。

◼︎アルバム制作概要
2016年夏、ベン・フロストはシカゴに降り立った。それはあのスティーヴ・アルビニとの共同作業に入るためであった。約2週間を超える期間に制作された、今まさに崩壊しそうなくらい膨大に膨らんだ音の塊を、ガランとしたスタジオの中に並べられたアンプ群に流し込んだ途端、スピーカーの方がぶっ飛んだのだった。またスタジオのガラスの向こう側では、アルビニがスタジオで演奏された音源を縦横無尽にぶった切っていった。

轟音と静寂のシューゲイズ /エレクトロ・サウンドの決定打となった前作『A U R O R A』(2014年) は、ピッチフォークでベスト・ニュー・ミュージックを獲得するなど世界的な成功を収め、またブライアン・イーノ、ティム・ヘッカー、ビョーク等とのコラボレーション、映画音楽制作など多岐にわたる活動を続けてきたベン・フロスト。その飽くなき挑戦を続けてきた彼が新たに踏み込んで行った先は、シカゴでのスティーヴ・アルビニとの共同レコーディングだった。

◼︎PRESS
ele-king 【Review】「前作で圧倒的な評価を獲得したインダストリアル/ドローンの鬼才、ベン・フロスト。まさかのスティーヴ・アルビニを迎えて制作されたそのニュー・アルバムは、重く、鋭く、凄まじい。前人未到の地へと足を踏み入れた驚異的な1作」 記事はこちら。

RealSound 「傑作誕生の理由 スティーヴ・アルビニとの共同作業から探る」 記事はこちら。

◼︎商品概要
BenFrost_albumJ写_small
・アーティスト:ベン・フロスト (Ben Frost)
・タイトル:ザ・センター・キャンノット・ホールド (The Centre Cannot Hold)
・発売日:2017年9月29日(金)
・品番:TRCP-217
・JAN: 4571260587144
・ボーナストラック収録
・解説:三田 格

[Tracklist] 1. Threshold of Faith
2. A Sharp Blow In Passing
3. Trauma Theory
4. A Single Hellfire Missile Costs $100,000
5. Eurydice’s Heel
6. Meg Ryan Eyez
7. Ionia
8. Healthcare
9. All That You Love Will Be Eviscerated
10. Entropy In Blue
11. Meg Ryan Eyez (Albini Suspension Mix) *日本盤ボーナストラック

amazon Tower Records HMV iTunes/Apple Music Spotofy

◼︎EP『スレッショルド・オブ・フェイス』(7/28発売、デジタル配信のみ)概要
ben frost_threshold of faith_small
詳細はこちら。

◼︎前作『A U R O R A』(2014年)まとめ。
AURORA_FRONT COVER.indd
詳細はこちら。

◼︎プロフィール
’80 年、豪州メルボルン生まれ。2005 年、アイスランドのレイキャビックに移住。 Bedroom Community 創設者ヴァルゲイル・シグルズソン等と共に音楽活動を行う。2003年、デビュー・アルバム『Steel Wound』リリース。2010 年、ブライアン・イーノからの依頼により、映画『惑星ソラリス』にインスパイアされた作品を制作。また、スワンズの『The Seer』や、アンビエント、ドローン・ミュージック界の重鎮ティム・ヘッカー、ビョークの「Desire Constellation」のリミックス、映画のスコア作品も多く手掛けるなど活動は多岐に渡る。前作『A U R O R A』(2014年)は、ピッチフォークでベスト・ニュー・ミュージックを獲得するなど世界的な成功を収め、同年来日公演を東京と大阪にて実施。2016年夏、新作の制作をスティーヴ・アルビニと共に行い、2017年にその作品群からの最初の作品『スレッショルド・オヴ・フェイス』(EP)を7/28にデジタル配信にて、ニュー・アルバム『ザ・センター・キャンノット・ホールド』を9/29にリリース。

http://www.ethermachines.com/